Home » トピックス

表示: トピックス健康・医療社会・政治新製品 2020年08月2020年09月2020年10月全て

4450件中2401-2405件

前へ1....476477478479480481482483484485486....890次へ

トピックス 「同じ年齢には、見えない!」 (2013-05-25)

同じ、アイドルの中にいる存在として、
両極のカップリングだと思います。


kddiも、やりすぎというか?・・・・・・・・・・・「キャストミス!!」

どちらのファンにも、…「ちょっと?おかしくないですか?」

かたや、個人の才能で、全世界的に有名になってきた、「アイドル」
もう一方は、芸能会社の企画で、マスコミに過剰にごり押ししてきた「アイドル」
どちらも、企業・会社にとっては、「アイドル…商品」なのでしょう!


このコンビ。素性が違いすぎて、「違和感・嫌悪感があります。」
不祥事続きのkddi・・・・・企画も、不安定!!

健康・医療 「慈恵医大では、第3者委員会開催!」 (2013-05-25)

慈恵医大調査委、カルテなど照合 高血圧薬論文問題

製薬大手ノバルティス日本法人の社員
高血圧治療薬ディオバン(一般名・バルサルタン)の効果を調べる臨床研究に関与しながら、
論文に社員の身分を明示しなかった問題
で、
東京慈恵会医科大(東京都港区)は、
ディオバンに関する同大の論文について、患者のカルテと論文のデータを照合するなど、
調査の概要を明らかにした。

論文には統計解析の担当者として、当時の社員が「大阪市立大」の肩書で記載されていた。

京都府立医大の同様の論文が撤回されたことを受け、慈恵医大が調査委を設置して調べている。

調査委は医師や法律の専門家ら3人の学外委員を含む計8人で構成される。
委員長は橋本和弘教授(心臓外科)。
委員長以外の委員名は「公正な調査のため」との理由で公表していない。


慈恵医大の論文は2007年に英医学誌ランセットに掲載された。
通常の治療をした人とディオバンを加えた人とで、
血圧の平均値などが通常では考えられないほど一致していることが
別の医師から指摘されるなど、データに疑問の声も上がっていた。

新製品 ジープ ラングラーの限定車 (2013-05-25)

フィアット クライスラー ジャパンは、
ジープ ラングラーの限定車
「アンリミテッド トレイル エディション ツー」を、
5月25日(土)より限定100台発売する。販売価格(消費税込)は、4,130,000円。


「アンリミテッド トレイル エディション ツー」は、
ラングラー アンリミテッド サハラをベースとし、
更にオフロード感を際立たせる数々の装備を搭載した限定モデル。
ボディカラーはこの限定車のみに設定するデューンクリアコートを採用。
デューン(Dune)とは日本語で「砂丘」の意味。

オーバーフェンダーは、
ベースとなるラングラー アンリミテッド サハラではボディ同色の設定のところ、
ブラックに変更、更にホイールも専用のブラックカラーとし、
ボディ全体が引き締まった仕上がりとしている。
ホイールにはベースモデル同様、Willys MBのシルエットが入っている。

その他特別装備には、
エクステリアにラングラー初のフードパワーバルジ、
アンチスピンリアディファレンシャル(LSD)、Mopar製ロックレールを搭載。


インテリアは、
エクステリアと同じく、茶系とブラックのツートーンカラーをコンセプトとし、
ブラックステッチ入りダークサドルレザーシート(フロントシートヒーター機能付)を採用する。

健康・医療 「アメリカでも、癒着か?」 (2013-05-24)

 「ディオパン」という高血圧の治療剤を発売している「ノバルティス」という製薬会社が、
 日本の5医科大学と、臨床試験での各論文に、社員が関与したということで、
 問題になっています。


 京都府立大学の教授は、その責任をとり辞職!・…現在、大学内で、調査中ですが、
 なんと、利益供与が、数年間で、「¥1億数千万円余り!」
 これは、公務員レベルでは、「完全な贈収賄事件(刑事事件)」です。

 世界的に、この薬剤は、一時この系統(ARB)では、一番売れていまして、
コスパーフォーマンスも一番でしたので、
 当クリニックでも、一番使用していました。


「患者さんには、そういうデーターを見せまして、薬の説明をしていた時期もあります。」

            ………「何か?騙されていたような感じがしまして、
                               残念でなりません。」

私は、日本のデーターよりも、海外のデーターを、信用するほうで、
この薬剤も、海外データーを信用し導入しました。約10年前のことです。

京都府立医大では、
今回の事件で、大学での、ノバルティス社自体の薬品購入を停止しました。

            ……「一番!腹が立つのは、
              こうして、患者さんが、10年使用した、薬剤の購入費用が、
              数億円レベルで、贈賄の資源として、使われていたという事実!」                  

当クリニックでも、別に好んで、薬剤を投与するわけではありません。
内科医ですから、治療にとって必要なため、
副作用が少なく、効果がある薬剤を、最小限使用するのが、原則で、
薬剤の投与がないと、「内科医は、治療できないジレンマ」があります。
もちろん指導だけで、患者さんの生活の質が変わり病状が改善する疾患もありますが!
そういう疾患は、少しだけです。


もちろん「ディオパン」自体に、薬剤効果が、ないわけではありません。

しかし、海外でも、このスイスの会社は、やりたい放題のようで!!
考えを、改める必要があるかと思う!今日この頃です。
これから、何を、信用すればよいのやら!!


              米連邦地検がノバルティスを提訴、医師へのリベート・接待で .

記事
原文(英語)
スイスの製薬大手ノバルティス(NYSE:NVS)は、
米国全土での教育プログラムで医師に講演してもらうために資金を使ったと語ったが、
米連邦地検はそうした講演の多くがカジュアルレストラン「フーターズ」
(注:露出度の多いウェイトレスで有名)で開かれたと主張している。


                              Bloomberg.
そうした医師らとの宴会や視察旅行は、
ニューヨーク州マンハッタンの連邦地裁に26日に提起された民事詐欺訴訟で
連邦検察当局の追及対象となっている。

検察当局はノバルティスの米国部門は、
高血圧症などの病状を治療する一部のブランド医薬品の処方を促すため、
リベートを支払ったほか、医師に豪華なディナーを提供したと主張している。

検察当局によると、
こうした勧誘行為はフロリダの沖合の魚釣り旅行や
ニューヨークのレストラン「ノブ」での会食、米国全土でのフーターズでの食事が含まれた。
これ以外に、アラスカの鮭釣りロッジで講演した医師に750ドルが支払われたという。


当局は漁船では「いかなる講演をすることも実質不可能なはずだ」と述べた。

当局によるノバルティス米国部門のリベートの支払いをめぐる民事訴訟の提起
この1週間で2件目となる。

ノバルティスは、連邦地検の主張に反論している。
電子メールの声明で26日に
「この訴訟で争う意向」を示し、
医師の講演プログラムは「業界で受け入れられている慣習だ」と指摘した。

健康・医療 「ディオパン・・・・バルサルタン」 (2013-05-24)

  「降圧剤」

バルサルタンは、
ノバルティス ファーマ(スイス・バーゼル)で開発された
「高血圧症」に使用される薬剤です


1996年にドイツで承認されて以来、世界約100カ国で承認されています。

日本では2000年9月に承認され、同年11月に発売されました。
また、
2010年10月には薬事法に基づく再審査※の結果を受領し、
市販後の有効性及び安全性に関する審査を終えています。


今回の事件は、
論文には、
ディオバンを販売する製薬大手ノバルティスの日本法人社員の氏名
研究チームの一員として、同社社員ではなく
「大阪市立大」の肩書で記されていた。

同様の臨床研究は
京都府立医大千葉大のほか慈恵医大滋賀医大名古屋大でも実施され、

07~12年に論文が発表された。いずれも同じ社員の名前が掲載されていた。

4450件中2401-2405件

前へ1....476477478479480481482483484485486....890次へ