Home » トピックス

表示: トピックス健康・医療社会・政治新製品 2020年08月2020年09月2020年10月全て

4450件中2676-2680件

前へ1....531532533534535536537538539540541....890次へ

トピックス NASAの「スーパーグッピー」 (2013-02-03)

米シアトルのダウンタウンでは、上空を飛ぶある飛行機に多くの人が注目していた。
視線の先にあったのは、
NASA(米航空宇宙局)が運用する輸送機「スーパーグッピー」。
およそ、空を飛ぶ代物とは思えない、異様な形をした貨物輸送機だ。

荷物は現役を引退したスペースシャトルの訓練用コックピット。
シアトルの航空博物館に納めるために運ばれてきた。

実物大のスペースシャトルの機首部分に相当する貨物が入るとは驚きの一語に尽きる。

前から見たスタイルは、とても航空機とは思えないが、大物の空輸には欠くことができない強い味方。
1号機は1962年に造られ、NASAではジェミニ、アポロ、スカイラブ計画などに貢献。

最近では国際宇宙ステーションを構成する大きな部品も運んでいる。

シアトルに着いたNASAの「スーパーグッピー」。前から見ると異様さが際立つ=30日
この飛行機、
ボーイング社の輸送機をベースに改造を施して誕生。
そのルーツは日本人にとって複雑な思いも交錯する「B‐29」だという。

健康・医療 錠剤で加齢症状を改善 (2013-02-02)


漢方ベースの、市販薬です。
効能からすると、「八味地黄丸」ベースの薬剤です。


クラシエ薬品が発売する「リエイジEX錠」


クラシエ薬品は、
加齢による様々な症状を改善する飲み薬「リエイジEX錠」を
18日に薬局などで発売する。

8種類の生薬が、水分代謝や血液の流れを促進。
中高年に多い目のかすみや足腰の痛み、しびれやかゆみなどを改善するという。

168錠入りで希望小売価格2380円(税込み)。

健康・医療 「どちらかというとうなぎよりも、アナゴが心配!」 (2013-02-02)

私の好みは、うなぎよりも、アナゴなんですが?
最近、アナゴの、入荷量も、落ちていると言う話を聞きます。
アナゴがないといやですね!
           「究極のアナゴドン」が食べれなくなります。


環境省は1日、

絶滅の恐れのある野生動物を分類した
「レッドリスト」のうち汽水・淡水魚類の改訂版を公表した。

ここ数年不漁続きのニホンウナギが絶滅危惧種に指定された。

レッドリストには法的拘束力はないものの、
養殖業者、うなぎ専門料理店からは
「仮に規制されたら業界が吹っ飛んでしまう」などと不安の声が広がった。

 
昨夏の土用の丑では、
ウナギの幼魚シラスウナギの不漁で、うな丼やうな重の価格が軒並み上昇した。

そんなウナギがレッドリストに指定され、
野生での絶滅の危険性が高い「絶滅危惧1B類」に分類された。
いよいよ幻の食材になってしまいそうだ。

社会・政治 「正統派::石原軍団…大ボスキャラ!!」 (2013-02-01)

    国会に登場!!

         正統派「石原軍団の、兄ボスキャラ」が光ります。


    ご高齢で、老人性白内障のオペをされたそうで、
    手術後、目が、眩しくなることは、よくある出来事です。

    このまま、国会でも、通すようです。・・・・・・・キャラが、一層生えますね!

健康・医療 コーヒーが死亡率を低下? 米研究所が証明  (2013-02-01)

米医学誌「ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディシン」はこのほど、

「1日平均4-5杯のコーヒーを飲む人の 死亡リスクが最も低く1日1杯のみでも死亡率の低下を促す」
とする記事を発表した。
同研究は約40万人の
高齢者を対象に14年間の調査を実施し、健康状態とコーヒーの関係をモニタリングした。
調査期間中、
普段 コーヒーを飲まない人と比べ、コーヒーを飲む人の死亡リスクが低かった。
同研究は、これまで実施されてきた
コーヒーと健康の関係に関する研究のうち、調査範囲が最大のものとなる。国際金融報が伝えた。

コーヒーはこれまで健康的でないとされ、
飲むことが避けられてきた。同研究の結果は大量の実例に基づいており、科学的な見地からコーヒーの「汚名」を雪ぎ、愛好家に対して安心できる根拠を提供した。

米国立癌研究所は、
40万2260人の50-71歳の成人を対象に研究を行った。
追跡調査データによると、調査期間中、コーヒーを飲まない男性と比べ、
毎日コーヒーを1杯飲む男性の死亡率は6%、2-3杯の場合は10%、
4-5杯の場合は12%低下した。
毎日6杯以上飲む男性の場合、死亡率がさらに低下することはなかったが、
依然として死亡率が10%低下した。

コーヒーは男性の死亡リスクを低下させるのみならず、
女性に対しても効果が顕著であった。同研究によるとコーヒーを飲まない女性と比べ、
毎日コーヒーを1杯飲む女性の死亡率は5%、2-3杯の場合は13%
毎日4-5杯の 場合は16%、6杯以上の場合は15%低下した。


同研究について、
米国立癌研究所の流行病を専門とするNeal Freedman氏(コーヒー愛好家)は、
「この研究 結果はコーヒーに対する懸念をある程度取り除いた。
コーヒーを飲んだからといって、将来的に何かの病気に かかることはありえない」と指摘した。

シンガポール国立大学の流行病学者のRob van Dam氏は、
「この研究結果は、コーヒーに含まれる1000種類 以上の物質(カフェインを除く)に、
死亡率の低下に関する成分が含まれていることを証明し、学会に新たな研究 方針を示した」

と語った。
2012年6月18日
http://japanese.china.org.cn/life/txt/2012-06/18/content_25679471.htm

Association of Coffee Drinking with Total and Cause-Specific Mortality
Freedman N.D., Park Y., Abnet C.C., Hollenbeck A.R., Sinha R.
N Engl J Med 2012; 366:1891-1904
http://www.nejm.org/doi/full/10.1056/NEJMoa1112010

関連ニュース
【健康】1日4杯以上のコーヒーでうつ病リスクが20%低減
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/wildplus/1317629619/-100

4450件中2676-2680件

前へ1....531532533534535536537538539540541....890次へ