Home » トピックス

表示: トピックス健康・医療社会・政治新製品 2020年11月2020年12月2021年01月全て

4478件中2306-2310件

前へ1....457458459460461462463464465466467....896次へ

社会・政治 「やはりあった。nhk利権の巣窟!」 (2013-07-22)

やはりNHK利権は、官僚の天下りと同じ構図!!
おいしいとこどりで、NHKのOB を、食わせるためのネタになる模様!


視聴率好調のNHK朝ドラ『あまちゃん』で
橋本愛と能年玲奈が町おこしのために組んだユニット「潮騒のメモリーズ」に、
「ドラマ内だけで終わるのはもったいない」と、期間限定の本格歌手デビューの動きがある。


ある芸能記者によると、
なんとこれは
「NHK系列の企画会社によるもので、NHKから天下りした職員が仕掛けている」という。

ドラマ『あまちゃん』に出てくる映画『潮騒のメモリー』の同名主題歌は、
脚本を担当する宮藤官九郎が5分で歌詞を書いたといわれる。

80年代歌謡曲風のメロディが印象に残る曲だが
「ドラマ内で歌ったのは小泉今日子と、
橋本と能年のユニットですが、
企画会社の“仕掛け人”は
『映画の主演・薬師丸ひろ子も入れて、豪華な4人組にしたい』なんて鼻息荒い」(同)

この企画会社の試算では、
すでにCDリリースした場合に20万枚以上のヒットになるという具体的な数字も出ているという。

「岩手の震災からの復興にも焦点が当たる『あまちゃん』とあって、
岩手観光協会とコラボするプランもあるそうです。
この関係者はもともと、NHKで幅広い番組に関わっていた人物で顔も広い。
NHK内のほかでも同様の企画案が持ち上がったこともあって、
自分がその利権を総取りしようと動いているんです。当然、自身の懐も潤う算段があるはず」(同)

 実際、『あまちゃん』関連グッズや、それに伴う海産物フェアの企画が現在、大量にNHKに持ち込まれているという話はある。

「先日、関連会社のNHKエンタープライズは1月の『NHKスペシャル』で放送した
ダイオウイカのブームに乗って、DVDや関連グッズの販売に乗り出しています。
問題なのは、それが関連会社の利益になっていること。

本来は受信料で成り立っているわけですから、
その利益も受信料に還元すべきなのに、NHKは著作権管理ですら関連会社に任せていて、
そこには元NHKの職員や元官僚がズラリ。当然、かなりの待遇で大きな利権となっているんです」(同)

NHKは現在、受信料の未払いを激しく取り立てる作業に取り組んでいるが、
集めた金の利益を不当に還流させているのは腑に落ちない人も多いはず。
同時に30社以上もある子会社の利権も見直すべきではないか。

トピックス 小泉今日子“天野春子”で14年ぶりCD (2013-07-22)


天野春子名義で「潮騒のメモリー」を発売する小泉今日子

女優で歌手の小泉今日子(47)が、
大ヒット中のNHKの連続テレビ小説「あまちゃん」
(総合、月~土曜、前8・00)で演じている天野春子名義で、
挿入歌「潮騒のメモリー」のシングルCDを31日に緊急発売することが19日、分かった。

小泉がシングルCDをリリースするのは1999年以来、
14年ぶりのことになる。
劇中、小泉がカラオケで同曲を熱唱するシーンが話題となっており、
実現すれば88年以来、実に25年ぶりとなるNHK「紅白歌合戦」出場にも期待が高まる。

 「あまちゃん」の人気曲が、ついにCD化されることになった。

「潮騒の‐」は、ドラマの鍵となる楽曲だ。
劇中では、春子がアイドルを目指した86年にヒットした同名映画の主題歌。
娘で主人公のアキ(能年玲奈)が親友のユイ(橋本愛)と「潮騒のメモリーズ」を結成し、
同曲を熱唱することで、地元アイドルとなっていく。

19日の放送では、同曲を春子が影武者としてレコーディングしていたことが明らかになった。

社会・政治 「結局は、閉鎖空間での、リンチ殺人事件」 (2013-07-21)

結局、
16歳という。低年齢は、異常ですが?
金と男女関係の、もつれが、原因みたいですね!



広島県呉市の女性遺体遺棄事件で、
逮捕された広島市東区の無職少女(16)は事件の夜、
スマートフォンの通信アプリ「LINE」に、
被害者とみられる高等専修学校時代の元同級生(16)から悪口を書かれて立腹し、
仲間と一緒に元同級生を「遊びに行こう」などと誘い出し
山に向かったことが捜査関係者への取材でわかった。

県警は、
運転手役の無職瀬戸大平容疑者(21)を含め、
遺棄に加わったとされる7人全員がそろったのはこの日が初めてと見ており、
中には元同級生とほとんど面識がなかった容疑者もいるという。

新製品 ホンダ、世界最高燃費のHV「新型フィット」発表 (2013-07-20)

「ガスステーションの、危機!」

ホンダの新型「フィット」。

燃費性能はリッター36.4キロと世界最高を実現(ホンダ提供)
ホンダは19日、
燃費性能がガソリン1リットル当たり36・4キロと世界最高水準を達成した
ハイブリッド車(HV)の新型「フィット」を9月上旬に発売すると発表した。
競合車種となるトヨタ自動車のHV「アクア」の燃費を1キロ上回る。

排気量は1300ccと1500ccで構成し、
ガソリン車も用意するが、主力はアクアと同じ1500ccのHVとする。
価格は最終調整中だが、
HVは競合するアクア(169万円から)並みに抑える見込み。

2代目の現行車種は初代のデザインを踏襲したが、
3代目となる新型フィットは外装、内装とも大幅刷新した。

ホンダは1999年にHV「インサイト」を発売以来、
HVの販売を続けてきたが、今年3月末時点の世界販売累計台数は108万台と、
トヨタの512万5千台に大きく水をあけられている。

ホンダは、今回のフィットHVの発売で、
6月に販売を開始した燃費性能30キロの「アコードHV」(排気量2000cc)と合わせ、
HV市場で独走状態だったトヨタを追撃する。

健康・医療 甲状腺被曝、公表の10倍 福島第一作業員、半数未受診 (2013-07-20)



【大岩ゆり】
東京電力福島第一原発事故で、
がんが増えるとされる100ミリシーベルト以上の甲状腺被曝(ひばく)をした作業員が、
推計も含め2千人いたことが分かった。
対象を広げ詳しく調べ直したことで、昨年12月の公表人数より10倍以上増えた。
東電は、
大半の人に甲状腺の異常を調べる検査対象となったことを通知したというが、
受検者は半数程度にとどまるとみられる。

作業員の内部被曝の大部分は事故直後の甲状腺被曝だ。
だが、
厚生労働省も東電も、全身の線量だけで作業員の健康を管理しており、
甲状腺被曝の実態把握が遅れている。国の規則が全身の被曝線量の管理しか求めていないためだ。

東電は昨年12月
、一部の作業員の甲状腺被曝線量を初めて公表した。
世界保健機関(WHO)に報告していた、
実測値のある522人のデータで、100ミリシーベルト以上の人は178人、
最高は1万1800ミリシーベルトとしていた。

東電はこれをきっかけに、対象を広げ、
甲状腺の線量をきちんと実測しなかった作業員についても、推計した。
さらに今年に入り、
東電からデータの提供を受けた国連科学委員会が、
作業員の甲状腺被曝線量の信頼性を疑問視していることが判明。
厚労省も、東電と関連企業に内部被曝線量の見直しを指示した。

実測値を再評価したほか、体内に入った放射性ヨウ素の量がはっきりしない場合、
セシウムの摂取量をもとに、作業日の大気中のヨウ素とセシウムの比率などから推計した。
この結果、
100ミリシーベルトを超えた作業員は1973人と分かった。
中には、線量見直しで甲状腺被曝が1千ミリ以上増えた人もいた。


旧ソ連のチェルノブイリ原発事故の経験などから、
甲状腺に100ミリ以上の被曝をすると、がんのリスクが高まると考えられている。
従来は、
40歳以上はがんが増えにくいとされていたが、
最近は40歳以上でもリスクが増えるとの報告も出ている。

4478件中2306-2310件

前へ1....457458459460461462463464465466467....896次へ