Home » トピックス

表示: トピックス健康・医療社会・政治新製品 2021年10月2021年11月2021年12月全て

4671件中2491-2495件

前へ1....494495496497498499500501502503504....935次へ

社会・政治 「昨日の事故!」 (2013-07-27)


家族3人が亡くなっています。
事故の、状況は、生存している奥さんだけで、御本人は、「故障?と言っていますが?」
レンタカーで、3車線の中央で、停車し、運転を代わろうとしていた??そうです?

それ自体、危険行為ですし、追突した運送会社のトラックも、「不運」です。

はっきりとした、「事故の究明が必要」です。
しかし、追突された、車の状況は、異常です。・・・・小さな車の、宿命でしょうか?



喜和さんは
「家族で三重県に行く途中で、車が故障した」と話しており、県警高速隊が事故原因を調べている。

高速隊は、大型トラックを運転していた京都市右京区京北柏原町、
トラック運転手尾呂富士男容疑者(54)を自動車運転過失傷害の疑いで現行犯逮捕。
同致死容疑に切り替えて調べる。
「目の前に走っていた別の車が左に避け、いきなり停車している車が現れた」と供述している。
県警は、大阪市鶴見区の運送会社「クレベ運送」を家宅捜索し、尾呂容疑者の勤務状況も調べる。

現場は名港中央インターチェンジ(IC)から西1・5キロで、
名古屋港に架かる名港西大橋(長さ758メートル)の上。
3車線の中央車線で、乗用車は停車中だった。
トラックに追突されて乗用車の後部は大破。
子ども2人は後部座席のチャイルドシートに乗っていた。

高速隊によると、
乗用車は現場で停車した後、
喜和さんから山口さんに運転を交代し、出発しようとしたところだった。
一家は昨夜、
三重県紀北町にある山口さんの実家に帰省するため、東京を出発。
乗用車はレンタカーだった。

この事故で、伊勢湾岸道は名港中央―飛島IC間2キロが2時間半にわたり通行止めになった。

健康・医療 「自主回収が、遅かった?」 (2013-07-26)


問題は、
2008年発売!
2011年、症例初報告
2015年7月自主回収!というタイムラグです!!



問題になっているのは、美白有効成分の「ロドデノール」を含む同社の美白化粧品。
自主回収を発表した今月4日時点で、被害者数は39人だった。
その後、肌がまだらに白くなる「白斑(はくはん)」や、その不安を訴える相談が急増し、
19日時点で6808人に上った。

このうち、
「白斑が3カ所以上ある」
「5センチ以上の白斑がある」
「顔に明らかな白斑がある」のいずれかに当てはまる重症の人は、2250人に上る。

夏坂真澄社長は23日の記者会見で、
「発症したすべての方におわびしたい。
これほどの数字になって驚いている。重く責任を受け止めている」と陳謝した。

新製品 ザ・ビートル カブリオレ (2013-07-26)


ザ・ビートル カブリオレの日本仕様は、
いまのところ1.2リッターSOHCターボのみ。

この点では、
屋根アリのクーペ(クーペ、と称しているのですね)と同じだ。
ところが、屋根の有無の違いのほかに、もうひとつ大きな違いがある。
クーペのリアサスペンションがトーションビームであるのに対して、
ナシは4リンクがおごってあるのだ。

255万円からと、381万円から、という価格戦略から生まれた違いであろう。

こちとら江戸っ子でぇ、乗り心地なんざ、ゴツゴツしているほど気持ちがいい、
という考え方ももちろんある。
それはそれとして、
同じ215/60R16サイズのタイヤなのに、
記憶の中のクーペよりカブリオレのほうがフラットで快適で、天下太平であることは間違いない。
屋根の開閉機構とボディーの補強などで100kg重くなっていることも、
むろん貢献しているだろう。

幌は完全全自動、
スイッチひとつで開閉できる。
その間、たった10秒前後。開けるだけなら9秒5!
100メートル走9秒58の世界記録を持つ人類最速の男ウサイン・ボルトよりも速い。

しかも、ザ・ビートル カブリオレは50Km/hまでなら、走りながらでも屋根を開閉できる。

なので、
幌の開閉が実に気軽に気楽にできる。
信号待ちで開けようが閉じようが、だって青になったら、そのまま走りだせばいい。
写真では幌カバーをつけているけれど、
実用では絶対につけるべからず。このクルマの異能を封じることになるからだ。

社会・政治 「相変わらずの、くそ申請!!」 (2013-07-25)


「(行政機関の評価を)反映するつもりがあるのかないのか。
会合の時間を無駄にしてはいけない」。

規制委の担当者は、関電側の姿勢にいらだちを隠さなかった。

高浜3、4号機では、津波の高さの想定について、
福井県は3・7メートルを超えるとしているのに対し、
関電は最大で2・6メートルと申請している。

初回の審査会合で、規制委側はこの点を問題視。
この日も規制委側は、
津波想定の前提となる沖合の活断層の長さを、県が90キロ・メートルと評価しているのに、
関電は38キロ・メートルとしている点を追及し、県と同様の想定をするよう改めて求めた。

関電は
「決して県の評価を考慮していないわけではない。
今後、その点を説明していきたい」とし、申請内容の修正について明言しなかった。

規制委側は関電大飯原発3、4号機(同県)に対し、
敷地内の破砕帯(断層)の調査が続いている点を理由に、審査に入らないことを伝えた。

関電側は「調査は最大限努力している。
今後もできるだけ早く対応する」と応じた。
規制委は27~28日に専門家チームを派遣して3度目となる現地調査を行い、
破砕帯が活断層かどうかの判断を急ぐ。

北海道電力泊原発1、2号機では、重大事故対策で
「構造が違う3号機のデータを流用している。明らかに準備不足」と批判し、

「審査を保留する」と述べた。

申請の遅れた九州電力玄海原発3、4号機(佐賀県)については、
九電がこの日の会合で申請内容を説明。25日の次回会合で規制委側が課題点を指摘する見通し。

健康・医療 「ここでもねつ造」 (2013-07-25)


  一体、何を信じたらよいのか?
  東大の分子生物学の権威?でも、・・・・・「ねつ造を大量増産!」

  きっと。これで、「博士論文!」執った医師もいるでしょう!

やったことは初歩的な画像の操作!
          ・・・・「パソコンの、フォトショップで、チャッチャと、編集したら終了」
              レベルの画像処理で、小学生でもできます。」

    いろんな細胞に、遺伝子的操作をして、その細胞を、大量増殖させ、
    その細胞が、特異的な、たんぱく質を多量に作っているかどうかを調べるウィスタンブロッド
    出てくるデーターは、質量の差が出て、その濃度が、強いか弱いかを見極めるだけ。
    ない場所に違うデーターを入れ込んで、編集したら、結果は、自由に操作できる。

 この、染色されたラインに、研究者は、一喜一憂するわけですが??
 実際、やっている本人は、教授ではありませんから、下の者が、故意にねつ造すれば?
 生の結果見なければ、わかりません。・・・・でも、あまりに都合よくデーターが出れば、
 教授には、わかるはずです。
 はじめは、ちっと薄く出ているから、ここを、強調しろとかなんとか言っているうちに、
 完全に別の画像張り付けた??・・・・みたいな事も??

                     結果:::「¥20億円なり!!」

【瀬川茂子】
東京大学の調査委員会が、
分子細胞生物学研究所の加藤茂明元教授(54)のグループの論文について、
改ざんや捏造(ねつぞう)、もしくはその疑いがあると認定し、
計43本は撤回が妥当と判断していることがわかった。

ほとんどが、実験結果の証拠にもなりうる画像の不正だった。
加藤元教授は撤回に応じるという。これだけ多くの論文が改ざん・捏造とされたのはきわめて異例だ。


加藤元教授は国内を代表する分子生物学者で、有名雑誌に多数の論文を発表してきた。

数々の研究プロジェクトも進め、
一連の研究には20億円以上の公的研究費が投じられている。

改ざんなどが指摘された論文には20人以上の研究者が関わっており、
こうした論文で得た博士号などの学位が取り消される可能性もある。

4671件中2491-2495件

前へ1....494495496497498499500501502503504....935次へ