Home » トピックス

表示: トピックス健康・医療社会・政治新製品 2018年12月2019年01月2019年02月全て

4176件中3991-3995件

前へ1....794795796797798799800801802803804....836次へ

トピックス 首相官邸が、15日発表した、「放射能汚染に対する危険性の評価に関してのコメント」 (2011-04-20)

首相官邸が、国民に対して、
現在の福島県周辺と、チェルノブイリを比較し
「福島県の避難区域外の放射能汚染は、安全ですよ」というコメントを発表しました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・「唖然としました」
この文面、「誰が書いて、誰がチェックした」のでしょう?
間違えて認識をしてしまう、「まったくの嘘」です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・こんなコメントを官邸が出して良いのでしょうか?
完全に国民を馬鹿にし、国民の健康を無視し、国民をだましています。

以前から、言っています積算した蓄積放射能を、「現在での蓄積量」と言いまして、
「3月23日から15日」までの蓄積が、20ミリシーベルト以下という前提で、
国民に危険性が少ないと論じています。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・「馬鹿にするな!」
「メルトダウン」した、「15日からの最大に噴出した、放射能プルーム」を、
一向に計算に入れていません。
この時に軽く30ミリから80ミリシーベルトの「大量の放射能」を浴びています。
この最大量の「ヨードの放射能の半減期を過ぎる」あたりからの計測を
「20ミリ以下」と発表するあたりは、
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・「官邸の悪意」さえ感じさせられます。
子供には、「甲状腺癌のリスクは、あるが」とのコメント。コメント内容は、間違いですが。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・「子供は、ええんか!!」「いい加減にしてくれ!!」

短期に
「一発の核爆発・火災があったチェルノブイリ」と、
今後、数年のレベルで、放射能を撒き散らす
「制御不能のメトルダウンした3つの原子炉」と、
「核融合炉以外での燃料プールでの再臨界」「700トンの高濃度放射線を撒き散らす核燃料」が、
複合した、人類が経験した事のない「超長期の放射線暴露」を、一緒にするな。


写真は、、アメリカの偵察機実測の値から、最新の今後1年間の[推定蓄積放射能予測]です。
外周の円は、[50Km]です。

健康・医療 「女性らしさ」ののピークは? (2011-04-19)

一般の女性は、良く「25歳を過ぎます」と、
「お肌の曲がり角を、自覚し」「女子高生に、おばさん呼ばわり」されたり、
「若さの、衰え」を自覚するのではないでしょうか?
・・・・・・・・・・・確かに「、若さ・活力」は、女子高生には、負けます。
しかし「女性力」としては、如何でしょう?

生物学的に見ますと、「女子力のピークは28歳から、33歳です。」
「女子力」つまり、「女性が、一番きれいに魅力的に見える時期」という事です。
・・・・・・・・・・だから、心配しないでください。

女性ホルモンの、ピークが、この時期なのです。
この時期が、女性ホルモン(エストロゲン)が、最大値で、
この作用で、
髪は、「つや・こし・ボリューム」最高です。肌は、「ハリ・潤い・保湿」最高です。
胸は、「見た目も、質感も一番美し」そうです。
体型は、「ウエストが、最大限にくびれます。」最も美しい最終体型。
生殖機能は、「生物学的に、最高状態。オスを、惹きつける本能的魅力MAX」です。

女性のみなさん「28~35歳ぐらいが、一番魅力的ですよ!」
姉さん女房が多いのもこの年齢です。・・年齢が、伸びて、少しは、安心したでしょうか!

社会・政治 「アメリカ化学生物兵器事態対応部隊の帰還」と「クリントン米国務長官」の来日 (2011-04-19)

福島癌発の事故が、新しい状況に入った事を、示してています。
すなわち「再臨界」の可能性が、極端に減少したことを意味します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・「ひたまず安心して良いでしょう」。
[トモダチオペレーション]で、活躍した、「ロナルド・レーガン」も、横須賀基地に寄港しました。
太平洋上での、放射線汚染物質に対する大掃除(洗浄作業)を終えての寄港です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・「ご苦労様でした」。
東電の復旧作業工程には、疑問が、ありますが、
この作業は、あくまで、避難された方を、「安心させるために政府が出した、説得材料」です。
各原子炉からは、データが出ていますが、
未だ入口までで、原子炉と、その底部のデーターは、測定できておりません。
「炉心崩壊」を、昨日やっと認めた、保安院も、
まだ、「原子炉隔壁外への放射能漏れ」は、発表していません。
計画停電も、必ずするのでしょう。
これは、原子力発電・東京電力の、「継続を守るためのプロパガンダ」です。
これは、日本国だけではなく、アメリカ・フランス・ロシア・中国などの国のエネルギー政策を、
維持するための各国の圧力です。クリントン長官も、サルコジ大統領もそのために来日しました。


日本では、大阪市大と、岡山大のグループが、「光合成のメカニズム」を解明しました。
新しい「クリーンエネルギー発見」につながる研究です。
・・・・・・・・・・・・まさに「希望の光」と成るかもしれません。期待しましょう!

写真は、太平洋上で行った「ロナルド・レーガン艦隊の大洗浄作戦」の様子です。

トピックス 東日本大震災に関して。① (2011-04-18)

「途方もない怪物、生身の人間が、見てはならない歴史の魔物に、遭ってしまったという感じです。」
東大地震研究所都司准教授のコメントです。
津波のプロが、絶句するほどのモンスターでした。
平安時代の貞観津波869年の再来(1100年前)
江戸初期の、慶長三陸津波1611年(400年前)の、再来です。
実は、この様に無いと言っても、あったわけです。慶長の津波が、今回の最大波より、
わずか40センチ低いだけです。今回の津波の最大値は、「38.9M」と判明しました。
専門家は、「想定外」を繰り返しますが、「想定して想定外」と、言っているのではなく、
「想定を、考えなかった」のです。「線引き」というか、「効率化」というか。
「4万人ともいわれる犠牲者」は、長い日本の歴史の中で、
希有に近い天変地異であることには、間違いありません。
どんなに科学技術が、進歩しても、自然の猛威には、勝てません。
それは、「災害と、文明の逆法則」があるからです。
いわゆる、文明が、進歩すればするほど、天災による損害は、大きくなる事を、示します。
文明が、発達すればするほど、エネルギーは、多量に必要と成り、エネルギーの枯渇があれば、
文明は、衰退します。これは、古代史からも証明されています。
アンコールワットの、水の枯渇・エジプトの、ナイル川・中国の古代王国の砂漠化など。
人類の文明の発達は、エネルギーの消費量拡大と、比例しているのです。


今一度、日本人は、改めて自分達に必要なエネルギーに対して、考え直さなければなりません。

社会・政治 「新エネルギー開発」・・・・・原子力発電を、促進した人々とは! (2011-04-17)

***過去の、脈々と続いた「自民党政権」です。***

「民主党政権」になってから、政治もごたごた続きですが、
これだけの災害が降りかかるとは、まさか菅総理も思ってもみなかったでしょう。
阪神大地震の時の村山総理大臣・村山政権の自民党への丸投げ。
菅政権の災害対策・復興・原発事故対策の、無能ぶり。これらは、政治評論家の間では、
・・・・「大災害の後に必ず政治の大転換がある」という伝説があるようです。
「福島原発の事故」は、日本国最大の惨事ですが、これにも「悪しき原因」があります。
・・・・・・・・・・・「自民党の政治判断です。」
民主党が、予算を編成で、苦しんでいるのも、膨大な国債発行は、基の9割は、
自民党時代の借金です。ふたを開けてみますと、「貯金・貯蓄が、なかった。」
原発の電力網途絶による停電・安全対策の不備の原因を、作ったのも、
「自民党の政策」によります。
最近から、さかのぼりますと、
「麻生政権時」は、原子炉の「定期検査」を13か月から、24カ月に簡略化を、認可しました。
「安倍政権時」は、「耐震安全性に対する総点検する機運」が高まったにもかかわらずそれを却下。
「耐震設計に対する緩和措置」を、「政治献金と引き換え」に認めました。
原子炉の耐久年数を、20年の延命させたのは、自民党と、東電と東大の関係者です。
挙句の果て、1号機が、停電した時
その時(1967年)の設計図・回路図自体が、なかったそうです。
また、津波時、非常用電源のディーゼル発電機は、建屋そのものが流され、無かった!
また、20年前に、NRC(アメリカ原子力委員会)の、耐震基準の見直しと、安全基準の強化を、
指摘されたにもかかわらず無視し、そのまま現在に至ります。
原発推進に関しては、自民党議員のみが、全員賛成しています。
「東電との癒着」が、考えられます。

この様に、
今、現在の国債による「借金」も、「原子力発電に対する甘い基準」も、
すべては、「自民党の、悪しき遺産である事を、肝に銘じる」必要性があります。
政治主導が叫ばれますが、
800億円を懸け現在の福島原発に対しテントをかけるのも、
大手ゼネコンと現政権が、惨事の現状を隠すための、「臭いものには、ふたを閉めろ!」的な
ナンセンスな、冷却に何の意味もない行為です。止めて頂きたいと思います。
今、一番必要なのは
①「汚染水を使用した、閉鎖的循環冷却回路」の、早急な新設。
放射能の、ゼオライトによる濃縮も必要。
②緊急迅速な、燃料プールの中にある燃料の、核融合炉からの搬出。
③「7,8号機予定地」に、一時的中間冷却施設が、必要です。
④以前から説明している「SPEEDI」を利用した、原発周囲の放射能モニタリングを、
迅速・正確に国民に伝える徹底です。
これらを、早急に着手しないとだめです。
①6か月から1年(4基のクーリングタワーを作る)
②5・6年(ゲームセンターの、お菓子を摂るアームです。)
(核燃料の冷えてる物を、確認しながら無人ロボットアームで、搬出)
③は1年から3年・多量の汚染水を、封じこみ冷やす「新しい燃料冷却プール」です。
④は、政府が、情報開示すれば、すぐに出来るはずです。


見えない敵(放射能)が、視覚化されるだけで、人はどんなに安心か!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・これぐらいの事、「菅さん出来るだろう!」

4176件中3991-3995件

前へ1....794795796797798799800801802803804....836次へ