Home » トピックス

表示: トピックス健康・医療社会・政治新製品 2021年04月2021年05月2021年06月全て

4579件中2441-2445件

前へ1....484485486487488489490491492493494....916次へ

新製品 「ポイントは、重心!」 (2013-07-07)


「カーズ付き」(電力再生装置)なのですが?

やはり、重量配分が、さすがです。

エンジンは、もちろんミッドシップで、その前の、シート裏に
思いバッテリーを乗せ、重心は、車の中央。


コマのように、くるっくると、回転できます。

トピックス 腕時計型の「iWatch」 (2013-07-06)

今に、携帯は、画像を見るために、見やすく大きくなり、かばんにしまい。
時計で、電話や、ちょっとした情報は見てしまう時代になるのでしょうね?
今現在でも、可能な技術で、ほとんどのことは、時計型ディスプレーで可能ですし、
インターネットで、大きく見たい時のみ、本体とれ出す!・…みたいな使い方が?
もうすぐやってきます。



Appleのウェアラブルコンピューター市場参入の初陣は、
メガネ型のデバイスではなく、腕時計型の「iWatch」になるとのこと。

ディスプレイの供給は日本や韓国メーカーになる可能性があり、
サイズは1.5インチ~2.0インチ程度になるだろうとのことです。

1.8インチの試作機をキャンセルし、1.5インチの試作機の生産をFOXCONNに発注した、
台湾メディア「経済日報」も報じていました。

その報道ではディスプレイ方式は有機ELとなっていました。

さらに「iWatch」のディスプレイ方式は「GF2」と呼ばれる薄膜化技術になるとのこと。
フィルムの枚数を減らすことで薄型化やコスト削減を実現できる、
「iPad mini」にも採用実績のある技術です。

「iWatch」のリリース時期については、
今年の後半ではないかと氏は予測しているようです。

生体認証や健康管理と言った最近のトレンドとなる機能も抑えているようで、
登場が非常に楽しみなところです。

トピックス 668,000ドルの、ビンテージコンピュータ? (2013-07-06)

最初のアップルコンピューターの1台がオークションに出品され、

668,000ドルという

記録的な高値で落札された。

1976年製造のコンピューターで、現在も稼働するという。


今回出品されたのは、
アップルを創業したスティーブ・ジョブズ氏とスティーブ・
ウォズニアック氏が自宅ガレージで開発したアップル1と呼ばれるコンピューター。
ドイツのオークションハウス「Breker」は25日、
アップル1の落札者は匿名希望のアジア人と発表した。

オークションハウス「Breker」によると、
現存するアップル1で稼働するのは世界に6台しかなく、落札されたのはその内の1台。

本体にはウォズニアック氏のサインが書かれており、
また、今は亡きジョブズ氏自筆の古いビジネスレターも同梱されるという。

アップル1は回路基板のみで、1976年に666ドルで販売された。
このためケースやキーボード、モニターなどは別で購入する必要があったとのこと。

▲Exciteニュース/AP(213/05/26)
http://www.excite.co.jp/News/odd/E1369529903754.html

トピックス “世界最大級”のやきとりが登場! (2013-07-05)


長さ1m、やきとり30本分

ご当地やきとりが集まる

「全や連総本店 東京」で、

店舗メニューとしては世界最大級となるやきとり「世界一のメガやきとり」が、

7月20日から8月31日まで販売される。ギネスビール1本がついて、価格は1,980円。

健康・医療 自主回収についてのお知らせ(カネボウ化粧品公式サイト) (2013-07-05)


「私も、同意見!」・・・・・・・・「塗り方に問題があった可能性があります。
白斑になるということは、白くなる。…つまり白くなりすぎたということ!!



理由は、「肌がまだらに白くなった」事例が確認されたから。

「ロドデノール」とは
    ・・・ カネボウ化粧品が独自に開発した、 かなり新しい美白の有効成分です。

通常、
ビタミンCやプラセンタなどの美白成分は、
チロシナーゼと言う酵素がシミの元になるメラニン生成を活発化させないように抑制します。

今回のロドデネールの特徴は、上記に加え、
メラニン(黒色と淡色)のうち、
シミの原因になりやすい黒色メラニンを積極的に減少させると言うのが売りです。


それだけ美白に効きますよ、と。

原料は、白樺の樹皮などから抽出するそうですね。

 ロドデノールの研究開発(カネボウ化粧品公式サイト)

現時点で詳細は報道されていませんが、
この独自の特徴が、「まだらに白くなる」原因になった可能性がありますね。

ただこれ、そもそも「塗り方」と「使用量」がどうだったのかが気になりますね。


だって、よくよく考えると
「肌が白くなる効果」が超強力だって証明したようなものですから。

例えば、 ケチケチして少量を薄~く伸ばして付けると・・・ まだらになりそうですし。

まあ、 美白効果が強力すぎるが故に、お肌との相性問題が出やすいって所なのかな。

もし、「ハイドロキノン」みたいに皮膚科指導の下

      。。。。「ロドデノール」は、このまま市場から消えてしまうんでしょうか。



4579件中2441-2445件

前へ1....484485486487488489490491492493494....916次へ