Home » トピックス

表示: トピックス健康・医療社会・政治新製品 2020年06月2020年07月2020年08月全て

4424件中2701-2705件

前へ1....536537538539540541542543544545546....885次へ

健康・医療 「モンスターエナジー」飲み5人死亡? 米FDAに報告 (2013-01-07)

アメリカの「カフェインの含有量」は、半端ありません。
この影響が出ているものと、推定されます。
日本では、食品衛生法で、上限が決まっているため、調整されています。
多くて、今まであった、精力剤と同等程度です。


「エナジードリンク」
と呼ばれる栄養ドリンクの一種を飲んだ後に亡くなった人が過去3年間で5人、
米食品医薬品局(FDA)に報告されていることが23日、

米メディアの報道でわかった。このドリンクと死亡との因果関係は不明だという。

死亡者が出ているのは、
米国では「モンスターエナジー」の商品名で販売されている飲料で、
大量のカフェインが含まれている。


昨年12月に不整脈で死亡した14歳の少女は、死亡する前の2日間に続けて、
大きいサイズのモンスターエナジーを飲んでいたという。

日本では
アサヒ飲料が5月から「モンスターエナジー」ブランドの商品を販売している。
「モンスターエナジー」と「モンスターカオス」の2種類で、
いずれも355ミリリットル缶。
アサヒグループホールディングス広報は
「米国で販売しているものより容量が小さい。
中身も日本の法規制にあわせて変えている」と話している。

トピックス 「まるで、ギャオス!?…わかるかな?」 (2013-01-07)

実写は、銀色のボディで、迫力満点。
まるで、昭和の日活の活劇シリーズ「ガメラ」に登場し、ライバルであった、
「ギャオスにそっくり!!」
       ・・・・「深海の神秘を感じずにいられません。」
            「ガメラも、深海人も、いるかもしれない??」


   「世界初・ダイオウイカの深海映像撮影に成功」

海に残された最後のミステリーと言われ、
生態がほとんど分かっていない巨大なイカ「ダイオウイカ」が
深海に生息する様子をNHKとアメリカのディスカバリーチャンネルが、
国立科学博物館の協力を得て、映像で撮影することに世界で初めて成功しました。
専門家は謎に包まれたダイオウイカの生態を探る貴重な映像だと話しています。

取材チームは潜水艇で水深630メートルまで潜り、
暗い海の中でも撮影できるように開発された
超高感度ハイビジョンカメラでダイオウイカの姿をとらえることに成功しました。
撮影されたダイオウイカは最も長い触腕と呼ばれる2本の腕が切れていましたが、
映像には体長3メートルほどあるダイオウイカが、
潜水艇の前に取り付けられた大きさ1メートルの餌のソデイカを
長い腕でがっちりと抱え込んでいる姿が鮮明に映し出されています。
また、大きいものでは直径5センチほどになる腕の吸盤や巨大な目もはっきりと確認できます。

ダイオウイカはイカやタコの仲間では世界最大級で、
最も大きいものは、18メートルあり、
世界各地にある巨大イカ伝説のモデルとされていますが、
深海に生息するため生態はほどんど分かっておらず、
研究者の間では「海に残された最後のミステリー」と言われています。
これまで海上につり上げられた姿を撮影した映像はありますが、
深海に生息する様子を映像でとらえたのは世界で
初めてです。


トピックス 「子供のころに!」 (2013-01-07)


       想像を掻き立てた、あの、イカです。

        児童書では、最高の、スぺクタルでした。

社会・政治 拡散予測が30キロ (2013-01-06)

各原発一律で福島第1事故と同量とされる
77万テラ(テラは1兆)ベクレルの放射性物質が出たケースと、
各原発の出力に応じて放射性物質が放出するより深刻なケースの2通りを予測した。

具体的には10時間の放出を続け、
事故後1週間で被曝(ひばく)量が計100ミリシーベルトに達する範囲を示した。
この量は全住民の緊急避難が必要な水準とされる。

放射性物質の拡散予測が30キロを超えたのは
東電の柏崎刈羽と福島第2、中部電力浜岡、関電大飯の4原発で、
いずれも原子炉が複数あり出力は事故を起こした福島第1より大きい。
柏崎刈羽だと東南東方向に40.2キロ、新潟県魚沼市まで届く。

一方で福島第1事故と同程度とされる放射性物質が出るケースは拡散がやや狭まる。
その範囲は17.7キロ(東北電力女川)~23.8キロ(中電浜岡)で、
いずれも30キロ圏におさまった。

JNESは福島第1事故の際、
実際に1週間の被曝量が計100ミリシーベルトとなったのは20キロ以下だったと推計している。
今回の予測データを福島第1に当てはめると18.7キロになる。
規制委は「あくまで目安だが、今回の試算方法はおおむね妥当だ」とみている。

社会・政治 ヤマネ見つけたニャー 喜多方 (2013-01-05)

飼い猫が捕まえる

10月上旬、
喜多方市関柴町の堀口一彦さん(44)の飼い猫が小動物を口にくわえてきた。

堀口さんの知人で動物の生態に詳しい大学職員によると、
国の天然記念物「ヤマネ」とみられる。
 
堀口さんが飼う3匹の猫はバッタ、チョウ、トンボなどをよく捕まえてくる。
今回、堀口さんは猫から取り上げた際、小動物はショックからか少し衰弱していたという。
堀口さんは小動物の様子を見て、大学職員と相談した上で、22日までに森に放した。
「喜多方の大自然を元気に走り回ってほしい」と願いを込めた。
 

ヤマネは哺乳類で、
ネズミと同じ「げっ歯類」に属し、背中に黒っぽい縦じまがあるのが特徴。
夜行性で生息数も少なく、最近まで環境省の準絶滅危惧種に指定されていた。
 県文化財課によると、県内では平成15年にいわき市で発見されている。

4424件中2701-2705件

前へ1....536537538539540541542543544545546....885次へ