Home » トピックス

表示: トピックス健康・医療社会・政治新製品 2021年04月2021年05月2021年06月全て

4579件中2476-2480件

前へ1....491492493494495496497498499500501....916次へ

健康・医療 運動強度 水分摂取量の目安 運動の種類 (2013-06-19)

運動中の水分補給のしかたについては、下表の基準を目安にしてください。



運動強度 水分摂取量の目安 運動の種類

運動強度

持続時間

競技前

競技中



トラック競技
バスケット
サッカーなど

75〜100%

1時間以内

250〜500ml

500〜1,000ml



マラソン
野球など

50〜90%

1〜3時間

250〜500ml

500〜1,000ml/1時間



ウルトラマラソン
トライアスロン
など

50〜70%

3時間以上

250〜500ml

500〜1,000nl/1時間
必ず塩分を補給

注意

社会・政治 「死者から摂る消費税!!」 (2013-06-18)

【税制度】
全国民対象 死亡消費税 首相官邸の会議で提案される
 

6月3日、
首相官邸で開催された社会保障制度改革国民会議で安倍ブレーンとして知られる民間委員の
伊藤元重・東大教授から「経済財政の視点からの社会保障改革」という資料が提出された。
増大する 社会保障費の財源として、
「高齢者医療費をカバーする目的での死亡消費税の導入」が提案された。

「死亡消費税」とは消費税のように
国民全員に死ぬときに財産から一定の税率を“社会保障精算税”として納めさせるというもの。


これが実際に導入されるとこんなケースが必ず起きる。
長年、介護してきた父が亡くなった。
息子は介護のために会社を早期退職し、妻のパートで食べている。
貯金も底を尽いた。
遺産として同居していた家が残ったものの、評価額は3000万円。
そこに「死亡消費税」の請求が届く。
消費税並みの5%なら150万円、消費税引き上げ後の税率10%なら300万円になる。
とても支払えず、家を手放すことになった──。


庶民を苦しめる悪税になるのは間違いないが、
政府にとってはその税収が並み大抵のものではないのだ。

※週刊ポスト2013年6月28日号
http://www.news-postseven.com/archives/20130617_194590.html



健康・医療 ブーム到来 : 「ふっくら女子」「ぽっちゃり女子」「ぽちゃカワ」「ぷに子」 (2013-06-17)

<みんながダイエット頑張ってるそのすきにもしかして、まんまとモテちゃってるなんて…!?>

こんなドキッとする言葉を表紙に入れた、
女性ファッション誌『CanCam』7月号が
<この夏,
『ぷに子』がかわいい理由>という特集をしたところ、思わぬ大論争が巻き起こっている。


“ぷに子”とは、
『CanCam』によれば、全身がぷにぷにしている「ぽっちゃり体形」の女性のこと。
丸みを帯びた体形にマシュマロのような弾力肌が持ち味で、
恋人のいない20~30代女性が増えている中、“ぷに子”の7割近くが彼氏持ちなのだとか。


特集では「どこまでがぷに子で、どこからただのおデブなのか」を大調査。
CG技術を用いて、
ある身長155cmの女性モデルを46kgから75kg相当の体形まで6段階に変化させ、
どの段階まで支持できるかを男性100人にアンケート。


その結果、
“ぷに子”と“おデブ”の境界線は、
身長155cmで体重64kgという結論に。

ここまでは支持者が68人いるが、これ以上体重が増えると、
“おデブ”と見なされ、許容する男性が27人と 激減するというのだ。

記事には男性の声を多数掲載し、
「みんなから愛されているイジられキャラ!」
「HAPPYオーラが あふれていていつもポジティブ!」
「やわらかそうなもちもち肌」
「パンツにのっているお肉が かわいい」
「絶対的にHが気持ちいい」と、“ぷに子”を大絶賛。


まさに、
“時代はぷに子”と言わんばかりだが、事実、今、ぽっちゃり系ブームが到来している。

今年3月には、
ぽっちゃり系ファッション専門誌『ラ・ファーファ』(ぶんか社)が創刊され、
4月にはワコールがアンダーバスト85~100cmという
『ぽちゃカワブラ』を発売するや、飛ぶように 売れているという。


●参考/ワコールの「ぽちゃカワブラ」
http://news.mynavi.jp/news/2013/04/25/138/images/001l.jpg

社会・政治 アップルが『iOS in the car』発表 (2013-06-17)

アップルが『iOS in the car』発表、
iPhoneやiPadを車の情報システムに接続--ホンダやフェラーリなど16社がサポートへ [06/11]


iOS 7ではiPhoneやiPadが車とも統合していきます。
WWDC 2013にて「iOS in the Car」が 発表されました。

これまでもiPod Out やSiri Eyes Free などがありましたが、
今回のiOS in the Carはよりダイレクトに車の情報システムとiOS 7がつながるのが特徴。

ドライバーに地図情報やメッセージ、音楽などに最適化したインタフェースを提供します。

例えば声でアプリを切り替えたり、
iMessageを音声で読み上げたりするなど、前方を見たままコントロールできるようになります。

ホンダや日産といった日本車メーカーのほか、
フェラーリやメルセデスなど16社がサポートする見込み。


2014年提供開始の予定です。?

●画像
http://www.blogcdn.com/japanese.engadget.com/media/2013/06/xios-in-the-car01.jpg.pagespeed.ic.7jLxi8L_tM.jpg
http://www.blogcdn.com/japanese.engadget.com/media/2013/06/xios-in-the-car03.jpg.pagespeed.ic.u6ktuziNjp.jpg
http://www.blogcdn.com/japanese.engadget.com/media/2013/06/xios-in-the-car04.jpg.pagespeed.ic.NBP4ibWqZb.jpg
http://www.blogcdn.com/japanese.engadget.com/media/2013/06/xios-in-the-car02.jpg.pagespeed.ic.eCVFikVMdt.jpg

◎http://japanese.engadget.com/2013/06/10/ios-in-the-car-iphone-ipad/

◎関連スレ
【車/IT】米GM、スマホで車両のドアロックやエンジン始動を可能に…2014年型に標準装備 [06/10]
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1370855471/

社会・政治 国の原発広報、事故後25億円 天下り・電力系7割受注  (2013-06-17)


【大谷聡】
東京電力福島第一原発事故後の2年間に24億8千万円分の原発の広報事業を国が行い、
その7割近い16億3千万円分を受注したのは、
経済産業・文部科学両省のOBや電力会社の幹部らが役員として在籍する法人
だった。
朝日新聞の調べでわかった。

天下り先に二重委託
原発広報の事業費は電気料金をもとにした税金で賄われている。
福島事故前と比べると総額は半分程度になったが、
事故後も国が原発関係の宣伝をし、
担当省庁の官僚OBや電力会社関係者がその利益を得るという構図が続いていた。


この事業は、経産省の「原子力広聴・広報等事業」や文科省の「原子力教育支援事業」など。

目的は「放射線の理解促進や原子力政策の情報提供で国民の信頼回復を図る」などとされる。

経産省の事業は市民や原発立地地域が対象で、
原子力研究者らの講演や放射性廃棄物のワークショップなどを開催。
文科省の場合は放射線測定器の貸し出しや教職員への放射線セミナーのほか、
新聞・テレビ広告などを行う。

朝日新聞は両省の発注状況の資料を入手し、受注した法人側へも取材して分析した。
それによると、2011、12年度に発注した原発広報事業は、
経産省が49件計14億8千万円で、
文科省は18件計10億円。
民間企業や財団・社団法人など計34の組織が受注した。

受注した組織の内訳を調べたところ、
(1)両省のOBが理事に就任している6法人
(2)現在は官僚の天下りはいないが、電力会社の役員や元役員が理事・
監事にいる4法人――の計10法人が、
事業費の66%にあたる33件計16億3千万円分を受注していた。残りは広告会社などだった。


10法人の中で、両省OBが常勤役員で在籍し、
報酬を公開している日本科学技術振興財団と
原子力環境整備促進・資金管理センター、つくば科学万博記念財団の場合、
常勤理事の報酬は年間1600万円程度という。

4579件中2476-2480件

前へ1....491492493494495496497498499500501....916次へ