Home » トピックス

表示: トピックス健康・医療社会・政治新製品 2019年02月2019年03月2019年04月全て

825件中1-5件

前へ1234567891011....165次へ

健康・医療 最近寒くないですか? (2019-03-27)

 最近朝夕の冷え込みが巣gくないですか?

 のど風邪がはやっています。

 杉が減少し、ヒノキ花粉で、花粉症は少しおさまり気味ですが、
 のど風邪。溶レン菌感染症が、はやっています。

 のどを開けて寝るとすぐ引いてしまいます。

 予防は、「土方巻きです。」・・・・・・カッコ悪くても誰も見てません。効果的前ンです。

健康・医療 花粉症が発生中! (2019-03-13)

 今年のスギ花粉は例年より早くピークが来そうです。

 大量の花粉で、症状も、例年より強く出る方が多いです。

 眼の症状も多く。眼薬が飛ぶように出ていきます。

 また鼻症状も、きつく、通常の1日1回での予防薬では対処できず、
 花粉到達時間にターゲットを絞り、漢方剤などの処方もしております。

 またくしゃみ症状で、来院される方もいますが、再発される方には、
 花粉症の検査をお勧めしています。

健康・医療 花粉の脅威! (2019-03-04)


 先週からの、杉花粉は、関西地区にも猛威をふるっております。

 中には、運転ができないという方も。

 こうなった場合は、急性副鼻腔炎の治療として、
 ステロイドの点滴を使用します。
 もちろん短期間型で、効果は約3日間程度です。
 その間に内服治療を始めまして、内服治療の効果が出るまでの、期間を稼ぐわけです。

 約20年前は、耳鼻科で、強力なステロイド注射を行い、1回で、治療するのが流行りました。
 もちろん内科ではやっておりません。
 最近調べてみますと、この近くの耳鼻科も、いまややっていないということです。

 ところが、昔から、花粉症の方は、この治療を、希望し、いろんな病院を、
 検索される方がおります。
 当クリニックでは、やっておりません。短期の点滴治療だけです。

 数か月効果ある薬剤は、体のほかの場所に悪影響を与えます。リスクのある治療です。
 十分注意されて、選択してください。

健康・医療 マイクロRNA (2019-02-05)

 
わずか数滴の血液で、極めて早期に13種類のがんを診断する技術の研究が進んでいる。

すでに、がんを判別する手がかりになる、
血液中の「マイクロRNA」の組み合わせを特定した。目指しているのは、がん検診での実用化だ。

人間のDNAにウイルス遺伝子 祖先が感染、受け継がれ

さまざまな生体機能を調節しているマイクロRNAは、
細胞の発生やがん化などに深く関わっているとされる。

 がん細胞から分泌されたマイクロRNAは、
直径100ナノメートル前後の小胞体「エクソソーム」に守られており、
血液中でも分解されにくい。
「がんが小さい段階でも分泌されるため、
これを捉えることでがんを早期に見つけられる」。

国立がん研究センター研究所の落谷孝広・分子細胞治療研究分野プロジェクトリーダーは言う。

 同センターや国立長寿医療研究センターなどを中心に、
血液などに含まれるマイクロRNAを測定し、
がんを発見する技術を開発する5年計画の研究を2014年度から進めている。
落谷さんは研究を率いており、
日本人に多い胃がんや大腸がん、肺がん、肝臓がん、乳がんなどの早期発見、
死亡率の改善や医療費の削減を目指す。

検査用キットを開発する東レや東芝なども参加。産官学の国家的な事業に位置づけられている。

健康・医療 耐性ウイルスが出る可能性 (2019-01-29)

感染症専門医の京都大学の山本舜悟特定助教は
「ゾフルーザはまだまだ位置づけが不明な薬だ。
今後、臨床データを蓄積して分析していく必要がある。
新薬には予測できない重い副作用がまれに起こることがある」と指摘する。

1回の服用で済むということは、
それだけ体の中に残る時間が長いということでもある。
万一、重大な副作用が生じた場合に、
なかなか薬が抜けることができず、症状の改善がしにくい恐れがある。


 また別の大きな問題はゾフルーザの使用によって、耐性ウイルスが出る可能性についてだ。


ゾフルーザの臨床試験では、
子どものA型インフルエンザ患者の23・3%で、
ウイルスに耐性を示す遺伝子変異が認められた。
成人対象の臨床試験でも9・7%が認められた。

国立感染症研究所インフルエンザウイルス研究センターの
高下恵美主任研究官は
「耐性ウイルスの出る割合は相当高い」と話す。
タミフルやラピアクタは1~2%とされる。

遺伝子変異はどの程度まで症状への効果に影響があるのかなど不明な点もある。
ただ、薬の効き目が薄れることは認められている。
使う人が増えれば、もっと耐性を持ったウイルスが登場する可能性もある。

825件中1-5件

前へ1234567891011....165次へ