Home » トピックス

表示: トピックス健康・医療社会・政治新製品 2021年04月2021年05月2021年06月全て

4579件中2646-2650件

前へ1....525526527528529530531532533534535....916次へ

健康・医療 「自己救命策 3つの基本 」 (2013-04-11)


1) ライフジャケットの常時着用! そして浮力の確保!


万が一、海中に転落した場合、まずは海に浮いていることが大切です。
浮かんでいれば、救助の手が差しのべられます。
このためにも、
磯場や防波堤、船上の釣りでも常時ライフジャケットを着用さえしていれば、
浮かんでいることは確保されますので、
「もしも...」に備え釣り人の皆さんはライフジャケット着用を合言葉にしましょう。



2) 携帯電話等の連絡手段の確保! 速やかな救助要請!


もし万が一、海中転落した場合、速やかに救助要請することが大事です。
そのためには、
適切な連絡手段が必要であり、
耐水タイプの携帯電話や防水パックに入れた携帯電話の携行が必要です。
「もしも...」に備え釣り人の皆さんは海中転落しても電話ができるように備えましょう。



3) 緊急通報“118番”の活用! 海での「もしも...」は118番通報


「もしも...」のときは、海上保安庁へ“118番”に通報しましょう。
この“118番”は海上保安庁への緊急通報用電話番号です。
「もしも...」に備え釣り人の皆さんは緊急時の通報として強く記憶しておきましょう。


社会・政治 「韓国の記者!」 (2013-04-10)


他力本願な、記事です。
韓国は、見てるだけ!…ということで、日本が、迎撃することも、ないでしょう!


しかし、素朴な疑問ですが?
        「北朝鮮は、自国のミサイルが、軌道どうりに投入できたか?
        それとも、他国のミサイルで、迎撃されたかを、確認できるのでしょうか?」
        日米も、迎撃して、知らんふりしたり、報道捜査したりすれば?       
        北朝鮮の反応は、どうなるのでしょう?」


北朝鮮が中距離弾道ミサイル「ムスダン」を10日にも発射する可能性が高まる中、
日本と米国が迎撃を行う可能性に注目が集まっている。


ムスダン・ミサイルの最大射程は3000-4000キロで、
グアムまで射程に含まれるため、最大射程で発射された場合には日本列島を飛び越えることになる。その場合、
北朝鮮のミサイルに対する迎撃命令を下した日本が、
実際に海上でミサイルを迎撃する可能性がある、というのが専門家の評価だ。


日本が東海(日本海)に展開させた2隻のイージス艦はSM3迎撃ミサイルを積んでおり、
SM3は最大高度150-500キロで弾道ミサイルを迎撃できる。
韓国軍の消息筋は
「ムスダンが最大高度300-400キロに達する前に、
日本のイージス艦のSM3ミサイルが迎撃することは、技術的には不可能ではない」と語った。



とはいえ、
ムスダンが日本列島を飛び越えたとしても、
日本の領空(高度100キロ前後)よりはるかに高いところを飛んでいくため、
北朝鮮のミサイルが誤って日本列島に落ちない限り、実際に迎撃を行う可能性は低い、
という分析もある。



SM3ミサイルが発射されても、迎撃に成功するかどうかは未知数だ。
米国国防総省は2001年以降、
SM3ミサイルを用いた迎撃実験を30回実施し、24回成功した。
成功率は80%だが、おとりの弾頭を識別する問題など、越えるべき山はまだ残っているという。



北朝鮮のミサイルがグアムを狙っているとすれば、米国も迎撃に乗り出す可能性がある。
米国は、高度150キロでミサイルを迎撃できるミサイル防衛(MD)システムを
数週間以内にグアムに展開すると表明したが、まだ配備していない。
このため、
米国が実際に迎撃に乗り出すとすれば、
日本のようにイージス艦に積んだSM3ミサイルを使用するとみられる。
韓国政府の消息筋は
「北朝鮮が実際にグアムの近くに落ちるようミサイルを撃ったら、
本当に戦争挑発行為と見なされかねないため、
そんなことをする可能性は低いのではないか」と語った。

社会・政治 「米軍の無人偵察機グローバルホーク日本配備」 (2013-04-10)

【アメリカ軍事】米、無人偵察機の日本配備検討 北朝鮮への監視強化[04/06]


日米両政府が核・ミサイル開発を進める北朝鮮への監視活動を強化するため、
米軍の最新鋭無人偵察機グローバルホークの
在日米軍基地への配備を検討していることが6日、分かった。

米空軍三沢基地(青森県三沢市)などが候補に挙がっている。
日米関係筋が明らかにした。

米軍は現在、
グアムのアンダーセン空軍基地にグローバルホーク3機を配備。
西太平洋での中国海軍の動向監視などに活用しているが、
関係筋は
「対北朝鮮という意味ではグアムは遠い。
日本に拠点を置けば、より頻繁な偵察が可能になる」と指摘した。
(共同)



東京新聞: 2013年4月6日 10時12分
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2013040601001163.html

社会・政治 ミサイルが通過もしくは、着弾するのは、数十分程度 (2013-04-09)

そりゃ!「会議している暇」ないですね!!
今回も韓国・アメリカからの発表のほうが早いのでしょうか?
自衛隊もつかんでも、途中で、止まっていたみたいですし。


それにしても、
北朝鮮の今の状況は、第2次世界大戦に踏み切った閉鎖・日本国と同じ状況です。
いやな雰囲気!・…昔は、タイマンの、ドンパチですが?
今では、ミサイル・…と核爆弾!・・・・・それも、どこに飛ぶかはわからない!
                      ・・・・・・・「弾着精度が、不明!」


他国の領土に弾着したら、北朝鮮としては大成功!・…きっとその後のこと!
ジョンイルは、きっと考えていない!・・・「一番効率がよいのは、暗殺です!」
・・・・・・・・アメリカは、シールズ導入してビンラディン氏暗殺したばかりです。




今回の命令で、
日本海に展開しているイージス艦は米軍の衛星情報も活用した
ミサイル防衛システムによる迎撃が可能になる。
地対空誘導弾パトリオット3(PAC3)の国内配備先の選定も進める。

異例なのは、
安全保障会議を開かず
、破壊措置命令を公表しない点だ。
こうした手続きは法律上の義務ではないが、
過去3回の命令の際にはいずれも行われ、ミサイル防衛の手続きの透明性を担保した。

社会・政治 「民主の防災相の人選・・・・・民主のいい加減さがよくわかります。」 (2013-04-09)

「前防災相に対するコメントが、また、いい加減。」


平野氏・・・・・・・・・「松本氏、あの一言でやめたのは残念」

復興相に内定した平野達男内閣府副大臣は5日夕、記者団に

「自分なりにこれから何をやらなければならないか見えている」とし、
「一日も早く復興に取り組めるような環境づくりを急ぎたい」と述べた。

また、
辞任した松本龍前復興相については、

「これまでの姿勢をみており、あの一言だけでやめたのは残念だ」と語った。

4579件中2646-2650件

前へ1....525526527528529530531532533534535....916次へ