Home » トピックス

表示: トピックス健康・医療社会・政治新製品 2018年08月2018年09月2018年10月全て

4106件中3971-3975件

前へ1....790791792793794795796797798799800....822次へ

健康・医療 いびきの話② (2011-03-19)

「家庭でできる、いびき対処法」
①体重を、落としましょう。
②就寝前の、アルコール、過食、を控えましょう。また、睡眠薬を、控えましょう。どちらも、筋弛緩します。
③仰向けをやめ、横向で寝ましょう。抱き枕が、良いです。
④いびき予防テープを、利用しましょう。鼻呼吸に、なりやすいです。
⑤鼻に、鼻腔を、広げるテープを張りましょう。
⑥鼻詰まりを、抑える内服・点鼻薬を、使用しましょう。

次回は、放置してはいけない、「危険ないびき」を、説明致します。

チラージンS生産中止の報道が、昨日新聞に、掲載されました。
予想通りの状況です。緊急輸入まで、何とか「節薬」しましょう。
本日、東京から、患者さんが、来院しました。東京の医療機関も、パニック状態だそうです。
また、関西方面移動の、人々で、交通機関も満席状態。
外資系の企業の、関西方面避難が、集中し、大手ホテルでは、数か月の長期予約の方で、
満室状態です。
物流も、関東・東北方面に、シフトし、レトルトは、ないようです。
西日本は、買いだめに走らず、冷静に、東日本のために、対応しましょう。

健康・医療 いびきの話① (2011-03-18)

「いびき」は、なかなか、自覚できず、周りの人たちに、ストレスをかける症状です。
一般的に、症状が出る人は、太い人や、飲酒をした方、のように思われますが、
そうでは、ありません。誰でも起こします。お若い方でも、症状のある人は、います。
音の、大きさが、違うだけです。
いびきの正体は、口から、のど、肺に至る「気道」という、
空気の通り道の、粘膜が、何らかの原因で細くなり、
その狭い空間を、空気が、通る時に、「気道粘膜が、震える事」により、起こります。
ストローを、短く切り、ハサミで、両端に、切れ目を入れると、笛になりますよね。あれです。
原因は、肥満による、気道周辺の、脂肪組織の増加。加齢による、筋肉が弛緩し、
口蓋垂(のどちんこ)や、舌が、気道に垂れ下がる事により、起こります。
また、この、花粉症の季節で、鼻閉がある人は、口呼吸と成り、いびきが、出ます。
お若い人が、いびきをかくと、びっくりしますね。
女性でも、小顎(顎が、小さい人は、いびきをかく傾向があります。

次回は、いびきの対処法を、お話します。

放射線被ばくは、大変深刻になってきています。日本は、島国です。大変小さな領土しかありません。
原発から、首都東京は、直線距離わずか250Kmです。
危機管理といいますと、日本の、「一番対応の、悪い」ところです。
ちなみに、ドイツの、「環境に敏感な有名企業」の、上層部35名程度は、
早速、東京を撤退し、神戸に、一時的な、仮本社を、昨日立ち上げました。
千葉あたりの、流通も停滞し、パーツの一つも来ないようです。
「今そこにある危機」が、こんなに早く来るとは、誰も思わなかったでしょう。
大企業の、、社員・及び、その家族の、避難も、行われているようです。

また、まだ報道されていませんが、
「黒潮領域の、海洋汚染」も、深刻です。
今、何回も、報道されている、「海水の放水」は、海の、「放射能汚染」を、起こしています」
この汚染は、黒潮に乗り、太平洋から、北上し、オホーツク海・ベーリング海域・
シベリア・カナダまでに及びます。この領域の、豊富な、海洋生物が、被ばく。
それを食べます、私たちも、「間接被ばく」を起こします。
簡単に言いますと、「ふかひれ・干しアワビ・干し貝柱・鮭・マグロ・サンマは、など入手困難。」
海は、巨大な、(インキュベーション)拡散場所です。放射能拡散が、止まれば、
いずれ濃度は、減少しますが、それまでの間、「世界環境に痛み」を、残します。
政府の後手は、いつまで続くのでしょう。「非常事態宣言」「非難領域の拡大」「物流の制限」
「通勤社員のシフト勤務」やる事は、いくらでもあるのに。
東京の電力は、確保できません。非難領域が、増大すれば、近隣火力発電も、停止します。
最低限の人員で、最低限のインフラ・経済活動を維持するための施策が必要です。


トピックス 「続報」:::「チラーヂンSの生産不能状態について!」 (2011-03-17)

「緊急情報」チラーヂンS
あすか製薬株式会社:所長の情報より以下の状況が、判明しました。
昨日お話した通り、緊急に海外から、輸入する体制で、努力するようです。
いわき市の工場は、前回の理由により稼働可能になる確率が、極めて低い事、
また、それに加え、工場で、働く人々が、放射能汚染に曝されており、
「屋内待機中」であるために、マンパワーも不足しているようで、数か月内での、工場再開
が不可能な状態だそうです。
「チラーヂンS」の国内シェアは、
[98%]で、ほとんど寡占状態。年間50億円の売り上げです。
残りの、2%を、販売する、「サンド薬品」(外資のノバルティス)が、
早々と、申請する予定(現在確認中)。
遅れて、あすか製薬も、申請するようです。(確認中)
サンド製薬は、日本で、ジェネリック薬品を販売しています。
甲状腺ホルモン剤も、会社自体で製造。(山形県)増産の予定ですが、
98%の増産は、不可能です。
いずれ「海外緊急輸入」の、可能性が高いと思いますので、
それまでの間、ホルモン剤を、節「薬」しましょう。
すべての人に、平等に分配するため、当科では、最大「30日分」の処方に限定しています。
何とぞ、御了承下さい。
薬剤緊急輸入に関しては、現在、厚生省に確認中です。
状況が判明しましたら、すぐに報告致します。
3月22日武田製薬より、3月18日に認可が、下りた旨の報告受けました。
薬剤は、サンド製薬のジェネリック薬品「レボチロキシンナトリウム」用法用量も同じです。
また、国内生産委託会社の選定も終わったそうです。後は、現物を待つのみです。
何時になるかは、まだ未定です。ワクチン以外では、前例ありません。それまで、「節薬を」


どちらにしましても、入荷はしますので、安心して下さい。
いつ入荷し、何時から処方できるかは、未定ですので、
昨日よりお話した、内服方法で、なんとか乗り切りましょう。

「女性の美しさ」の話は、25歳から、33歳まで、一番発揮されます。
詳しくは、次回4月19日編でお知らせ致します!!。乞うご期待。

最新情報です。
米軍は、本日、仙台空港を、「離陸可能に整備」しました。
原発の火災事故にも、「一役買った」そうです。
明日から、「災害起点空港」として、活躍します。
その、米軍が、福島原発に関しては、50海里(半径93Km)を、飛行禁止にしました。
という事は、上空を飛行する事も、(十数分間)、禁止しています。
これが、「人命を守る、許容範囲」と米軍は考えているようです。
政府は、今現在半径30Kmですから。どちらを、信用しますか?
以前から、説明している、蓄積時間を良く考えて下さい。

これからも、「米軍の技術なし」に「核飛散を止める事」は、出来ないようです。
本日、米軍「グローバルホーク」無人偵察機を、福島上空に導入。原発の詳細把握に使用します。
何より、無人ですから。米軍は、今、「今後起こるであろう核攻撃」、「核汚染」の、
シュミレーションに、今回の作戦を使用するつもりです。
また、いざという時の、自国民の安全確保のため。
どちらにしても、使用可能なものは、すべて使用し、核飛散を防止しないと、
世界から、笑われます。

トピックス 「チラーヂンSが、入手できません!」と、「慢性疲労症候群」 (2011-03-16)

原因不明の難病です。
診断基準も、曖昧で、診断がつきにくい病気でした。
強い疲労感が、半年以上続くなどが、診断基準でしたが、
今回、神戸の理化学研究所分子イメージング科学研究センターが、
新しい診断法を、開発しました。
この病気に成りますと、体内での糖を分解して、エネルギーに変換する、
ATP(アデノシン三リン酸・生物で習いました)を作る能力が、低下し、
細胞の修復が、できなくなるようです。
その中で、エネルギー作りに関連する、クエン酸など、7種類の物質が、
健康な人と、比較して、半分以下に成るそうです。
そのうちの3種類をの減り具合を比較すると、90%の確率で、
患者さんを、特定できるそうです。
また、減少した、物質を補充することで、治療にもつながるようです。
早く、診断法が、保険適応に成ればよいですね。避難された方々が、心配です。


放射能汚染の、モニタリング値の値が、やっと公開されつつあります。
このデーターで、注意しないといけないのは、
前回も言いましたが、「蓄積換算量」です。
レントゲンや、CT、一年間に浴びる量などと、一緒に今発表のデーター表示しています。
今測定しているのは、1時間量です。一時間当たった放射線量です。
毎日、外に出ている時間を掛けたもの「蓄積」です。また、毎日外に出ますと、×365日
です。レントゲン・CTは、一瞬ですが、外気の放射量は、蓄積します。
この、総量が、3000㎜を超えますと、生殖機能に、重大なダメージを与えます。
この事を、十分考慮に入れて下さい。


東日本大地震の影響が、当院にも、出ています。
甲状腺ホルモン剤(チラーヂンS)が、生産できなくなってしまいました。
流通在庫が、少なくなっています。
今お薬を、持っている方は、緊急措置としまして、内服量を、一時的に、半分にして下さい。
それで、内服薬の継続・延長に努めて下さい。
お願い致します。

saiban.sakuramilan.com/

トピックス 「甲状腺ホルモン剤」は、緊急輸入になるかも知れません。 (2011-03-16)

甲状腺ホルモン剤「チラーヂンS」は、
あすか製薬の、「福島県いわき市の工場」で、生産されていました。
今回、東北太平洋大地震の影響で、ライフライン(電気・水)が、停止し
生産中止になっております。
また、それにひき続く「福島原発の放射能被害」の、屋内退避地域に、
いわき市の一部が、入っており、このまま、放射能飛散が、拡大しますと、(昨日より悪化)
避難範囲は、増大。工場そのものが、被ばくし生産不可能になる可能性があります。
まさに、「油断」です。
このまま行きますと、国内の、在庫は、15日以内に無くなります。
厚生省は、まだ動いていませんが、
海外からの「ホルモン剤緊急輸入」が、必要になるでしょう。
それまでの間、内服を継続するために、「半量での内服」を、お薦めします。
甲状線ホルモン剤は、薬物の体内動態(効いている時間)が、7~10日間あります。
いざという時は、3日に一回でも有効です。
何とか、次の生産もしくは、新しい薬剤が、来るまで、「2ヶ月間頑張りましょう。」

多分、いわき市での生産は、原発事故の悪化で、無理でしょう。
早急な、緊急輸入を期待します。

4106件中3971-3975件

前へ1....790791792793794795796797798799800....822次へ