Home » トピックス

表示: トピックス健康・医療社会・政治新製品 2020年06月2020年07月2020年08月全て

4426件中2506-2510件

前へ1....497498499500501502503504505506507....886次へ

トピックス 「またまた、パナソニックの暴走!」 (2013-04-06)


「アラサーエアコン!の次は。
今度は、顔認識して、お好みの放送をテレビ自身が選択するそうです。
もちろん、スマホのように、リモコンと話しできます!!・・・・・「キリッ!」


【テレビ】
パナソニックの新型テレビ、顔を識別して、
その人の好みに合わせた番組や情報を表示 [13/04/03]

パナソニックは2日、
使う人の声や顔を識別して、個別のサービスを提供するテレビの新商品を発表した。

パナソニックが発表したプラズマと液晶の新型テレビは、
専用のリモコンに話しかけることで、
チャンネル操作や録画予約、インターネットの検索などができる。


また、
内蔵されたカメラでテレビの前にいる人を見分けて、
その人の好みに合わせたテレビ番組や、
天気予報、占いなどの情報を表示させる機能もある。


この他、
プラズマテレビでは、
スマートフォンで撮影した画像やテレビから取り込んだ画像を画面に表示し、
電子タッチペンで直接絵や文字を書き込むことができ、
家庭内での伝言板としても活用できるという。

スマートビエラは、大きさが42型から65型まであり、
市場想定価格は20万円から60万円で、今月下旬に発売する予定。

ソース:日テレNEWS24
http://www.news24.jp/articles/2013/04/02/06225968.html


トピックス 「まさしく陰と陽・低気圧と高気圧の衝突です。」 (2013-04-05)


  太極拳

  壮大な力の放出

健康・医療 「週末は、爆弾低気圧!」 (2013-04-05)

天気図を見ますと
まるで、「太極拳奥義」のようです。

北から、寒い高気圧と、
南からの低気圧が、・…日本海周辺で、竜巻のように、ぶつかり集合体をなす感じ。

完全な合体技で、・・・・・この前の「爆弾低気圧と同じ感じです。」

この前は、馬鹿にして、お昼を食べに行った帰りに、全身雨まみれになりました。
瞬間50ミリ前後の雨と、風……馬鹿にはできません。皆様もご注意を!


日本気象協会は4日、
週末に日本海付近で低気圧が急速に発達し、
6~8日は全国的に大荒れの天気になるとの予想を発表した。
昨年4月に各地を襲った
「爆弾低気圧」に匹敵する猛烈な風雨に加え、落雷や竜巻の恐れもあるといい
同協会や気象庁が注意を呼びかけている。

低気圧は、
北からの寒気と南からの暖気がぶつかった温度差から生まれる上昇気流で発達する。
今回はそれぞれの勢力が非常に強く、
寒気に乗り上げた暖気が上昇する勢いが強くなる見込み。


気象庁の予想では、
6日朝に992ヘクトパスカルの中心気圧が、
7日朝には972ヘクトパスカルまで発達するとされる。

社会・政治 【米国】 「中国製品排除なら承認」 米政府、ソフトバンクの携帯大手買収で要求 (2013-04-05)


これって「完全な保護貿易」ですよね!

米紙ウォールストリート・ジャーナルは28日、
ソフトバンクによる米携帯電話大手スプリント・ネクステルの買収を審査する米政府が、
承認条件として、
中国企業を念頭に海外製の通信機器の購入監視を要求していると報じた。

安全保障上の懸念などにより、
米国の通信インフラの中核から中国企業を排除するのが狙いとみられる。


同紙によると、
米政府は、ソフトバンクとスプリントが通信網を整備するための機器を外部から購入する際は、
当局への通告を義務づけるとともに、
安全保障上の懸念があるとされた場合は当局に協力することを求めているもようだ。


国際的な通商ルールへの抵触を避けるため、
米政府は懸念対象となる具体的な国や企業の名指しこそ避けている。
ただ、
中国通信機器大手の中興通訊(ZTE)や華為技術などを念頭においているとされる。

華為技術の広報担当者は同紙に対し、
「そのような方針がもし採用されれば、市場をゆがめる政治的行為に映る」と非難している。

米国では、
中国のサイバー攻撃による大規模な混乱や民間企業の情報流出への懸念が強まっており、
オバマ大統領もインフラ保護に国家を挙げた取り組みが必要との見方を示している。

スプリントを買収するソフトバンクに対しても、
外国企業が米通信インフラへ影響力を強めることを警戒する声が米国内で台頭。
投資ファンドなどの一部株主が買収を阻止しようとする動きもみせている。

http://sankei.jp.msn.com/science/news/130329/scn13032911100000-n1.htm

社会・政治 韓国、米軍戦力B52・B2・F22で北朝鮮との心理戦圧倒 (2013-04-04)

2013年04月02日10時02分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]comment4hatena0.


「空を飛ぶ要塞(B52)」が韓国に核の傘を開き、
「空の幽霊(B2)」が北朝鮮の指揮部を猛爆すれば、
「猛禽類(F22)」が掃討するように北朝鮮の残りの戦闘機を処理する。
先月8日以降に韓米連合訓練に投入された米軍戦力が持つ意味は鮮明だ。


米空軍の最先端F22戦闘機が先月31日、
烏山空軍基地に到着し、1日に韓米トクスリ(FE)連合訓練に参加したことで、
北朝鮮の挑発に対応する空中戦の形が事実上完成した。
陸上の局地戦や地上戦または海上衝突が起きる前に、
高空から北朝鮮の挑発の意志を挫くということだ。

北朝鮮の核戦争挑発に対する米軍の対応は、準備されたように段階的に進められた。
先月7日に国連安保理が北朝鮮の3度目の核実験に対する制裁決議案を通過させた後、
北朝鮮は不可侵合意の全面破棄(3月8日)、
板門店(パンムンジョム)直通電話の遮断(3月11日)、
北朝鮮軍最高司令部の戦闘勤務態勢突入指示(3月26日)などの措置を取り、
緊張を高めてきた。

すると、
米軍は北朝鮮の核戦争挑発が始まった8日から19、25日と計3回、
核爆弾投下が可能なB52戦略爆撃機を韓半島上空に飛ばした。
「空を飛ぶ要塞」と呼ばれるB52出撃に刺激された金正恩(キム・ジョンウン)が22日以降、
部隊視察と訓練参観に出ると、
米空軍はまたB2爆撃機を米中部ミズーリ州のホワイトマン空軍基地から発進させた。
ステルス機能を持つ「空の幽霊」B2爆撃機2機が28日、
米国から6500マイル(1万460キロ)飛行し、
群山沖のジク島に訓練弾を投下して復帰した。

4426件中2506-2510件

前へ1....497498499500501502503504505506507....886次へ