Home » トピックス

表示: トピックス健康・医療社会・政治新製品 2018年11月2018年12月2019年01月全て

4162件中296-300件

前へ1....5556575859606162636465....833次へ

健康・医療 医師のブラックリスト! (2017-07-09)

2016年度までの4年間で、
27人の医師に再発防止が指導・勧告されていたことが日本医師会(日医)のまとめでわかった。
医師が所属する都道府県医師会が勧告などを出している。
こうした医師は「リピーター医師」と呼ばれる。

日医は13年8月から、会員の医師約12万人が、
医療事故に備えて加入する医師賠償責任保険の支払い請求の内容を調べる委員会を設置。
複数の請求がある医師について分析した。

医師側に問題がある事故が複数あった場合をリピーターと判定している。

 
日医によると、
リピーター医師とみなされたのは、
13年度2人、
14年度10人、
15年度7人、
16年度8人。
師の氏名や内容は公表されていない。所
属する都道府県医師会は該当者に指導、改善勧告、厳重注意のいずれかを出している。

リピーター医師は00年前後から問題視されていたが、その実態はわかっていなかった。
医師免許取り消しなどの処分を審査する
厚生労働相の諮問機関・医道審議会の対象は、
診療報酬の不正請求をしたり刑事処分を受けたりした医師が主。

また、15年には予期せぬ死亡事故を第三者機関に届け出る
「医療事故調査制度」ができたが、リピーター医師は把握できない。

社会・政治 事故の顛末2 (2017-07-08)

安倍首相支持率下落:日本の軍国化に世論は反対?
ところで、アーレイ・バーク級ミサイル駆逐艦(Fitzgeraldは1995年10月就役のアーレイ・バーク級ミサイル駆逐艦12番艦)の適性に対してはこれまでにも疑義が呈されてきた。防御が不足していることは、2000年10月12日、アデン港で燃料補給をしていた同じアーレイ・バーク級ミサイル駆逐艦のColeが自爆テロ用の小型ボートに攻撃されたときにすでに明らかになっていた。日本の神風形式で行われた攻撃は成功し、左舷には巨大な破口が開き、17人が死亡、39人が負傷した。最下甲板と機関室が浸水し、大火事になった。駆逐艦は修理のため、米国に曳航され、艦隊に再就役したのは2002年4月のことである。

伊豆半島沖の事故はこの問題を再燃させ、さらに先鋭化させた。ウラジーミル・エフセエフ氏によると、米国では、強敵との対峙でさまざまな問題が明らかになっているという:

「例えば、巡航ミサイル「トマホーク」のシリア飛行場に対する攻撃失敗がありました。これにより、米国の巡航ミサイルが電子戦システムの使用に対してほとんど防御できていないことが証明されました。米国はこの極めて深刻な問題に対処するため、緊急対策を迫られています。つまり、米国が何の罰も受けることなく強敵に対してトマホークを使ったミサイル攻撃を行うことは不可能だと分かったのです。同じことが駆逐艦にも言えるかもしれません。理想的な環境が整えば、与えられた課題をクリアできるかもしれませんが、テロリストなども含めた強敵と衝突するとなれば、駆逐艦には問題があるかもしれないのです。そして、この問題を除去しようとすれば、同級の駆逐艦すべてに関わるため、膨大な資金が必要になります。」

トピックス 「最近、興味を持った俳優さん!」 (2017-07-07)


始めて観たのですが、強烈な個性で、自然ですごく良いと思いました。
今週面白いです。

峯田和伸、『ひよっこ』で存在感
記事提供:ORICON NEWS
2017年7月5日
連続テレビ小説『ひよっこ』ヒロイン・みね子の叔父・小祝宗男を演じる峯田和伸(C)NHK

ロックバンド・銀杏BOYZのボーカル&ギターとして、
そしていまや俳優としても確固たるポジションを築いている峯田和伸(39)。

昨年、主演したNHK・BSプレミアムのドラマ『奇跡の人』は、
「平成28年度(第71回)文化庁芸術祭」でテレビ・ドラマ部門の大賞を受賞する高い評価を得て、
そのドラマと同じ脚本家の岡田惠和氏による
連続テレビ小説『ひよっこ』
(月~土 前8:00 NHK総合ほか)に、
ヒロイン・みね子のおじ、小祝宗男役で出演中。

音楽活動と並行して、俳優の仕事も好調な峯田に立ち位置を聞いた。

健康・医療 女王アリ (2017-07-06)


環境省と大阪市などは4日、
大阪南港(大阪市住之江区)で、強い毒を持つ外来種の「ヒアリ」が見つかったと発表した。

国内での発見は、
兵庫県尼崎市、
神戸市、
愛知県弥富市に続き4件目。

女王アリとみられる個体もいたという。

同省によると、女王アリとみられる個体が国内で見つかったのは初めて。

大阪市によると、環境省が6月30日、同港を調査したところ、
香港から来たコンテナ周辺の地面から、
ヒアリか、別の毒を持つ外来種アカカミアリの可能性のあるアリをまとまった数で発見。

環境省が専門家に依頼して調べたところ、
7月3日、一部がヒアリであることがわかった。
さらに同日、
約50体のヒアリとみられるアリの死骸を回収。
女王アリとみられる個体も含まれていた。
同省は付近でヒアリが繁殖している可能性もあるとみて、今後、詳しい調査を進める。

社会・政治 「アメリカののレッドラインを越える!」 (2017-07-05)

                       北朝鮮のミサイル実験、中国を窮地に[WSJ]

アメリカの、ラインを越えたという事実は!動かざる負えなくなる!

    

                        2017 年 7 月 5 日 09:09 JST 更新


                                    【北京】
北朝鮮が大陸間弾道ミサイル(ICBM)の発射実験に
初めて成功したと発表したことで、
中国は北朝鮮を罰するよう求める米国の圧力を一層強く受けている。

中国が北朝鮮に対して強く出ない場合、
ドナルド・トランプ米大統領と中国の習近平国家主席が今週、
ドイツで行う予定の米中首脳会談を前に、
ワシントンとの緊張のリスクが一段と高まるだろう。


火星14は北朝鮮の技術で新たに製作。
最下段部と2段目のエンジンの燃焼や分離に成功した。
炭素複合材で作った弾頭の温度は大気圏に再突入した際も
25~45度に保たれ、核弾頭の爆発装置が正常に作動したとした。

 韓国政府は、
北朝鮮には炭素複合材による弾頭製作技術はないと分析。
表面温度が約7千度に達するICBMの大気圏再突入技術に懐疑的な見方を取ってきた。

韓国の軍事専門家らも「精密な分析が必要」としている。

正恩氏は
「米帝との長い戦いもついに最後の局面に入った。
我々の警告を無視し、我々の意思を試してきた米国にはっきり示す時が来た」と宣言。

「我々の戦略的な選択を見せつけられた米国の野郎どもは非常に不愉快だろう。
独立記念日の贈り物が気にくわないだろうが、
今後も大小の贈り物たちを頻繁に送り続けてやろう」と語った。

4162件中296-300件

前へ1....5556575859606162636465....833次へ