Home » トピックス

表示: トピックス健康・医療社会・政治新製品 2020年11月2020年12月2021年01月全て

4473件中2656-2660件

前へ1....527528529530531532533534535536537....895次へ

健康・医療 空間除菌ブロッカー(ストラップなし) (2013-02-21)

    「こちらは、使用できます。二酸化塩素!!」

TV・新聞で話題沸騰!
空間除菌ブロッカーがウイルスや花粉をブロック!

《セット内容》 ウイルスブロッカー×10

《使用期間》 未開封:1年、開封済:1ヶ月
《成分》 固形二酸化塩素
《効果》 ウイルス、菌、悪臭を除去
《生産国》 日本

★TBS系「ひるおび」で抗菌商品として紹介され、話題沸騰!

健康・医療 「ウイルス除去剤」でやけど 幼児が重傷  (2013-02-20)




ダイトクコーポレーションが販売した携帯型空間除菌剤「ウイルスプロテクター」

塩素成分でウイルスを除去するとうたった
携帯型の「ウイルスプロテクター」でやけどの被害事例が相次いでいるとして、
消費者庁は18日、「この製品の使用を直ちに中止してほしい」と呼びかけた。


問題の製品は中国で製造されたもので、
「ダイトクコーポレーション」(石川県)が1月25日に販売。
漂白剤などに含まれる次亜塩素酸ナトリウムを含む錠剤の入ったパックを
首からさげて使うことで、ウイルスを除去できるとしている。


ところが、
今月2日に千葉県で幼児が重傷の化学やけどを負い、
ほかにも少なくとも各地で5件、軽傷の被害事例が報告された。


錠剤に汗などの水分を含ませると強酸性になり、
服の上からでも皮膚に強い刺激を与える恐れがあるという。


国内で70万個流通しており、
厚生労働省が近く、同社に自主回収を指導する予定。
消費者庁は
「皮膚が赤くなったらまず洗い流し、早めに皮膚科に受診してほしい」と呼びかけている。

社会・政治 FCRロックオンは露骨な敵対的行為 (2013-02-20)

中国海軍軍艦による海上自衛隊軍艦に対するFCR照射は
今回が初めてというわけではないと考えるのは、海軍関係専門家にとっては常識である。

国際社会の秩序など気にも留めない“無法者海軍”が相変わらず跳ねっ返りの行動をしている、
といった侮蔑の感想を持つ程度の事案である。

もちろん、
それほど関心が高くないとはいえ、CNNをはじめとして事実関係紹介程度の報道はなされている。
ただし、それらの報道はFCR照射そのものよりも
日本と中国が尖閣諸島という無人島を巡って領有権問題をこじらせているいきさつの説明に
重点を置いている。

そして、
中国国防省がFCR照射という事実そのものを否定し、
中国外務省が日本政府を非難する段階に至ると、
FCR照射自体よりも日中政府間の軋轢に対しての関心が高まっているといった状況である。
あとは、日本政府が公表すると言っているFCR照射の証拠によって、
日本政府と中国政府のどちらの言い分に信憑性があるのか?
 に関して若干議論が高まるものと思われる。

FCRロックオンは露骨な敵対的行為

アメリカ海軍専門家たちは今回の中国フリゲートによるFCR照射
それ自体にはそれほど強い関心を抱いていない。
とはいっても、
FCR照射そしてロックオンという行為自体を危険な行為ではないと考えているわけではない。

FCR照射を大ざっぱにまとめると
まず第1段階として攻撃目標(敵の艦艇・船舶)の詳細な位置情報を確定するために
ナロービームを目標に向けて照射しロックオンする。

引き続き、ロックオンした目標にミサイルや砲弾などを命中させるために
目標を捕捉しておくためにレーダーを照射し続ける。

そして、射撃命令によりミサイルや艦砲を発射する。
今回の中国海軍フリゲートによるFCR照射事案は、
第1段階のナロービームによるロックオンであり、
いまだにミサイルや艦砲発射段階ではなく危険とは言えないものの、
ミサイルの発射ボタンを押せば、
自衛隊「ゆうだち」めがけてミサイルが発射されるのである
(もっとも「連雲港」と「ゆうだち」は3キロメートルしか離れていなかったため、
ミサイル攻撃は考えられないのであるが)。


攻撃兵器発射の一歩手前の手順を実行したこのような行動は、
極めて露骨に敵対意思を示す行為と見なせる。

健康・医療 渋柿の搾り汁、ノロウイルス撃退 (2013-02-19)


 広島大が確認

【南宏美】
渋柿を搾った汁からつくった「柿渋」に、
ノロウイルスやインフルエンザウイルスといった
幅広い種類のウイルスをやっつける力があることを、
広島大の坂口剛正教授(ウイルス学)らのチームが確認した。

家庭での感染予防策にいかせるかもしれない。米科学誌プロスワンで報告した。

トピックス 「今季:一押しのドラマ!!」 (2013-02-19)

  「脚本が素晴らしい!・・・・とりわけ最後の役者の一言が?
           ・・・・次回の展開を、観ずにいられなくさせる!!」


   というドラマが、「最高の離婚」というドラマなんですが?
   大人げないですが!…結構はまっています。

  また、最後のエンディングが「桑田さんの曲なのですが?
  最近になって、毎回変わっているのに気付きました。・・・・今まで5パターン??

 そして、満を持して、ドラマ後半は、「お茶らけの、桑田さんが、共演!?」
          ・・・・・・・となるそうです!!


毎週木曜夜10時から放送中のフジテレビ系木曜劇場『最高の離婚』。
毎回妖艶に変化していくこのドラマの
エンディングに主題歌「Yin Yang(イヤン)」を担当している
桑田佳祐本人が参加することが決定した。


撮影は2月某日、
都内スタジオにて行なわれた。
万全の体制で撮影するため総勢100名を超えるスタッフが集まったスタジオには、
まず、瑛太、尾野真千子、真木よう子、綾野剛の4人が、
男性陣は黒のタキシード、
女性陣は青のイブニングドレスに身を包み登場した。

実はこの4人、子供の頃からの大の桑田佳祐ファン。
そんな対面を前に緊張と興奮が隠せない4人のもとに、
桑田佳祐が白のスーツに身を包み颯爽と登場した。

桑田参加のシーンは、
4人の夢の世界へ突然、桑田佳祐が乱入する、というもの。
男性陣とは少々格闘(?)し、女性陣とはかなりの絡みあり……。
このエンディング映像は、
ドラマ後半から流れる予定だが、そのオンエア日程はまだ明らかになっていない。

そもそも今回のコラボ。
2012年末に“桑田組”スタッフの演出でエンディング映像を撮影したときから、
ドラマ制作サイドは桑田本人の出演をオファーしていた。
一方、
放送を見てすっかり『最高の離婚』のファンになった桑田は、
満を持してこのオファーを快諾したのだった。

4473件中2656-2660件

前へ1....527528529530531532533534535536537....895次へ