Home » トピックス

表示: トピックス健康・医療社会・政治新製品 2020年06月2020年07月2020年08月全て

4424件中2686-2690件

前へ1....533534535536537538539540541542543....885次へ

トピックス 「3Bというらしい!」 (2013-01-16)

「彼氏にしてはいけない3B」というのがあって・・・・

なんでも、

「美容師 ・ バーテンダー ・ バンドマン」
・・・とのこと。
特に女性相手の 人気商売の男性 ってことかな。

            ・・・・・・・・浮気しやすい?ってことでしょうか?

「私の友人」で、昔、バンドやってて、理容師の免許持っていて、
2年間バーテンダーやっていましたが、結婚を意識し、
センスがあったバーテンダーを、やめてしまい。…現在理容室の店長をしている彼を、
思い出しました。
「32歳!?」・・・・・・彼の苦しみが、わかります。確か彼も、3Bの話していたような!
彼は、結婚を成し遂げれるのか!…今後が、楽しみであり、心配です。

新製品 シリコンバンド (2013-01-15)

ティッシュボックスが入っていない実物を見ると
『これ何んだろう?』と思ってしまう方も多いのではないでしょうか。
ただ、ティッシュボックスをシリコンバンドに入れてはめていただくと・・・
納得のアイデア商品です。


特に車の中では箱ティッシュの置き場に困っている方は多いのではないかと思いますが、
こちらのアイテムをご利用いただければ椅子のヘッドに引掛けてお使い頂けますので、
シートやシートの下に落ちてティッシュの箱を潰すことなく
且つオシャレに見せることも出来ちゃいます。

しっかりと固定されていますので、
ティッシュもシュッシュッと出しやすくお奨めの逸品です♪
使い始めると便利さを実感して頂けますよ?!
サイズ
約W:195×D:15×H:305mm
材質
シリコン樹脂/スチール

カラー ホワイト/ピンク/ブルー/グリーン

トピックス 「アプローチの違いを感じます。」 (2013-01-15)

     「日産とトヨタ」の社風の違い

産自動車はレース車ブランドNISMO(ニスモ)を量販車に広げていく戦略の第1弾として、

小型のスポーツ用多目的車(SUV)ジュークに「ジュークNISMO」を追加し、

2月19日発売する。出力を高めた直噴ターボエンジン、
専用チューニングされた無段変速機などを採用し、
スポーツ仕様車として内装や外観にも特徴を持たせた。

税込み285万750円。

11日に千葉市の幕張メッセで開幕した世界最大級の改造車イベント
「東京オートサロン」で初公開した。


日産は、レースブランドで、売り。トヨタは、オタクに「痛車」を売る。
オタクは、基本外出しませんが、この辺のところどのようにお考えか?
トヨタの人に、聞いてみたいものです。

トピックス 「光学迷彩で。消えるのは、車本体ではなく、後部座席!」 (2013-01-14)

甲殻機動隊では、光学迷彩が、多用され、攻撃にも、防御にも、活躍しました。
また、プレデターでは、プレデターが、全身光学迷彩で、
主人公の、人々が、危機に瀕しました。
まあこれは、空想の世界ですが?

日常では、こういう風に、使うのですね?

光学迷彩で「プリウス」後部座席が透明に! 
 
慶応大学の研究チームが、
後部座席が透明になる「プリウス」の試作車を開発した。
特殊な反射素材に背後の映像を投影する仕組みだ。

バックアップ・センサーも、車の後部に設置するカメラも、
自動的に駐車する車もあるが、
それでもバック運転をしていると車をぶつけてしまう人は出てくる。
そこで慶応大学の研究チームは、車をバックさせると後部座席が透明になる試作車を開発した。

稲見昌彦教授率いる研究チームが開発した「透明プリウス」が、
東京で10月25日から27日まで開催される「デジタルコンテンツEXPO 2012」に展示される予定だ。

この透明プリウスは、
車体後方の背景を投影するカムフラージュ技術を利用している。
この技術「光学迷彩システム」は10年ほど前から存在したものだが、
ようやく製品化に近づき始めている。

透明プリウスのシステムでは、
後方の背景を動画撮影し、
その映像を後部座席に投影することで透明に見せている。
投影面には再帰性反射材で作られた多数のビーズが織り込まれている。
デモ用の車には、運転席のヘッドレストにディスプレイも組み込まれる予定だ。

「運転者は、ガラスの自動車を運転しているように感じる」と稲見教授は述べる。
「SF作家のアーサー・C・クラークは、
十分に発達した科学は魔法と見分けがつかないと述べた。
わたしは、未来の一般の人たちが簡単に使える魔法のような技術を開発したい」

新製品 水陸両用車が来月発売へ 価格は315万円 (2013-01-13)

ニュージーランド生まれの水陸両用車が来月発売へ 価格は315万円


ニュージーランドで生まれた水陸両用4輪バギーが、
来月から米国市場でも販売される。価格は4万ドル(約315万円)前後になるという。

この水陸両用車は、
ニュージーランドのビジネスマン、アラン・ギブス氏(73)が開発したもので、
BMWのバイク用エンジンを搭載し、陸上はタイヤで走行し、
水上はウォータージェットの推進力で進む。
水陸の切り替えは5秒しかかからず陸上でも水上でも時速70キロで進むことが可能だという。

ギブス氏は、来月にまずフロリダ州で販売を開始し、
年内にテキサス州、五大湖周辺地域,ニューヨーク州で、
来年にはカリフォルニア州でも発売を予定。2014年までに世界展開も目指している。

同氏が創業したギブス・スポーツ・アンフィビアンズは、デトロイト郊外に組立工場を持つ。
今回の水陸両用4輪バギーは、
本格的な水陸両用車の販売に向けた足ががりと位置づけており、
最初の1年間で販売台数1000台を目標にしているという。

水陸両用車の大量生産への取り組みは過去にも行われてきたが、
消費者に普及するまでには至っていない。
ドイツで1960年代に作られた水陸両用車アンフィカーは4000台しか
売れなかった。

ソースは
http://jp.reuters.com/article/oddlyEnoughNews/idJPTYE89F02D20121016

4424件中2686-2690件

前へ1....533534535536537538539540541542543....885次へ