Home » トピックス

表示: トピックス健康・医療社会・政治新製品 2018年11月2018年12月2019年01月全て

4162件中241-245件

前へ1....4445464748495051525354....833次へ

社会・政治 被害想定!・…東京直撃時 (2017-09-22)

具体的な被害予測はどうなるのか。

「(6回目の核実験における)北朝鮮の水爆の『核出力』は
300キロトンと見るのが妥当です。

東京を300キロトンの核が直撃した場合、
試算によると死者は85万8190人、

負傷者は281万4040人という数字になります」

前述のレポートによると、
〈(東京都庁に落ちた場合は)
東京ドームから世田谷にいたるすべての人がIII度の熱傷を負う〉という。

“III度の熱傷”とは、
皮膚全層、
さらに皮下組織まで損傷が及んだ状態で、皮膚は焼けただれ、ケロイドが残る重傷だ。

社会・政治 ここまで踏み込まれますと、日本巻き添え! (2017-09-21)


国連総会の一般討論演説が19日午前(日本時間同日夜)、
ニューヨークの国連本部で始まった。

初めて演説したトランプ米大統領は、
核とミサイルの開発を進める北朝鮮に対し、挑発行為をやめない場合は
「北朝鮮を完全に破壊するほか選択肢はない」と強い言葉で警告した。

その上で国際社会に対し
「金正恩(キムジョンウン)政権を孤立させるため、すべての国が協力する時だ」と訴え、
北朝鮮への制裁を完全に履行するよう求めた。

今回の一般討論は
中国や
ロシア、
インド、
ドイツなどの首脳が欠席するなか、
これまで国際協調主義に否定的だったトランプ氏が初めて演説に立った。

 氏は世界が直面する脅威として北朝鮮問題を挙げ、
「日本の13歳の少女が自国の海岸から誘拐された」と述べ、
横田めぐみさん(拉致当時13)を念頭に北朝鮮による拉致を非難。

北朝鮮ではこうした人権侵害や粛清などがはびこっているとし、

「核兵器や弾道ミサイルの無謀な追求は、世界全体の脅威となっている」と批判した。


「米国は大いなる強さと忍耐力があるが、
米国と同盟国を守らなければならない時、
北朝鮮を完全に破壊するほか選択肢はない」と強い口調で牽制(けんせい)。

「米国はその準備ができているが、できれば(軍事的行動は)必要でないことを望む

社会・政治 ここまで踏み込まれますと、日本巻き添え! (2017-09-21)


国連総会の一般討論演説が19日午前(日本時間同日夜)、
ニューヨークの国連本部で始まった。

初めて演説したトランプ米大統領は、
核とミサイルの開発を進める北朝鮮に対し、挑発行為をやめない場合は
「北朝鮮を完全に破壊するほか選択肢はない」と強い言葉で警告した。

その上で国際社会に対し
「金正恩(キムジョンウン)政権を孤立させるため、すべての国が協力する時だ」と訴え、
北朝鮮への制裁を完全に履行するよう求めた。

今回の一般討論は
中国や
ロシア、
インド、
ドイツなどの首脳が欠席するなか、
これまで国際協調主義に否定的だったトランプ氏が初めて演説に立った。

 氏は世界が直面する脅威として北朝鮮問題を挙げ、
「日本の13歳の少女が自国の海岸から誘拐された」と述べ、
横田めぐみさん(拉致当時13)を念頭に北朝鮮による拉致を非難。

北朝鮮ではこうした人権侵害や粛清などがはびこっているとし、

「核兵器や弾道ミサイルの無謀な追求は、世界全体の脅威となっている」と批判した。


「米国は大いなる強さと忍耐力があるが、
米国と同盟国を守らなければならない時、
北朝鮮を完全に破壊するほか選択肢はない」と強い口調で牽制(けんせい)。

「米国はその準備ができているが、できれば(軍事的行動は)必要でないことを望む

社会・政治 破滅? (2017-09-20)


【モスクワ杉尾直哉】
トランプ米大統領の国連総会での一般討論演説に対して、
ロシアでは反発が広がっている。
北朝鮮の「破滅」に言及したほか、
ロシアと関係が深いイランやキューバ
、ベネズエラを敵視する発言が続いたからだ。

スルツキー露下院外交委員長は19日、
タス通信に対し、
「これまでの政権と同様、米国一極支配を確立しようとしており、
ロシアとしては絶対に認められない」と語った。

 
北朝鮮問題で、米国が軍事的な選択肢を排除していないことから、
ロシアは「危機的状況」(ラブロフ外相)との認識を深めている。

トランプ大統領が
「米国と同盟国の防衛を迫られれば、北朝鮮を破滅させる以外に選択肢はない」と、
「破滅」にまで言及したことは、ロシアにとってゆゆしき事態だ。

 
トランプ氏は、
オバマ前政権がロシアの協力を得て合意にこぎつけたイラン核合意について
「米国の過去最悪で、最も一方的な合意の一つ」と述べた。
北朝鮮やイランに関するこうした発言について、
会場で演説を聴いたコサチョフ露上院外交委員長は、
フェイスブックで「極めて危険だ」と批判した。

 トランプ氏はイランのほかに、「非民主的」としてベネズエラやシリアのアサド政権を非難した。抑圧的な体制であっても正統政権として認めるべきだというロシアの外交姿勢と相いれない主張だ。

トピックス これからは、カーシェアーの時代。 (2017-09-19)


不動産経済研究所の調査によると、
新築分譲マンションの駐車場設置率は2017年上期(1-6月)は都下
(23区外のエリア)で46.5%と初めて5割を下回った。

首都圏(東京、千葉、神奈川、埼玉)全体で42.2%だったのに対し、
東京都区部は29.5%と都市部ほど設置率は低い傾向にある。

駐車場設置率はマンションの発売戸数に対する駐車場台数の比率。

3エリアともリーマンショック前の07年がピークで
都下では82.2%、都区部でも56%の物件に駐車場があった。

駐車場設置率の低下の理由には、
地価や建設資材の値上がりで新築マンション価格が上昇していることなどがある。

同研究所は車の購入代金を住宅ローンの返済に充てたいとする
世帯が増えていると分析する。

また、必要なときに車を使えるカーシェアリングが普及していることも
駐車場設置率の低下につながっているとしている。

4162件中241-245件

前へ1....4445464748495051525354....833次へ