Home » トピックス

表示: トピックス健康・医療社会・政治新製品 2020年09月2020年10月2020年11月全て

4453件中2726-2730件

前へ1....541542543544545546547548549550551....891次へ

社会・政治 「クリスマス中の機体は、クレーム多し!」 (2013-01-10)

以前。ヨーロッパで、よく言われた話です。

       ・・・・・・・・・「クリスマス休暇前の車は、買うな!」

この機体は、12月20日完成で、ちょうど、「クリスマス期間中」に作られた、
機体です。
「新車を買うとき、クリスマス期間中の車は、買うな!というのが鉄則」ですが、
これは、車を作る人々が、「浮足立つために、いい加減な車を作ってしまう」ので、
故障が多いので、購入を控えましょうというジンクスです。
まして、アメリカ人ですから。
やはり、事故は、起こってしまった。というところでしょう! 


ウォルシュ氏によれば、
この火災が消し止められたと作業員たちが判断したあと、
尾部にある小さな隔室に収納されている補助動力装置(APU)バッテリーが爆発した。
消防士1人が火気抑制装置を使用した際、軽く負傷したという。

日航は、
787ドリームライナーを東京からサンディエゴ、モスクワ、シンガポール、北京にも
運航しているが、火災を調査していると述べた。

ボーイング広報部のマーク・バーテル氏は
「われわれは事故を承知しており、顧客(日航)と協力して対応に当たっている」と語った。

火災のあったボーイング機の映像と、飛行機の運航状況を示すサイト
「Flightaware.com」の記録では、同機は12月20日に日航に引き渡されたばかり。


ボーイングの記録によると、
同機は昨年12月、
ボーイングの顧客6社に25時間で引き渡されたドリームライナー7機のうちの1機だった。
同社によると記録的な引き渡し機数であったという。


ボーイング株価は7日、この火災報道を受けて下落し、2%安の76.13ドルで取引を終了した。

社会・政治 マツダ、日産に低燃費技術提供 収益改善へ初の供給 (2013-01-09)

マツダは4日、
独自の低燃費技術「スカイアクティブ」を日産自動車に提供することを明らかにした。
スカイアクティブの他社提供は初めて。
建設中のメキシコ工場では生産能力を年14万台から年23万台に高めて低燃費車を増産し、
赤字経営からの脱却を急ぐ。

山内孝社長が広島市内で開いた年頭会見で述べた。
中型ミニバン「プレマシー」のエンジンと変速機にスカイアクティブを採用し、
1月中に発売。
日産にもこれまで同様、
OEM(相手先ブランドによる生産)供給する(現車名=ラフェスタハイウェイスター)。

メキシコ工場は2014年初めに年14万台の態勢で稼働し、
15年夏にはトヨタ自動車向けの5万台も生産する予定だった。
新たな計画では、
トヨタ車も含めた生産能力を15年度に23万台に高める。
投資額は5億ドルから6億5千万ドル(約570億円)に増える。

トピックス 四足歩行のロボット (2013-01-09)


実際は、階段で、引っかかって技術員が、放射能の中、取りに戻ったという
お瑣末なこととなったようです。



東芝が福島第一原子力発電所向けに、人が作業できない場所での調査や復旧作業を
実施する四足歩行のロボットを開発しました。
ロボットは無線操作で動き、歩行速度は時速1km。連続では2時間の駆動が可能だ
とのこと。

東芝:ニュースリリース (2012-11-21):
福島第一原子力発電所向けの4足歩行ロボットの開発について
http://www.toshiba.co.jp/about/press/2012_11/pr_j2101.htm

2011年3月11日の東日本大震災とその直後に発生した津波のために
東京電力福島第一原子力発電所は大きな被害を受けました。
発電所の1号機から4号機については廃炉が決定していて、電気事業法的にも
「廃止済み」の扱いですが、使用済み核燃料は今も残されたまま。
周辺地域の線量も高いため、現場での活動には災害対応支援ロボットなどが
投入されています。

今回東芝が開発した無線操作の四足歩行ロボットがコレ。
カメラや線量計を搭載しており、遠隔操作で原子力建屋内の状況把握が可能な
作業ロボットです。東芝が独自開発した不整地や段差での歩行を制御する
アルゴリズムと多関節構造によって、障害物を避けながらの歩行や階段の上り下りを
実現しているので、車輪やクローラータイプのロボットでは到達できなかった場所での
作業が可能となっています。

新製品 「太陽電池パネル」 (2013-01-08)

ソフトバンクの子会社が、
世界の各社の太陽光パネルを、同じ場所で、運用し競争させています。
とりわけ、
日本のメーカーは、高効率を歌い、高付加のパネルを売ろうとしているのですが、
実際に運用してみますと、
あんまり効率に差がないということです。

今回、京セラが、発売したパネルも、自社製品との差をうたっているようですが?
本当でしょうか?

京セラは、
国内住宅向け太陽電池パネル「エコノルーツ」の新製品を発売すると発表した。
光を電気に変える「セル」に、
多結晶シリコン型では業界最高水準となる変換効率最大17.8%のセルを使用し、
出力を195Wから200Wに高めた。
価格は1枚9万6千~10万円(税抜き)。
22日から販売子会社のフランチャイズ店舗や、住宅メーカーなどを通じて販売する。

健康・医療 「モンスターエナジー」飲み5人死亡? 米FDAに報告 (2013-01-07)

アメリカの「カフェインの含有量」は、半端ありません。
この影響が出ているものと、推定されます。
日本では、食品衛生法で、上限が決まっているため、調整されています。
多くて、今まであった、精力剤と同等程度です。


「エナジードリンク」
と呼ばれる栄養ドリンクの一種を飲んだ後に亡くなった人が過去3年間で5人、
米食品医薬品局(FDA)に報告されていることが23日、

米メディアの報道でわかった。このドリンクと死亡との因果関係は不明だという。

死亡者が出ているのは、
米国では「モンスターエナジー」の商品名で販売されている飲料で、
大量のカフェインが含まれている。


昨年12月に不整脈で死亡した14歳の少女は、死亡する前の2日間に続けて、
大きいサイズのモンスターエナジーを飲んでいたという。

日本では
アサヒ飲料が5月から「モンスターエナジー」ブランドの商品を販売している。
「モンスターエナジー」と「モンスターカオス」の2種類で、
いずれも355ミリリットル缶。
アサヒグループホールディングス広報は
「米国で販売しているものより容量が小さい。
中身も日本の法規制にあわせて変えている」と話している。

4453件中2726-2730件

前へ1....541542543544545546547548549550551....891次へ