Home » トピックス

表示: トピックス健康・医療社会・政治新製品 2020年08月2020年10月2020年10月全て

4450件中2351-2355件

前へ1....466467468469470471472473474475476....890次へ

社会・政治 国の原発広報、事故後25億円 天下り・電力系7割受注  (2013-06-17)


【大谷聡】
東京電力福島第一原発事故後の2年間に24億8千万円分の原発の広報事業を国が行い、
その7割近い16億3千万円分を受注したのは、
経済産業・文部科学両省のOBや電力会社の幹部らが役員として在籍する法人
だった。
朝日新聞の調べでわかった。

天下り先に二重委託
原発広報の事業費は電気料金をもとにした税金で賄われている。
福島事故前と比べると総額は半分程度になったが、
事故後も国が原発関係の宣伝をし、
担当省庁の官僚OBや電力会社関係者がその利益を得るという構図が続いていた。


この事業は、経産省の「原子力広聴・広報等事業」や文科省の「原子力教育支援事業」など。

目的は「放射線の理解促進や原子力政策の情報提供で国民の信頼回復を図る」などとされる。

経産省の事業は市民や原発立地地域が対象で、
原子力研究者らの講演や放射性廃棄物のワークショップなどを開催。
文科省の場合は放射線測定器の貸し出しや教職員への放射線セミナーのほか、
新聞・テレビ広告などを行う。

朝日新聞は両省の発注状況の資料を入手し、受注した法人側へも取材して分析した。
それによると、2011、12年度に発注した原発広報事業は、
経産省が49件計14億8千万円で、
文科省は18件計10億円。
民間企業や財団・社団法人など計34の組織が受注した。

受注した組織の内訳を調べたところ、
(1)両省のOBが理事に就任している6法人
(2)現在は官僚の天下りはいないが、電力会社の役員や元役員が理事・
監事にいる4法人――の計10法人が、
事業費の66%にあたる33件計16億3千万円分を受注していた。残りは広告会社などだった。


10法人の中で、両省OBが常勤役員で在籍し、
報酬を公開している日本科学技術振興財団と
原子力環境整備促進・資金管理センター、つくば科学万博記念財団の場合、
常勤理事の報酬は年間1600万円程度という。

トピックス ロイヤルスイート1室2名 50,000,000円(税金、サービス料込み) (2013-06-16)

みなさん!…「プレゼントに、いかがでしょうか?」

       ・・・・・・ランボルギーニ、コンラッド東京とコラボレーションした宿泊プラン

ランボルギーニ・ジャパンは11日(火)、
コンラッド東京とコラボレーションして、
同ホテルが提供する宿泊プラン
“The Ultimate 50(ザ・アルティメット50)”にて、
特別な「ランボルギーニ・ガヤルドLP560-4」を提供するとを発表した。


両者は共に50周年という節目を向かえ、
特別なプレゼントして宿泊プランにおけるコラボレーションを実現した。


今回、コラボレーションを記念して、
“The Ultimate 50”でしか手に入らないランボルギーニ50周年記念ロゴのステッカーが施された「ランボルギーニ・ガヤルド」がプレゼントされる。


また、
“The Ultimate 50”では、コンラッド東京にて、
プライベートバトラーサービス付きのロイヤルスイートへの宿泊、
ヴィンテージワインとともに楽しめるスペシャルディナー、
ホテルの鮨職人によるプライベートな築地市場ツアーと鮨の朝食、
滞在中のプライベートドライバー付き車の利用などのホテルステイが体験できる。
また、プランの最大の特徴として、
プランご利用者にはランボルギーニの他に、
老舗時計ブランド“BLANCPAIN(ブランパン)”ともコラボレーションし、
プレゼントが用意されている。


ヒルトン・ワールドワイド日本進出 50周年記念 宿泊プラン“The Ultimate 50”

予約期間:2014年3月28日(金)まで

実施期間:2014年3月31日(月)まで

料  金:ロイヤルスイート1室2名 50,000,000円(税金、サービス料込み)

内  容:

・ロイヤルスイートへの3泊、プライベートバトラーサービス付き

・ヴィンテージワイン付き、プライベートシェフによるディナー(6名まで)

・ルームサービスでのルイ・ロデレール・クリスタルシャンパンボトル付朝食

・究極のスパジャーニー“Moisturizing Life”(240)分

・ランボルギーニ ガヤルドLP 560-4

・ブランパンウォッチトゥールビヨンラージデイト

・都内をプライベートカーのプライベート利用(プライベートドライバー付)

・鮨職人と行く築地市場ツアー、鮨の朝食

・50年ものポートワインのプライベートテイスティング

・グレンフィディックによる50年ものウィスキー

※尚、ガヤルドは在庫状況や時期によって、予定なく車種が変更になる場

トピックス 「父の日にちなんで!」 (2013-06-16)

 
「お父さんマネキン」だそうです。


  今年の夏は、
  クールビズを考え、ステテコに挑戦しようと思っています。
  きっと、この感じになってしまうでしょう!


                            「残念!」

社会・政治 ヤマメ巨大化 4カ月養殖 重さ5倍 (2013-06-15)

確かに、ヤマメは、日本の川から出れなかった「陸封型」だったような。
名称の変わる魚!北海道には、結構いますよね!

【魚類】海水で 海水が成長ホルモンの分泌を促進

五ケ瀬町鞍岡の
「やまめの里漁業生産組合」(秋本治組合長)は、
淡水養殖するヤマメを海水に移して約4カ月養殖した結果、
淡水に比べて重さを5倍に増やすことに成功した。
海水が成長ホルモンの分泌を促進 したことが要因と考えられる。



2割程度にとどまった成功率を上げることができれば大量生産が可能になるため、
秋本組合長は
「早ければ1年後から出荷し、新たな産業振興につなげたい」と意気込んでいる。

五ケ瀬町は冬の気温が氷点下に落ち込むため、ヤマメの成長が遅れがち。
そこで秋本組合長は、ヤマメが海水に適応できる浸透圧調節機能を備え、
海に下ると「サクラマス」と呼ばれることに着目。

県水産試験場や宮崎大などの協力を得て昨年12月、
平均水温が15度を超える浦城湾(延岡市)のいけすで海水養殖を試みた。

http://www.the-miyanichi.co.jp/contents/media/6/20130423-1366636087.jpg
【写真】淡水養殖したヤマメ(上)と海水養殖したヤマメ。
同じ期間で重さが5倍ほど違い、
秋本組合長は「大量出荷につなげたい」と意気込んでいる
宮崎日日新聞 2013年04月23日
http://www.the-miyanichi.co.jp/contents/?itemid=53088&catid=74&blogid=13&catid=74&blogid=13

トピックス 欧州日産、ジュークに新設計ディーゼルを採用 (2013-06-15)


欧州日産は、
ジュークに新設計ディーゼルエンジン“1.5dCi”を搭載すると発表した。
新しいディーゼルエンジンは
4.2L/100km(23.8km/L)という優れた燃費性能を誇る。


日本仕様のジュークにはガソリン車しか設定がないが、
ヨーロッパでは以前よりディーゼル車が設定され、人気を集めていた。
ジュークは2010年末の欧州での発売以降、
これまでに約33万台を売る人気モデルとなったが、
そのうち3分の1以上の13万2000台を1.5リッターディーゼルの
1.5dCiが占めていたのだ。


その進化版が今回発表されたもの。
改良では最大トルクが20Nm増して260Nmとなったほか、
アイドリングストップ機構が標準装備となった。

また高効率な燃焼を促すスプレーガイデッド式のピエゾインジェクターを採用し、
燃費を12.5%低減するとともにエンジンノイズの低減を図った。

4450件中2351-2355件

前へ1....466467468469470471472473474475476....890次へ