Home » トピックス

表示: トピックス健康・医療社会・政治新製品 2019年04月2019年05月2019年06月全て

9件中1-5件

前へ12次へ

健康・医療 「液体のりで培養?」 (2019-05-31)


バイオベンチャー治験で確認

白血球や赤血球に変われる造血幹細胞は、
0・5リットルで数万円するような培養液でも増やすことが難しい。
このため、
白血病の治療はドナーの骨髄や臍帯血(さいたいけつ)の移植に頼る場面が多かった。

 東京大の山崎聡特任准教授らは、
培養液の成分などをしらみつぶしに検討。

その一つであるポリビニルアルコール(PVA)で培養したところ、
幹細胞を数百倍にできたという。マウスに移植し、
白血球などが実際に作られることも確認した。

PVAは洗濯のりや液体のりの主成分。
山崎さんは実際、コンビニの液体のりでも培養できることを確認した。
共著者で理化学研究所で細胞バンクを手がける中村幸夫室長は

「結果を疑うほど驚いた。研究者はみんな目からウロコではないか」と話した。

大量培養できれば、臍帯血移植に使う造血幹細胞の不足が解消できたり、
骨髄移植のためのドナーの負担を軽くできたりする可能性がある。

別の幹細胞も培養できそうだといい、
山崎さんは「再生医療や基礎研究に大きく貢献できるかも知れない」と話す。

 論文は30日に英科学誌ネイチャー(https://www.nature.com/articles/s41586

トピックス デバイスフリー…はやるかも! (2019-05-30)

 

昨年10月20日、
米カリフォルニア州の海辺で行われたエイミー・ハートスタインさん(30)と、
マイケル・ウィンタースさん(30)の結婚式。

司会者が式の冒頭、集まった出席者たちにこう言い渡した。

「みなさん、どうぞ電子機器やスマホをしまってください。
そしてこの2人との時間を楽しみましょう。

会場にはなんと、
この特別な日を記録するために、
2人以上のカメラマンと、
ビデオ撮影のカメラマンまでいます。プロに任せましょう」

出席者はその言葉に従い、
あたたかい雰囲気の中で式が行われた。新郎新婦にスマホをかざす出席者の姿はどこにもなかった。

健康・医療 カフェインレス飲料。 (2019-05-29)


デカフェ、
カフェインレス、
カフェインゼロ――。
コーヒーや緑茶などに含まれるカフェインの量を減らしてゼロに近づけたこと、
あるいは麦茶などで元々入っていないことを強調する言葉だ。

こうした商品の市場規模が最近、急拡大しているという。どういう人々が買っているのか。

知っとこ!DATA 数字からトレンドを読み解く

 カフェインには中枢神経を興奮させる覚醒作用があり、
眠気覚ましになる。夜、起きていたい受験生や長距離ドライバーなどの心強い味方だ。

ただ、習慣作用があり、1日に何回も飲む人も多い。
過剰な摂取は心拍数の増加や不眠などにつながるとされ、
これがカフェインを人工的に抑えた飲料の登場につながった。

 ただ、厳密な定義はなく、
コーヒーの業界団体が「カフェインレス=カフェインを90%以上取り除いたもの」
と定めているぐらいで、ほかはメーカー側の裁量でつけられている。

トピックス ご注意を! (2019-05-28)


首都圏で地震が頻発している。
25日に千葉県で最大震度5弱、
27日早朝も茨城県北部で震度4を観測した。

専門家は
「北関東で今後もマグニチュード(M)6・5以上の地震が起きる可能性がある」と指摘したうえで、
地震が起きた場合、

東京都心の六本木や銀座などで大きな被害が出る恐れがあるというのだ。

 25日の千葉県南部を震源とした地震は、
マグニチュード(M)5・1、震源の深さは40キロだった。

千葉県長南町では震度5弱と、
昨年7月の千葉県東方沖を震源とする地震以来の揺れだった。
千葉市緑区や美浜区などでも震度4を観測した。

無し 「六本木 田舎家」は客単価が2万円 (2019-05-27)


端焼きは客単価がせいぜい5000円くらいのカジュアルな居酒屋といった業態です。
しかし、こういった影響力のある方たちに愛されていることもあり、

「六本木 田舎家」は客単価が2万円前後となるような、高級店として地位を確立できています。

日本の伝統料理

炉端焼きは日本独自の料理です。
その日本独自の料理でトランプ大統領をもてなしたことは大正解であったといえるでしょう。

炉端焼きとは、以下の通り、囲炉裏を通して調理する料理の総称です。
客の見ている前で、魚介・肉・野菜などを囲炉裏風の炉で焼いて供するもの。また、その店。

出典:コトバンク

炉端焼きは、
スタッフが客の目の前で囲炉裏の炭火で魚介類や野菜を焼いて
提供するスタイルとなっています。
発祥は第二次大戦後の1950年宮城県仙台市にオープンした
「炉ばた」であるといわれており、
その後は北海道の釧路で炉端焼きが発展していきました。

9件中1-5件

前へ12次へ