Home » トピックス

表示: トピックス健康・医療社会・政治新製品 2020年06月2020年07月2020年08月全て

4425件中2711-2715件

前へ1....538539540541542543544545546547548....885次へ

健康・医療 「正規医薬品とジェネリック医薬品の差とは?」 (2013-01-04)


「沢井製薬やその他医薬品会社」が、わけのわからないコマーシャルを、放映していますが?

消費税も上がりますし、医薬品も、数種類となると
それ相当の金額になります。

当クリニックでは
希望がなければ、先発医薬品を使用してきたのですが?
次期改定で、ジェネリック医薬品のコストが80%から60%に減額されるのを機に
患者さんに説明し、
来年から、ある程度「自由意思にて、選択」できるようにさせてもらいます。

その差は何かと聞かれますと
先行医薬品とジェネリック医薬品では、「混ぜ物が違います。」
また、その混ぜ物にはいろいろ種類があり、医師・薬剤師には、わかりません。
調べることは可能ですが、同じ薬を薬局に指定することができません。

ちなみに、「この近くの薬局の方には、できるだけ内容量が同じものを指定させてもらっています。」

すなわち混ぜる化学物質・組成が違いますと吸収も、アレルギーも違い
先行医薬品との差は、不明となります。

極端に言いますと、「馬鈴薯が、コーンになったり」
こうなると、アレルギーがあれば使えません。
後、発砲医薬品は、当然、発砲する薬品が入っています。

医師に「ジェネリック医薬品にしても大丈夫ですか?」…と聞かれても
主成分が同じだけで混ぜ物がそれぞれ違うのでと使ってみなきゃ分からない。
                  これが正しい回答です。

新製品 「Jam Bluetoothワイヤレススピーカー」 (2013-01-03)

テックウインドは、HMDX製のポータブルワイヤレススピーカー「Jam Bluetoothワイヤレススピーカー」の取り扱いを開始。8月末より発売する。

ジャム瓶のようなデザインが特徴的なポータブルワイヤレススピーカー。ボディカラーもグレープ(パーブル)、アプリコット(オレンジ)、アップル(グリーン)、ストロベリー(レッド)、ブルーペリー(ブルー)、ブラックベリー(ブラック)といった果実のフレーバーをイメージしたものが用意されている。

デバイスとの接続は、Bluetooth 2.0を採用。最大10メートルの距離からの接続が可能だ。また、3.5mmミニジャックも用意されている。電源はリチウムバッテリーを内蔵しており、最大4時間の連続使用が可能だ。本体サイズは70×65mm、重量は260g。

市場想定価格は4,980円。

社会・政治 42年間で2兆4千億円超 (2013-01-03)

昨年、自民党は、福島原発事故による廃炉にかかる経費に、
研究目的に、年間数百億の税金を投じること決めました。
東電には、
現在までに、二兆円以上投入されています。・・・・・こんなことで、いいのでしょうか?
これからも、ますます電気連合に、金を回すつもりです。
これでは、時代が後戻りで、国民は、借金を、返すだけの、奴隷です。



大手電力9社、メディアに巨費を投じて原発PR。
42年間で2兆4千億円超--朝日新聞社の調査で判明 [12/28]

原発を持つ大手電力9社が1970年度からの42年間で、
計2兆4千億円を超える普及開発関係費
(広告宣伝費)を支出していたことが朝日新聞の調べで分かった。
米国・スリーマイル島で原発事故が起きた70年代後半から急増。メディアに巨費を投じ、
原発の推進や安全性をPRしてきた実態が浮き彫りになった。

普及開発関係費は新聞広告やテレビCM、PR施設運営などにあてられる費用。
マスコミへの接待や自民党の機関紙への広告費に使われたこともあった。
各社の有価証券報告書に記載されており、大手では初めてとなる関西電力美浜原発が
稼働した70年度から2011年度(12年3月期)までの42年間を調べた。

9社総額は2兆4179億円で、会社別の最多は東京電力の6445億円、次いで
関電の4830億円。
東北、中部、九州の3社も2千億円台半ばだった。
年別では、 79年のスリーマイル島事故までは9社で計200億円弱だったが、
旧ソ連・チェルノブイリ原発事故が起きた86年には400億円を突破した。


地域の独占企業である電力会社には競争相手が事実上いないのに、
最近の普及開発 関係費は年別で計約1千億円に上っていた。
この額は自動車・家電のトップメーカー と同規模だ。

●電力9社の普及開発関係費
http://www.asahicom.jp/national/update/1228/images/t_TKY201212280451.jpg

トピックス 男性型脱毛症「AGA」 (2013-01-02)

 飲み薬で効果 気軽に受診増える
遺伝的に髪の毛が薄くなるAGA(男性型脱毛症)は、男性にとって深刻な悩みだ。
そんなAGAに効果のある飲み薬が普及し、気軽に治療を受ける人が増えているという。

10月20日は「頭髪(とうはつ)の日」。
夏に浴びた紫外線の影響が頭皮にも出やすいこの時期、気になる人は一度、医師に相談
してみてはどうだろうか。

■3人に1人
AGAは思春期以降、額や頭頂部の毛髪が細く薄くなり、抜け毛が進行する。
発症年齢や進行の速さは個人差があるが、確実に進行することが特徴。
日本人男性の約3人に1人がAGAとされる。

主な原因は、男性ホルモン「テストステロン」に「5α-還元酵素II型」が作用し、
別の男性ホルモン「DHT(ジヒドロテストステロン)」に変換され、髪の成長を抑制
するため。この酵素を阻害する内服薬「フィナステリド」が開発され、1998年に
米国で発売された。国内でも7年後の平成17年から医師の処方薬として流通している。

日本皮膚科学会は22年4月、AGAの治療薬について5段階で評価した初の診療指針を
発表。塗り薬のミノキシジル(商品名リアップ)と飲み薬のフィナステリド(商品名
プロペシア)を強く勧められる「A」と評価した。
ガイドライン作成に携わった大阪大大学院皮膚・毛髪再生医学寄附講座の板見智教授は
「世界中の論文を集めて検証し、この2つはかなり推奨できることが分かった」と
振り返る。

実際、どのように処方されているのか。

■性格も明るく
大阪府寝屋川市でAGA治療を行っている「吉岡皮膚科医院」の吉岡晃医師(60)に
よると、問診と視診を行い、円形脱毛症など他の病気ではないかをチェック。
AGAと診断すると、まずフィナステリドを1カ月分処方する。
服用は1日1回で、費用は1カ月分で約1万円。問題がなければ内服を続け、
半数以上の人が半年から1年で効果を実感するという。
「毛髪が丈夫になり、抜け毛が減るだけでも効果は大きい。見た目が若くなることで
性格も明るくなり、前向きになる人も多い」と吉岡医師。

薬を内服することで勃起不全など男性機能の低下を心配する人も多い。
しかし、男性ホルモンそのものに働きかける薬ではないため、そうした副作用はない
という。
吉岡医師は「以前よりも軽い気持ちで受診する人が増えてきている。治療をすべきか
悩んでいる人は一度、相談してほしい」と呼び掛けている。

■開発進むAGA新薬
AGA治療のための新薬の開発は各国で進められ、AGAに悩む人の選択肢を
広げることが期待されている。
現在、5α-還元酵素II型に加え、もう1つの酵素「5α-還元酵素I型」も
阻害する飲み薬「デュタステリド」が臨床試験中だ。まつ毛育毛剤として使われている
塗り薬「ラティース」をAGAに適用拡大するための臨床試験も行われている。
板見智教授は「臨床試験の結果を見ないと分からないが、ミノキシジルや
フィナステリドと同等の効果が出る可能性はある」と話す。
AGAに関係する遺伝子解析も進んでいるといい、今後、治療薬の開発に役立てられそうだ。

AGA患者のフィナステリド(プロペシア)投与前の前頭部
http://sankei.jp.msn.com/images/news/121016/bdy12101608260001-p2.jpg

健康・医療 アレグラに続いてジルテックもスイッチOTCに (2013-01-02)


この花粉症ニュースのカテゴリの記事は、基本的にコピペです。
ニュースは一定期間が経過すると失われるのが普通なので、
患者にとって参考になる(であろう)情報をアーカイブしてると思ってください。

       ■       ■

佐藤製薬、セチリジン塩酸塩配合のアレルギー専用鼻炎薬「ストナリニZ」を発売
日本初!医療用成分「セチリジン塩酸塩」を配合したアレルギー専用鼻炎薬
眠くなりにくく、つらい鼻水・鼻づまりに1日1回で効く!
『ストナリニZ』(第1類医薬品)新発売

 佐藤製薬株式会社(社長:佐藤誠一)では、「セチリジン塩酸塩」を医療用と同量配合したスイッチOTC医薬品の製造販売承認を取得し、アレルギー専用鼻炎薬『ストナリニZ』(第1類医薬品)として、2月1日(金)より新発売いたします。

http://release.nikkei.co.jp/detail.cfm?relID=327772&lindID=4



日本初!医療用成分(セチリジン塩酸塩)配合のスイッチOTC医薬品  アレルギー専用鼻炎薬「コンタック(R)鼻炎Z」新発売

1日1回、寝る前に1錠服用。翌日の夜まで、すぐれた効果が持続。2月1日から新発売

グラクソ・スミスクライン株式会社(本社:東京都渋谷区)は、日本で初めて医療用成分のセチリジン塩酸塩を配合した、一般用医薬品「コンタック(R)鼻炎Z」(こんたっくびえんぜっと)(第1類医薬品*1)を、2月1日から新発売します。

http://www.sankeibiz.jp/business/news/130116/prl1301161509053-n1.htm

4425件中2711-2715件

前へ1....538539540541542543544545546547548....885次へ