Home » トピックス

表示: トピックス健康・医療社会・政治新製品 2020年06月2020年07月2020年08月全て

4424件中2646-2650件

前へ1....525526527528529530531532533534535....885次へ

トピックス ガソリンスタンド2千店超が閉店…消防法改正で[13/01/31] (2013-02-03)


斜陽産業ということでしょうか?
 エネルギー革命といえば、かっこいいですが?
 田舎で、ガソリンスタンドが、どんどん消え行ってます。
 車の燃費性能が上がったことも、原因の一つですが!
 田舎では、まだ、普通の車が、現役です??


2012年度中に閉店するガソリンスタンド(GS)が
2000店を突破する見通しであることが、
全国石油商業組合連合会(全石連)の試算で明らかになった。


11年度(1034店)の2倍の水準で過去最多となる見込みだ。
11年2月に施行された改正消防法で、GSの地下タンクの設置年数に応じ、
油漏れ防止装置(1か所あたり500万円程度)などを1月末までに設置することが
義務づけられているほか、エコカーの普及で給油が減っていることも閉店する店舗が
増えている背景にあるとみられる。


全石連によると、<strong>改正消防法で改修の対象となるGSは全国で約7000店舗。
経済産業省が2年間の移行期間に必要費用の3分の2を補助する制度を設けて
いるが、制度を利用するのは約5000店にとどまる。
過当競争などで廃業する業者も含めれば、閉店は2000店を上回る見通しだ。

ソースは
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20130130-OYT1T01649.htm?from=main5
全国石油商業組合連合会 http://www.zensekiren.or.jp/
関連スレは
【エネルギー】ガソリンスタンド、迫る2月危機 油漏れ対策、改修費重く[12/12/31]
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1356994168/l50


健康・医療 アレグラ…アレルギーのチャンピオン? (2013-02-03)

この「アレグラ」(フェキソフェナジン塩酸塩)は、
医療用と全く同じ成分量60mg。
認められている効能効果は、鼻のアレルギー症状だけだけれども、
まぁ、OTCで買い求められるのはほとんどがその症状だから、問題ないだろう。

1日2回服用しなければならないのは、アレジオンよりもマイナスだけれども、
眠気の少なさは、アレジオンよりもさらに上だと思う。

.

また、「インペアードパフォーマンス」も起こしにくいと言われている。
「インペアードパフォーマンス」というのは、意識されない能力低下のこと。
「眠気がない」といってもいろいろあって、確かに眠気はなくっても、
「集中力の低下」や「判断力の低下」などは、この系統の薬ではあり得る。
アレグラは、そこまで含めても副作用をおこしにくい、と言っている。

 これは、特に受験生なんかには重要になってくるだろう。
いくら「眠くならない」とはいっても、集中力が低下してしまっては困るし。

特筆すべきは、その値段。これにはたまげた。

14錠で税込1380円。
28錠で税込1980円。

ちなみに、アレジオン10は・・・6錠で1280円。
明らかにアレジオンより安い。

 アレグラ60mgの医療用での薬価は75.6円/錠
28錠で購入すると、なんと医療用の薬価よりも安くなってしまう。
今まで、こんな例はおそらくないんじゃないかな?

「いや、それでも健康保険の3割負担ならどうか?」と思うけど、
恐ろしいことに28錠購入であれば、
医師にかかっての3割負担よりOTCで購入する方が安い。
(さすがに、56錠とかなると、医師にかかる方が安いが。)

.

つーか、薬価より安いってどういうことだよ?
普通に考えて、仕入れ値は小売価格よりもさらに安い訳で。

健康・医療 ”自己注射薬、迷ったら打て…アレルギー女児死亡” (2013-02-03)

         当クリニックにも、大人用がありますよ!

エピペン、迷ったら打て…食物アレルギー事故は、どこの学校で起きてもおかしくない


東京都調布市の小学校で昨年12月20日、
チーズにアレルギーのある5年生の女児(11)が給食の後に亡くなった。

チーズ入り料理を食べたことによる「アナフィラキシーショック」の可能性が高い。
この学校では9月にも、1年生の男児が給食後に救急搬送されていた。
子供の命を救うことはできなかったのか。
市教育委員会の調査結果から、問題点を検証する。


◆専用献立表

「余っているよ、食べる人いない?」。
5年生担任の男性教諭(29)はその日、
給食時間の後半、 チーズ入り「じゃがいものチヂミ」を持って教室内を回った。
「ほしい」と声をかけたのが、その女児だった。

◆迷ったら

女児は給食終了から30分とたたない清掃時間中に、体調不良を訴えた。
担任は女児のランドセルから、
アナフィラキシーショックを抑える自己注射薬(商品名・エピペン)を取り出し、
「これ打つのか」と尋ねたが、
女児が「違う、打たないで」と答えたので、注射をやめた。
女児はアレルギー原因食材を食べたことに気付いていなかったようだ。

その後、養護教諭が駆け付けて救急車を要請。
女児は立てない状態で、約10分後に校長がエピペンを打ったが、
まもなく到着した救急隊員から「心肺停止」を告げられた。


食物アレルギーに詳しい昭和大医学部の今井孝成講師はエピペンについて、
「呼吸困難などの重い症状が出たら迅速に注射すべきだ。
副作用は小さいので、迷ったら打て、と言いたい」と指摘。
今井講師は
「児童100人に2人程度の割合で食物アレルギー患者がおり、
どこの学校で事故が起きてもおかしくない」と注意を呼びかけている。


画像
女児用の給食(手前)は、名前付きの蓋を付け、他の児童用(奥)とトレーや食器の色を変えて区別した上で、調理員が直接手渡していた
http://www.yomiuri.co.jp/photo/20130126-045098-1-L.jpg

トピックス 「正面像」 (2013-02-03)

      スーパーグッピーの正面像の異様な姿。

トピックス NASAの「スーパーグッピー」 (2013-02-03)

米シアトルのダウンタウンでは、上空を飛ぶある飛行機に多くの人が注目していた。
視線の先にあったのは、
NASA(米航空宇宙局)が運用する輸送機「スーパーグッピー」。
およそ、空を飛ぶ代物とは思えない、異様な形をした貨物輸送機だ。

荷物は現役を引退したスペースシャトルの訓練用コックピット。
シアトルの航空博物館に納めるために運ばれてきた。

実物大のスペースシャトルの機首部分に相当する貨物が入るとは驚きの一語に尽きる。

前から見たスタイルは、とても航空機とは思えないが、大物の空輸には欠くことができない強い味方。
1号機は1962年に造られ、NASAではジェミニ、アポロ、スカイラブ計画などに貢献。

最近では国際宇宙ステーションを構成する大きな部品も運んでいる。

シアトルに着いたNASAの「スーパーグッピー」。前から見ると異様さが際立つ=30日
この飛行機、
ボーイング社の輸送機をベースに改造を施して誕生。
そのルーツは日本人にとって複雑な思いも交錯する「B‐29」だという。

4424件中2646-2650件

前へ1....525526527528529530531532533534535....885次へ