Home » トピックス

表示: トピックス健康・医療社会・政治新製品 2020年07月2020年08月2020年09月全て

4440件中4421-4425件

前へ1....878879880881882883884885886887888次へ

健康・医療 自律神経訓練法 (2010-11-30)

自律神経を整える心理療法
「自律訓練法」リラックスして、催眠状態を作り、副交感神経を活性化して、全身の筋肉をリラックスさせるトレーニングの簡単バージョン。
①仰向けに成り、足元に、毛布をかけます。軽く背もたれに寄りかかり目をつぶります。気持が落ち着いている状態を、想像し、体の力を抜いていきます。(お風呂に浸かるイメージ)
②利き腕右手から、右手・左手、両手・両足の順に、右手が重い、左手が重いという暗示をかけます。この重いは,重いものを持つ感覚ではなく、力が抜けるだるい感覚に近いものです。吸い込まれ感。③②と同じように、今度は温かいという暗示をかけます。手足に、お湯をかけたり、火にかざす感覚です。④最後に暗示をときます。両手を握ったり、開いたり、ひじ、膝、を屈伸したり、最後に背伸びをしてください。       ゆったりした服装で、静かな場所で毎日してみて下さい。

健康・医療 便秘解消法 (2010-11-29)

基本の3カ条
①朝は、ゆっくり食事・十分なトイレタイムを!胃に食べ物が入ると、胃直腸反射が起こり、便意が起こります。ゆったりと食べると副交感神経が動き腸が動きます。  ②1に海藻、2にキノコ、3に根菜、食物繊維をたっぷり摂りましょう。わかめ・もずく・メカブ・シイタケ・シメジ・まいたけ・牛蒡・人参・大根・レンコン。  ③腸の善玉腸内細菌を増やしましょう。200gの、ヨーグルトがお薦めです。乳酸菌を食後に取ることを、お薦めします。最近は、プロバイオテックのヨーグルトも販売されており、これは、生きたまま腸に届きます。
敏感腸タイプは、腹式呼吸。刺激物を避け。十分な睡眠、休養を。笑うのいいですよ。    無反応腸タイプは、朝に室温のお水を300~400cc飲みましょう。ミネラルの多い硬水がお薦めです。ペリエ・コントレックスなど。トイレの我慢は禁物です。便意が起きる場所を見つけましょう。暗示です。    なまけ腸タイプは、腸を引き締める運動を。あおむけになり、膝を立て、両膝をつけたまま左右に10回ねじりましょう。イスに座り左右に体をねじっても良いです。スパイスを使いましょう。辛子・わさび・カレー。便秘のつぼ・背中の骨盤の上あたり背骨の両脇にあるつぼを毎日押してみましょう。
http://www.cho-ikiiki.com

健康・医療 便秘になりやすい生活習慣 (2010-11-28)

①ストレスを貯めやすい人=すべてのタイプになります。自律神経がみだれます。  ②腹筋が弱い人=おなかの力で便を押します。なまけ腸で多いです。また腸を支える力も弱いため敏感腸にも。  ③妊娠中の人=ホルモンのせいでものを貯めます。また胎児の圧迫もあり、便が通りにくくなります。  ④偏食=ジャンクフード、ファーストフードなど、野菜が不足し食物繊維、ミネラルが不足すると、便の大きさや、柔らかさがなくなり、スムーズに腸を通りません。  ⑤朝が忙しい人=朝が一番、便意を起こしやすい時間帯です。無反応腸になります。  ⑥運動不足の人=なまけ腸になります。病気で寝ている人、入院中の人。  ⑦胃下垂、大腸下垂の人  ⑧生活が不規則な人=昼夜逆転、夜勤など、生活リズムが変わりますと、自律神経がいつ起きた状態にしたらよいかわからずなまけ腸、敏感腸になります。  ⑨ダイエットしている人=食事量、水分量どちらも減ることにより、便そのものが減ると、硬い便に成りなまけ腸、下垂して敏感腸に。  ⑩汗をたくさんかく人=便の水分がカラカラになり、ミネラルもなくなり敏感腸に。  ⑪水分を摂らない人=お年寄り、販売業など、尿を我慢するために、すべてのタイプの便秘になります。

健康・医療 便秘① (2010-11-27)

多くの女性が抱えるトラブル=便秘
肌荒れ・ニキビ・口臭・肩こり・疲れの原因になります。
まずは、メカニズムから、お教えいたします。
①敏感腸タイプ(腸が緊張して、便が通らない)腸の蠕動運動が強くて、痙攣して、便が通リません。便が粉々になるタイプで、ストレスで腸が緊張する人、やせ気味の人、腸が長すぎて、下垂している人に多く、下痢と厳秘が交互に来る「痙攣性便秘」ともいわれます。
②無反応腸タイプ(排便リズムが崩れる)便が最終的に直腸にたどり着きますと、脳に信号が届き便意をもようします。便意を我慢したり、タイミングを逃す習慣が続くと、次第に反応しなくなるわけです。立ち仕事など、時間が拘束された方に多く見られます。「習慣性便秘」
③なまけ腸タイプ(腸の運動が弱まったタイプ)蠕動運動が弱まり、腸全体に便がどんどんたまり、水分が吸収され硬くなりますます便の動きが悪くなるタイプです。運動不足、筋力低下が原因で「弛緩性便秘」と呼ばれます。    次回は便秘の注意すべき生活習慣です。
http://www.cho-ikiiki.com

トピックス 朝を、すっきり起きるための「即効・血圧アップ法」 (2010-11-26)

朝、目覚めの時、だらだら起きれない人のために、交感神経を、瞬時に刺激させ、、すっきり起きる為に効果的なアイディアを、お教えいたします。好きなものを、やりやすいものを、ご自分で選んで、試してみましょう。
①熱いシャワーを浴びる。(40度以上)温度刺激と圧刺激  ②ミントガムをかむ。唾液が出て、脳に刺激を。  ③カフェイン入りの飲み物を摂る。覚醒作用と、血管収縮  ④柑橘系の飲料、オレンジ・リンゴで血圧アップ。  ⑤手足のつぼを押す。合谷親指と・人差し指の間の付け根をもむ。  ⑥体を動かす。ベッドの上で、体を精一杯伸ばしてから、軽くおへそを中心に、腹筋運動
   ⑦「せーの」と声をかけて弾みをつける。お腹から声を出して。  ⑧水やスポーツ飲料をコップ一杯飲みましょう。  ⑨軽くジャンプする。筋肉を動かし血流を上げます。  ⑩甘いものを用意して起きる楽しみを作る。血糖値を上げる。  ⑪朝ごはんを食べましょう。朝食を抜きますと、胃腸が動かないので、体内の水分摂取ができず、ますます血圧が下がります。
   

4440件中4421-4425件

前へ1....878879880881882883884885886887888次へ