Home » トピックス

表示: トピックス健康・医療社会・政治新製品 2019年07月2019年08月2019年09月全て

4197件中4186-4190件

前へ1....830831832833834835836837838839840次へ

健康・医療 インフルエンザ予防接種実施中です。(~11年1月31日まで) (2010-11-22)

13歳以上の方は、今回1回接種です。神戸市在住の方の費用は、65歳以下で、¥4080円
65歳以上で、¥1000円です。
神戸市以外の患者さまについては、法律上一律、¥4080円になりますので、住んでおられる
住所での、接種をお勧めしております。大体¥3000~3600円が多いようです。(65歳以下)

健康・医療 低体温の対処法 (2010-11-21)

食事:北の食べ物、根菜類、塩分の含まれた漬物、生サラダは、海草、大根、玉ねぎ、黒砂糖、蜂蜜
  お薦めは、ショウガです。
お風呂:下半身をゆっくり温める半身浴、30分から40分肩には、タオルをかけて、
  ショウガ、ミカンの皮、レモン、ゆず、保湿剤の入った入浴剤、天然塩入れて下さい。
運動:下半身に70~80パーセントの筋肉が集中していますので、歩くことが効率的です。
  一日20~30分程度のウォーキング朝夕2回。一日10000歩が目安です。
漢方薬:体を温める漢方、もともと傷寒論より、寒さで痛められた病気を治すための処方
  たくさんあります。補中益気湯、など人参ベースの漢方です。

健康・医療 体温を測定しましょう。   (低体温) (2010-11-20)

皆さんの体温は、何度でしょうか?
理想とする体温は、36.6~37.0度と言われています。
外気の温度にかかわらず、体温をキープすることで、体の正常な働きを維持しています。
低体温になりますと、体の新陳代謝が低下し、体の機能が低下します。
甲状腺機能低下症というホルモンの病気では、体温が下がり、むくみ・便秘・動作緩慢・徐脈・筋肉のこわばり・肩こり・頭痛などが出現します。
病的な低体温は、35.0以下を指しますが、一般的には、36.2度以下であれば、心配な状態といえます。最近は、低体温の方が多く、36.0度以下の方が、24.0% 36.5度以下の方が44.8%もあり心配がない方が、全体の30%しかないようです。
低体温さんは、基礎代謝が低下・(体重が増加しやすい)血行が悪い・(手足が冷え肌色が悪い)
自律神経、ホルモンバランスが乱れやすい・(肩こり・めまい・生理不順・冷え性)
内蔵の機能の低下・(胃腸・肝臓・腎臓の機能低下)免疫力の低下・(風邪や、癌に対する抵抗力の低下)   良いとこなしです。次回対処の仕方をお知らせします。

トピックス お米を食べて、喘息を治す? (2010-11-19)

11月13日の新聞から
お米を食べて、喘息を和らげる治療法が、研究中だそうです。
まだ、ラット段階ですが。
要するに、コメの遺伝子の中に、喘息の原因とされている、ダニの排泄物由来のたんぱく質を作る
遺伝子を組み込み、それを食べることにより、少しづつ摂取する減感作療法です。
昔、皮膚科などで、減感作療法は、毎週通院し毎回少しづつ抗原を皮内に注射して、半年ぐらい懸りましたが、それを通院なしで、自宅で食べて治すということです。
患者さまに、とっては魅力的な治療ですね。
これは、他の食物アレルギーにも、展開できそうです。
もう少し、待ちましょう。

トピックス 心臓突然死の危険を予測する?  石灰化スコア (2010-11-19)

本日の新聞で、初めて知りました。CT検査で、心臓の冠状動脈の撮影し、そこに含まれる、石灰分を測定し、スコア化したものです。これが高いと、今後10年以内に、狭心症や、心筋梗塞が、発症する確率が高いことがわかります。 また、ゼロだと、12年間心臓の血管の病気を起こさないことが分かるようです。
スコアが、1000以上だと50倍心臓突然死を起こす確率があがるようです。
要するに、この検査を行い、心臓の血管を詰まらないようにするお薬を、飲むか飲まないかを決定できるということで、抗脂血症の薬剤(メバロチン・リピトール・クレストール)減量できます。
まだ保険適用に、なっていませんが、神戸アドベンチスト病院では、5000円の一部負担で、できるようです。抗脂血剤のお薬代が、一年間で、大体年間、16000円(3割負担)ですから、3カ月分で、まあ12年間と言ってますが、5年程度保証できるのでは??
一度検査してみれば?
http://www.myclinic.ne.jp

4197件中4186-4190件

前へ1....830831832833834835836837838839840次へ