Home » トピックス

表示: トピックス健康・医療社会・政治新製品 2020年08月2020年09月2020年10月全て

4450件中2371-2375件

前へ1....470471472473474475476477478479480....890次へ

トピックス 日本W杯決定:渋谷の「DJポリス」はこんな人 (2013-06-07)

///////////////////毎日新聞 2013年06月06日 08時00分(最終更新 06月06日 10時03分)

サッカーW杯アジア最終予選のオーストラリア戦後、
渋谷駅前スクランブル交差点で、


 ◇20代の剣道4段、アナウンス競技会優勝

「皆さんは12番目の選手です」−−。

サッカー日本代表が2014年ワールドカップ(W杯)
ブラジル大会出場を決めた4日夜、
東京・渋谷のスクランブル交差点で交通誘導をした
警視庁機動隊員の機転の利いたアナウンスぶりが、
インターネット上で「DJポリス」と話題になっている。

警視庁によると、
アナウンスしたのは警備部第9機動隊広報係に所属する20代の男性隊員。
剣道四段で武道小隊の一員だったが、昨年9月に同係に異動。
その前後から花火大会などのイベントで誘導指示などの経験を積み、
今年1月に庁内であったアナウンス技術の競技会で優勝。この日に抜てきされた。

 ◇実は、サッカーより野球好き

歓喜するサッカーファンが殺到し、
騒然とするスクランブル交差点の指揮車の上でマイクを握ったのは4日午後9時半。
「こんな良き日に怒りたくはありません。
私たちはチームメートです。どうか皆さん、チームメートの言うことを聞いてください」


交差点付近で胴上げが始まると
「それはイエローカードです」とやんわり制止。
青信号になると
「ゆっくり前に進みましょう。けがをしてしまっては日本代表のW杯出場も後味が悪くなる」
と誘導した。

さらに
「怖い顔をしたお巡りさん、皆さんが憎くてやっているわけではありません。
心ではW杯出場を喜んでいるんです」
などと語りかけると、
一部の若者から「お巡りさんコール」が起きた。

今回のアナウンスの文言は男性隊員のアレンジというが、
本人はサッカーより野球観戦が好きという。

ネット上で話題になっていることに「日ごろの訓練が生きただけ」と恐縮しているという。
【岸達也、斎川瞳】

トピックス 「本場中国での比較試験!」 (2013-06-07)

シャープもしかして頑張ってます??
もはや中国で、一番売れている電化製品かもしれません。


◆PM2.5除去率、99%は5台中1台のみ

空気清浄機の機能を調べるため、
CCTVの記者は市場で販売されている、高い人気とシェアを誇る
空気清浄機をサンプリングし、上海市環境保護製品品質監督検験総ステーションで検査を実施した。

基準とされている統一的な試験条件に基づき、
試験担当者はCCTVの記者から送られてきた5機種の空気清浄機のPM2.5除去効果を調べた。
同ステーションの沈浩実験室主任は、

「30立方メートルの試験部屋で、20分間に渡り検査した」と説明した。

試験結果によると、規定された時間内で、
5台の空気清浄機のうち3台の「PM2.5除去率」が実測値を下回った。

PM2.5除去率が宣伝と同じ99%に達したのは、
シャープの「KJF420AA /BKC-W280SW」だけで,

デロンギの「AC230」は93%だった(同製品はPM2.5の除去率を明記していなかった。

◆低すぎるホルムアルデヒド除去率、専門家もびっくり

試験担当者は、5台の空気清浄機のホルムアルデヒド除去能力についても、検査を行った。

沈主任は、
「今回の試験に採用した基準は、空気清浄機国家基準(18801-2008版)で、主に
30立方メートルの試験部屋で検査が実施された。

ホルムアルデヒドの初期濃度は、国家基準の上限値の8-12倍で、1時間に渡り測定された」
と説明した。

実際の試験結果によると、
5機種の空気清浄機のうち、ホルムアルデヒド除去率が最も高かった
製品でも78%のみで、宣伝されている効果を大幅に下回った。

除去率が最も低かった製品は16%のみで、このような結果は試験担当者をも驚かせた。
そのうち
PM2.5除去率が最も高かったシャープの「KJF420AA/BKC-W280SW」は、
ホルムアルデヒド除去率が61%のみだった (宣伝では97%)。


またフィリップスの「AC4074」のホルムアルデヒド除去率も53%のみで、
宣伝の99%を大きく下回った。

社会・政治 「アホノミクス!!」 (2013-06-06)

ご自分が、首相ではない10年後の世界を語る…詐欺に近いプレゼン!
誰が、10年後に、年収150万増えますよ!!
といって、乗りますかね??


先の10年よりも、「ご自分の政治をしている間」に、
できること・できないことを、明確に語るべきではないでしょうか?


「もしかして!?」・・・・毎年¥15万円づつ物価が上がってゆく社会の状況を、
                      比喩(予言)しているのでしょうか?
                             バイ。 日本の首相?

・・・・・……結果「株は、首相発信で、500円近く値下がり!!・…「大失敗!!」



「アホノミクスの、実態は!」
第1の悲劇は「デフレ下のバブル経済化」です。

メディアでは「この金融緩和をきっかけに、設備投資や消費拡大が起これば、
日本経済は本当の意味で、復活する」といった報道がなされていますが、これは間違いです。

安倍政権と日銀の「チーム・アベ」が目標とするのは、バブルによるデフレ退治です。
つまり、
彼らは企業が設備投資を拡大したり、
私たち庶民の消費が拡大したりすることを、
そもそも狙っていないのではないかとさえ思えてしまいます。


この金融緩和の結果、株や不動産などの資産、
すなわち「カネの世界」だけがバブルに沸き、
私たち庶民の毎日の生活に関係する「モノの世界」ではデフレが続
くという、
本来ならば起こりえないはずのことが、日本経済で起こってしまうのです。

もうおわかりでしょう。

結局のところ、
この政策で恩恵を受ける個人は、
差し当たり株や不動産を持っている人つまり、ごくごく一部の富裕層だけということになります。

しかも、
さらに怖いのは、
富裕層ではない人々も、今の調子であおられれば、
投機性の強い株や不動産に手を出してしまうかもしれないということです。
超低金利の中で、おとなしい投資をしていたのでは収益が上がらない。
将来に備えて、この際、アベノミクス相場に乗ってみようか。

そのような発想で、いわば「生活防衛型投機」へと普通の市民たち、
生活に不安を抱える市民たちが誘導されてしまうのが恐ろしい。

そのような流れが形成されたところで、アベ・バブルが崩壊した時が悲惨です。

痛い目をみるのが安倍政権だけならいいですが、そうは問屋が卸しませんからね。

新製品 「次期スバルのハイブリッドは、スリーモーターです。」 (2013-06-06)

絶好調のスバル!
次期ハイブリッドは、スリーモーターで、勝負します。


富士重工業は、
ジュネーブモーターショー
(開催期間:2013年3月5日~17日)で、スバルブランドの新たなデザインと、
技術の今後の方向性を示すコンセプト車「SUBARU VIZIV CONCEPT」を出展した。


2ドア・4シーターのスポーティーなボディー形状ながら、
大人4人が快適にドライブを楽しめるパッケージングとした。
パワートレーンは、新開発の「Subaru Boxer Diesel Hybrid」を搭載した。
富士重工業は、
トヨタ自動車からハイブリッド技術の供与を受けることになっているが、
今回搭載したのはこれとは別に独自に開発したもの。



排気量2.0Lの水平対向ディーゼルと高トルク対応型CVT(無段変速機)に、
前輪には駆動・発電兼用の1モータ、
後輪には駆動専用に左右独立の2モータを組み合わせた
プラグインハイブリッドシステムを採用した。


後輪は左右の駆動力を独立して制御でき、
前輪モータと協調制御することでアクティブセーフティー性能を高める。

具体的には、
ハンドルを切った時には後輪の駆動力を増やしてドライバーの操作に俊敏に反応する特性にし、
ハンドルを戻した時にはフロントの駆動力を増やして、安定性重視の特性にする。

コーナリング時には旋回外側後輪のトルクを増やすことで
ニュートラルな操舵(そうだ)感を実現するほか、
外輪の回転数を増やすことで、最小回転半径を縮小する機能も果たす。


(日経Automotive Technology 鶴原吉郎)

トピックス 新聞記事も、記録として! (2013-06-05)



歴史的なゲームだったので、新聞記事も、残しておきたい!

          後半3回目のフリーキック・・・・・本田
          最後のコーナーキック・・・・・・・本田
          オーストラリアの選手のハンド…オーストラリア人
          ロスタイムの、pk・・・・・・・・・本田
 
                       まさに、「本田劇場!」



ど真ん中PK!本田W杯弾 3大会連続の世界最速切符

2013年6月5日 紙面から



◇ワールドカップ・アジア最終予選 日本1-1豪州





日本-豪州 後半ロスタイム、
同点PKを決めて雄たけびを上げる本田(沢田将人撮影)=埼玉スタジアムで


初めてホームで決めたW杯出場は、スリル満点のエンディングだった。

サッカーの2014年W杯
(ワールドカップ)ブラジル大会アジア最終予選B組、
日本-オーストラリアが4日に埼玉スタジアムで6万2172人の観衆を集めて行われ、
日本は1-1で引き分け、5大会連続5度目のW杯出場を決めた。

0-1で迎えた試合終了間際にMF本田圭佑(26)=CSKAモスクワ=が同点PK。
日本は11日のイラク戦を残して同組1位が確定し世界で一番早く予選を突破した。


 土壇場で起死回生の同点ゴールを奪ったのは、やはりこの男だった。


1点を追う後半45分、本田の右サイドからのクロスがハンドの反則を誘う。

ロスタイムに突入してからのPKは自らボールをセット。

「結構緊張していたけど、『真ん中に蹴って取られたらしゃあないな』と思って蹴った」。

ゆっくりとした間合いから左足でど真ん中に力強く蹴り込んで、ゴールネットに突き刺した。

5大会連続5度目のW杯に導く歓喜の一撃に、大観衆で埋まった埼玉スタジアムが揺れた。


ロシア杯決勝からわずか中2日で大一番に挑んだ本田は、闘争心をむき出しにして戦った。
技術、戦術の下地になるのは、揺るぎないファイティングスピリット。
前半24分に中盤でボールを失うと、
本田は猛然と追走し、そして敵を捕らえるとなぎ倒した。

「すべて大事なんですけ強いて言うと気持ちの面がオーストラリア戦を戦う上で一番重要になる」
華麗ではない。

どう猛かつ泥くさかった。


この決戦で、敵の意識は日本の背番号「4」に集中した。
そこを逆手に取った。
前半21分には50メートル以上をドリブル、4人を引きつけて前田にラストパスを送った。
思わぬ展開となった試合終盤も、チームをけん引する攻撃的姿勢は変わらなかった。

「残り時間は短かったけど、真司(香川)と話しながら、
オレらがスペースをつくりながら強引に相手のゴールまで迫っていこうと話した」。


執念の戦いで劣勢をはね返した。


今季は右太もも、左足首の痛みに悩まされた。
だが、けがを負う度にリニューアルを繰り返した。
「僕が歩んで来た道のりは順風満帆ではない。
恐らく、自分が進む道は一筋縄ではいかない。
しっかり責任をもって進んで行きたい」。


けがは停滞ではなく進化への始点。エースは大一番で、それを証明した。


ゴール後、感謝する仲間たちが覆いかぶさり、大きな山ができた。
それを背中ですべてを受け止めた。
試合後のインタビューで、本田はいたずらっぽく笑い、スタンドに向かって口を開いた。

「6月はコンフェデレーション(ズカップ)があるんで、
みなさんあまり期待していないだろうと思いますけど優勝するつもりで行く」。


まだ第1関門を突破しただけ。
日本サッカーに革命を起こす男は壮大な未来予想図を口にした。 (占部哲也)

4450件中2371-2375件

前へ1....470471472473474475476477478479480....890次へ