Home » トピックス

表示: トピックス健康・医療社会・政治新製品 2020年06月2020年07月2020年08月全て

4425件中2481-2485件

前へ1....492493494495496497498499500501502....885次へ

トピックス 「手塚プロダクション 最近マスコミに出てきています!」 (2013-04-15)

マスコミに露出するアトムが最近多くなっていると思いませんか?

原因は、福島原発にありました。
そろそろ落ち着いてきたということで、「手塚治作品」版権を持つプロダクッションが、
全面の出てきたのでしょう。
薬品会社でも、キャラクターを使っていまして、「ジャングル大帝レオ」の、ボールペンが、
1本「1300円」まで、プレミアムが付いています。・・…すごいオタクがいるもんだ!
マスコミも取り上げていますが、この記事は、おかしいと思いませんか?




【武田肇】「鉄腕アトム」が7日、

満10歳になった。宝塚市立手塚治虫記念館(兵庫県)に
往年のファンが子や孫と集い、誕生日を祝った。

「原発推進に一役買った」と一部で批判のあがる昨今だが、
作者の遺族は、「的外れ」と反論している。


宝塚市は、大阪生まれの作者が5歳から約20年間過ごした町。

記念館では、ファン約30人がアトムの顔の革細工作りを楽しんだ。

「やさしくて力持ちのアトムと、お友だちになりたい」。
作者の母校で、
玄関前にアトム像が立つ大阪教育大付属池田小3年、
富安美音さん(8)=兵庫県川西市=は声を弾ませた。
横浜市から来た、
アニメ放映当初からのファンという下条恒人さん(60)は
「愛らしい姿に、勧善懲悪に終わらないストーリーが、幅広く愛される理由では」。

漫画の舞台は21世紀。

アトムは、
「2003年4月7日、東京・高田馬場生まれ」だ。
エネルギーは原子力との設定だったため、福島第一原発の事故直後、
インターネットで「原発推進に楽観的なイメージを広げた」と批判された。

                             「 ………知らんかった?!」

トピックス 「監視機能満載」 (2013-04-15)


【スマホ】ニューズウィーク「サムスン『ギャラクシーS4』、

「画面を睨まないと動画停止など下らなくウザい監視機能満載」[04/02]

サムスン電子は先ごろ、
アンドロイドOS搭載の新型スマートフォン「ギャラクシーS4」を発表した。
鳴り物入りで披露しただけあって、ハードウエアはかなりのものだ。

5型の画面にはフルHD有機ELディスプレイを採用。
1300万画素のカメラと大容量バッテリーを搭載する。
だが、サムスンが提案するこの高性能端末の目新しい使い方はというと──
ひいき目に見ても過剰サービス。厳しい言い方をすれば「うんざり」だ。

ソフトウエアの目玉は、ユーザーを常に監視する印象的な(だが少々イラつく)機能だ。
まず「Sヘルス」は、ユーザーの一挙手一投足をモニターして、心拍数や血糖値を計測する。


サムスンの言うもう1つの「イノベーション(革新)」は、
眼球の動きに合わせて動作するメカニズム。
「スマート・ポーズ」は、ユーザーが画面から目を離すと自動的に動画の再生を一時停止する。
一見スグレモノだが、実際はくだらない上に相当煩わしい。
ちょっとでも目をそらすと、動画は自動的にストップ。
必死で画面をにらまないと、動画は再び動きださない。

一方、
「スマート・スクロール」はユーザーが画面を見る角度を記憶して、
端末を傾けると文字情報の画面が自動的にスクロールする機能。
これも煩わしいが、まだ我慢はできる。

3番目の売りものは
「エア・ビュー」と「エア・ジェスチャー」。
要するに画面にタッチしなくても、指をかざすだけで一部の操作ができる機能だが、
具体的にどんなメリットがあるのかよく分からない。

結局、
この手の「スマート」や「エア」を組み合わせて何がしたかったのか。


ギャラクシーS4は、
ユーザーのやりたいことを本人以上によく分かっていると主張する携帯電話だ。
時にはユーザーにその気がなくても、
勝手に動作する。
設定ボタンで自動機能を「オフ」にできるのが、せめてもの救いだ。


http://www.newsweekjapan.jp/stories/business/2013/04/post-2890.php

新製品 SWITCH社のLED電球 (2013-04-14)

そこで、周囲を液体シリコーンで満たし、このような問題を解決したのがSWITCH社のLED電球。


こんな感じで、LEDライトが一方光ではなく、多方向に向けて取り付けられているので
「光が一方向しか照らさない」ということが起こりません。

通常の電球のように、360度を照らすことができています。

SWITCH社のLED電球は液体シリコーンを使った独自の冷却システムを採用することで、
既存の電球よりも伝熱性を40%アップさせているため、
多方向に向けてのLEDライトが可能となっているのです。

電球は全部で4種類。
最もスタンダードなのがSWITCH60で、ワット数は12W、
最大2万5000時間継続して使用することが可能。
この他にも21W、18.5W、8Wのものがあります。


液体シリコーンに包まれたLEDライト。


予定価格は40~60ドル(約3100~4700円)で、今のところ日本での発売は未定です。

社会・政治 「50発程度の、ミサイル!」…「風雲急を告げる」 (2013-04-13)

「一体そのうちのどれぐらいが、核でしょうか?」

            ・・・・・・・・「また、日本に届くでしょうか?」

核でなくても、50発もあれば、数ありゃ当たる的なものが、
この日本に、弾着する可能性はあります。


日本の防衛は、
「パックスリーの、射程20キロから35キロ四方の周辺で、
もちろん、日本国内にハリネズミのようにあるわけではありません。
            ですから、
            東京では、防衛省六本木周辺30キロメートル
            と、基地周辺前後
            後、沖縄の、35キロ周辺だけです。

            この事実を、世界の人々に笑われています。…実は!


「1発どこかに、弾着したら、・…アジアは、悲惨な戦争状態に突入の危険性も!」

CNNに対して

「北朝鮮がこの種の兵器の実験を行ったとは考えておらず、
完成もさせていない。
北朝鮮が核弾頭を開発したとも考えていない」と語った。

DIAの報告書はランボーン議員がこの日の公聴会で読み上げ、

「DIAはある程度の確信を持って、北(朝鮮)が現在、
弾道ミサイルに搭載可能な核兵器を保有していると判断した。
ただし完成度は低い」
と述べていた。

同報告書は機密扱いにはなっていなかったという。

潘氏は同日、米CNNに出演し、
司会者に促され、金正恩(キムジョンウン)第1書記に対し、
「挑発的な行動は自制し、対話の場に戻るよう心から望んでいます」
などと呼びかける約40秒のメッセージを送った。

潘氏は
「金正恩書記に対し、私の真心を込めてお話しします」と切り出し、
「民族全体の平和と統一のため、対話を通じた解決を望みます」と強調。
「これは国連事務総長として、韓国民の一人として心から述べるものです」と締めくくった。


アメリカ太平洋艦隊は11日、
新たにトマホーク巡航ミサイルを100発以上搭載、
連射できる巡航ミサイル原子力潜水艦「オハイオ」が、
グアムの海軍基地に入港したことを発表した。

トピックス GSユアサの失墜 B787に続き、リチウムイオン電池でトラブル (2013-04-13)

電池が溶けるトラブル、発火事故も 三菱エコカーでも不具合、


★三菱エコカーでも不具合、GSユアサの失墜 B787に続き、リチウムイオン電池でトラブル

3月28日の東京株式市場で、
ジーエス・ユアサ コーポレーション(GSユアサ)の株価が暴落した。
終値は前日比49円安の392円。11%の大幅下落である。一時は73円安の368円と、
本日の値幅制限(361円)近くまで売り込まれる場面もあった。
無理もない。GSユアサの先行きには、暗雲が立ちこめている。

●電池が溶けるトラブル、発火事故も

三菱自動車は27日、
自社で生産するエコカーに搭載するリチウムイオン電池をめぐって
、2件の不具合が発生したと発表した。
一つは、
家庭で充電できるハイブリッド車であるプラグインハイブリッド車(PHV)
「アウトランダーPHEV」。
電池の発熱により、一部が溶けた。
もう1件は電気自動車(EV)「アイ・ミーヴ(i-MiEV)」。
工場内で電池ケースが過熱し、発火した。

三菱自はトラブルのあった車種について、
生産・販売を一時停止。購入者に充電を控えるように呼びかけたり、
状況の説明や車両チェックなどの対応を始めたりしている。

いずれもトラブルのあったリチウムイオン電池は、
GSユアサが51%を出資するリチウムエナジージャパン(滋賀県栗東市)が製造している。
GSユアサは現地に社員を派遣。サンプル調査などを進めているが、
現時点では原因解明のメドは立っていない。

GSユアサにとって痛いのは、
同社製のリチウムイオン電池をめぐるトラブルが複数分野にまたがって続出していることだ。
今年1月、
山口宇部空港発の全日空機などで、
米ボーイング社の新型旅客機「B787」のバッテリーが、
2度にわたって異常過熱するトラブルが起きた。
この787型機に搭載されていたのも、
GSユアサが京都工場で製造したリチウムイオン電池だった。

東洋経済 http://toyokeizai.net/articles/-/13465

4425件中2481-2485件

前へ1....492493494495496497498499500501502....885次へ