Home » トピックス

表示: トピックス健康・医療社会・政治新製品 2018年10月2018年11月2018年12月全て

4131件中3971-3975件

前へ1....790791792793794795796797798799800....827次へ

健康・医療 口腔内アフタ (2011-04-02)

口の中に、ポツッと、痛みのある、「浅い潰瘍」で、大きさは、円形から
楕円形、中央が、白っぽく水泡を作る事が、多いです。
病変の淵は、赤みを帯びて、境界が、鮮明です。
症状の中心は、「痛み」です。
ちょっとした、刺激で、激しく痛みます。食事が、取れない事もあります。
原因は、いろいろで、アレルギー、偏食、ビタミン、鉄不足、ストレス、過労、ホルモンバランス、などです。
また、直接刺激として、かみ合わせ、歯磨き、かぶせ物、入れ歯などがあります。
「単発の場合」は、心配ありません。
7日間以上治らない場合。繰り返し起きる場合。食事に影響が出る場合。
消化器症状、皮膚症状など他の症状が、併発する場合は、すぐに病院へご相談下さい。

トピックス アメリカ「第7艦隊の動向」 (2011-04-02)

「トモダチ」作戦が、捜索・救助・援助な体制から、「福島第一原発事故の緊急対応」に
シフトし、人員も、16000人から、「5000人」に縮小されます。
三陸沖に展開していました、「ロナルド・レーガン」をを中心とする艦艇も、
一部を残し帰港します。
・・・・・・・「これまでの、御尽力に感謝しています。ありがとうございます。」
そして、
原子炉事故に関しては、新たに「化学・生物兵器事態対応部隊=CBIRF」シーバーフ
140名を派遣し、以前から来日している米軍横田基地「総合支援部隊(JSF)」の、
指揮下に入りました。
これは、今後起こるであろう
「再臨界で、起こりうる多量の放射線漏えいに対する即応部隊です。」
2個の小隊に分かれ、偵察・被災者探索・救出・医療・除染・爆破物処理と、多岐にわたります。
本土には、4軍構成で、1個旅団規模で、「4700名の特殊部隊」です。
自衛隊の500人レベルとは、規模がちがいます。
・・・・・・・・・・・この部隊が、即応する事に、「事の重大さ」が示されています。

今後は、長期にわたり、
この部隊が、アメリカ本土から、1カ月シフト制で、待機する事になるでしょう。
場合により諸外国からも、この様な特殊部隊が、入って来るようになるでしょう。

「シーバーフ」の発足の起源は、
何と、1995年の「地下鉄サリン事件」が発端になり、1996年に設置されました。
これまた、なんという「皮肉な巡り合わせ」でしょう。
アメリカの関係者が、
最新のデーターより、再臨界が、起こらなければ、「32K範囲内の避難」でよい
という現在よりも縮小した、避難区域を示しました。
・・・・・・・・・・・・・・・「このまま終わればいいのですが。」

健康・医療 高血圧の、お話 (2011-04-01)

高血圧の患者さまが、今現在、どの位おられるか?知っていますか?
約。4000万人です。人口の33%が、高血圧です。原因は、老化による、血管が、硬く、細くなる事、老齢人口の、増加、欧米式食事、塩分過剰、ストレスなどですが、その、4000万人のうち、御自分の、高血圧を、自覚されている方は、半分程度、2000万人。治療を受けている方が、1000万人。その中で、良好の血圧コントロールが、できている方は、500万人に過ぎないようです。死亡原因の、脳梗塞、脳出血、心筋梗塞を、減らすためには、患者さまの、血圧コントロールを、社会的なレベルで、測定、自覚できるようになる仕組みが、健康増進の鍵となると、思います。

日本の、きめ細かい技術力を、利用して、お便所の、便器に、血圧計が、備えられたら、また、日本の平均寿命が、アップします。どこまで伸びるのでしょうか?

トピックス 福島原発の今後 (2011-04-01)

前回は、「空想的な見解」をしてしまいました。
「どうもすみませんでした」あらためましてここで、お詫び申し上げます。

今回は、その後の状況・情報を、科学的に分析し、「今後の未来」を、予想しました。
原子炉と核燃料プールに分けて、お話します。
いろいろな専門家の談話を総合しますと、
「停止原子炉」は、再臨界・再爆発の可能性が、これからもあり得る。
爆発の程度は、大爆発(核爆発)ではないが、各原子炉で、数回程度(小規模)予想される。
今以上の「放射能拡散は、ありえる」。
「核燃料プール」は、水が、ある限り臨界の可能性は、ほとんど無い。
という事です。


「現状」は、3機のメトルダウン(炉心融解)が、3月14~15日に発生、
その後の対応で、放射能汚染は、「減少の過程」である。「レベル7」
これが、各国の共通した見解です。日本の報道は、いい加減すぎます。


今後の見込みは、「年単位」になり、
原子炉の「核燃料の除去」は、困難で、このまま放射能が、低下するまで、冷却する。(数年)
核燃料プールの燃料は、どちらか別の場所に運びこれも冷却。
プール以外にも「原発周辺に核燃料のゴミが、多量に存在」している模様で、こちらも処理が必要。
原子炉周囲が、「巨大な、冷蔵庫状態」。膨大な電気が、必要。
高濃度汚染物質は、地下500~1000mに貯蔵施設「最終処理施設」を造る必要があります。
福島原発周囲5~15キロ範囲は、誰も近づけない場所と成るでしょう。
従って
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・「放射能汚染は、数年~数十年継続します」。

この図は、ロシア・中国の「震災後の領空侵犯の軌跡」です。
ちゃっかり、日本の、防衛機能の評価を、震災後にしたチェックした、証拠です。

健康・医療 最近の「B型肝炎」の特徴 (2011-03-31)

肝炎には、A型・B型・C型・E型などがあります。
この中で、血液を介して、感染するのは、おもに、B型・C型です。
どちらも、最近は、血液検査にて、判明するため二次感染が、大変減りました。
しかし、B型においては、遺伝子的Aと、Bに分類され、日本では、急性肝炎と成り、
慢性化しないタイプが、多かったのですが、最近になりまして、
欧米に多い遺伝子型Aが、増えまして、発症しますと、10%が、慢性化します。
B型肝炎は、成人後の感染では、性交渉・血液の付着した、使用後のカミソリ・
ピアスの穴開け機・刺青行為などで、起こります。
日本に存在しなかった、遺伝子Aが増加した理由は、主に、性行為による感染と考えられ、
主として、大都市。関東・甲信越・東海・近畿の順に多く若年層に多い傾向があります。
今後の対応としましては、B型肝炎ワクチンが、あります。
海外では、小児にワクチンと接種を行う国もあります。子宮頸がんワクチンと同様、
小児のうちに、接種すべきワクチンと、考えられます。
今も、ワクチンは、5000円程度で、任意で、接種できます。

4131件中3971-3975件

前へ1....790791792793794795796797798799800....827次へ