Home » トピックス

表示: トピックス健康・医療社会・政治新製品 2020年09月2020年10月2020年11月全て

8件中1-5件

前へ12次へ

トピックス 早く作ってほしい。 (2020-10-18)



東北大学と島津製作所は16日、
息で新型コロナウイルスの感染の有無や重症化リスクを判定できる手法を開発したと発表した。

患者と接触せずに検体を採取でき、
1時間以内の診断も可能だという。

自宅で息を集めることも想定しており、早期の実用化を目指す。

 この手法は、息に含まれるウイルス由来の成分を抽出し、
島津の分析装置にかけて詳しく調べるというもの。

息を集めるのに5分ほどかかるが、患者への負担が少ない。

合併症の予測や、複数のウイルスを同時に測定できるなど得られる情報が多いのが特徴だ。
成分を抽出する工程も自動化し、医療関係者の感染リスクも防ぐ。

健康・医療 材質の夜潜在期間の差異 (2020-10-15)

ガラスの表面などに付いた新型コロナウイルスは28日以上生存する可能性がある、
とオーストラリア政府系の研究機関が12日発表した。
世界保健機関(WHO)の「最長72時間生存する」との見解より大幅に長い結果で、
「まめな手洗いと表面の拭き取りが大切だ」としている。

 豪連邦科学産業研究機構(CSIRO)が、
ガラス、ビニール、ステンレススチール、
紙幣、木綿の布の上に新型コロナウイルスを含んだ人工の粘液を載せ、
湿度50%、紫外線の影響がない暗室で生存期間を調べた。

 その結果、
気温20度なら、木綿以外の表面には、
いずれも28日後でも生存しているウイルスがあった。
木綿では14日目までにウイルスは生存しなくなった。

 気温が高くなると、生存期間は短くなった。
30度の場合、紙幣では21日間生存するウイルスがわずかにあったが、
ガラスやスチールは7日間、
木綿やビニールは3日間だった。
40度になると、木綿の場合は16時間未満、
ガラス、スチール、紙幣は24時間、ビニールは48時間となった。

 研究では一方で、
主な感染経路は、せきや会話などで飛び散る唾液(だえき)や、
空気中のウイルスを含む微粒子(エアロゾル)を吸い込むことだと触れている。


 WHOは「これまでの研究によると
、ウイルスの生存期間はステンレススチールやプラスチックの表面についたウイルスは最長72時間、
段ボール紙なら24時間未満」とし、
「家庭用の消毒剤で簡単に表面を拭き取れる」と、
まめな拭き取りを呼びかけている。                (シドニー=小暮哲夫)






健康・医療 なつまでにできるか? (2020-10-15)




 J&Jのワクチンは、
米国内で最終治験段階にある四つのワクチン候補の一つ。
多くのワクチンが免疫効果を得るために2回の接種が必要だが、
J&Jのワクチン候補は1回の接種で効く可能性がある。

2021年中に世界で10億回分を供給する目標を掲げている。
日本でも9月に初期段階の治験が始まっている。    (ワシントン=香取啓介)

トピックス マスクの効用。 (2020-10-14)


マスクをする国としない国。

4月と5月に米国の各州がマスク使用を義務づけたことの影響を調べた研究では、
マスク着用の義務化によって
新型コロナの患者数が1日あたり最大2%ポイント減少したと推定しています。

この研究ではユニバーサルマスクによって
45万人もの新型コロナ患者を減少させたのではないかと推計しています。

また、査読前ではありますが、
200以上の国のマスク着用率と新型コロナの感染者数との関係を検討した研究では、
習慣的にマスクを着ける国、
政府がマスク装着を推奨している国では、
週ごとの人口比での致死率の上昇率が他の国と比べて4倍低かった、とのことです。

トピックス インフルエンザが、発生していないように思いますが。 (2020-10-13)


 それは間違いです。

 市中でインフルエンザが診断できていないからで、

 高熱が、急に出て発熱外来に行かれる方の中には、
 インフルエンザ感染が、混ざっています。

 証明する検査をしていないから公に出ないだけです。

 この傾向は今年中続き、インフルの検査をしないで、
 タミフルなどを、処方することが想定されます。
 インフルとコロナの検査が同じですので、
 どうしても、検査を希望する場合は、発熱外来に、受診することを勧められます。・

8件中1-5件

前へ12次へ