Home » トピックス

表示: トピックス健康・医療社会・政治新製品 2020年11月2020年12月2021年01月全て

4473件中2296-2300件

前へ1....455456457458459460461462463464465....895次へ

社会・政治 「相変わらずの、くそ申請!!」 (2013-07-25)


「(行政機関の評価を)反映するつもりがあるのかないのか。
会合の時間を無駄にしてはいけない」。

規制委の担当者は、関電側の姿勢にいらだちを隠さなかった。

高浜3、4号機では、津波の高さの想定について、
福井県は3・7メートルを超えるとしているのに対し、
関電は最大で2・6メートルと申請している。

初回の審査会合で、規制委側はこの点を問題視。
この日も規制委側は、
津波想定の前提となる沖合の活断層の長さを、県が90キロ・メートルと評価しているのに、
関電は38キロ・メートルとしている点を追及し、県と同様の想定をするよう改めて求めた。

関電は
「決して県の評価を考慮していないわけではない。
今後、その点を説明していきたい」とし、申請内容の修正について明言しなかった。

規制委側は関電大飯原発3、4号機(同県)に対し、
敷地内の破砕帯(断層)の調査が続いている点を理由に、審査に入らないことを伝えた。

関電側は「調査は最大限努力している。
今後もできるだけ早く対応する」と応じた。
規制委は27~28日に専門家チームを派遣して3度目となる現地調査を行い、
破砕帯が活断層かどうかの判断を急ぐ。

北海道電力泊原発1、2号機では、重大事故対策で
「構造が違う3号機のデータを流用している。明らかに準備不足」と批判し、

「審査を保留する」と述べた。

申請の遅れた九州電力玄海原発3、4号機(佐賀県)については、
九電がこの日の会合で申請内容を説明。25日の次回会合で規制委側が課題点を指摘する見通し。

健康・医療 「ここでもねつ造」 (2013-07-25)


  一体、何を信じたらよいのか?
  東大の分子生物学の権威?でも、・・・・・「ねつ造を大量増産!」

  きっと。これで、「博士論文!」執った医師もいるでしょう!

やったことは初歩的な画像の操作!
          ・・・・「パソコンの、フォトショップで、チャッチャと、編集したら終了」
              レベルの画像処理で、小学生でもできます。」

    いろんな細胞に、遺伝子的操作をして、その細胞を、大量増殖させ、
    その細胞が、特異的な、たんぱく質を多量に作っているかどうかを調べるウィスタンブロッド
    出てくるデーターは、質量の差が出て、その濃度が、強いか弱いかを見極めるだけ。
    ない場所に違うデーターを入れ込んで、編集したら、結果は、自由に操作できる。

 この、染色されたラインに、研究者は、一喜一憂するわけですが??
 実際、やっている本人は、教授ではありませんから、下の者が、故意にねつ造すれば?
 生の結果見なければ、わかりません。・・・・でも、あまりに都合よくデーターが出れば、
 教授には、わかるはずです。
 はじめは、ちっと薄く出ているから、ここを、強調しろとかなんとか言っているうちに、
 完全に別の画像張り付けた??・・・・みたいな事も??

                     結果:::「¥20億円なり!!」

【瀬川茂子】
東京大学の調査委員会が、
分子細胞生物学研究所の加藤茂明元教授(54)のグループの論文について、
改ざんや捏造(ねつぞう)、もしくはその疑いがあると認定し、
計43本は撤回が妥当と判断していることがわかった。

ほとんどが、実験結果の証拠にもなりうる画像の不正だった。
加藤元教授は撤回に応じるという。これだけ多くの論文が改ざん・捏造とされたのはきわめて異例だ。


加藤元教授は国内を代表する分子生物学者で、有名雑誌に多数の論文を発表してきた。

数々の研究プロジェクトも進め、
一連の研究には20億円以上の公的研究費が投じられている。

改ざんなどが指摘された論文には20人以上の研究者が関わっており、
こうした論文で得た博士号などの学位が取り消される可能性もある。

社会・政治 「栄枯盛衰!…・平家物語か! (2013-07-24)

お寒い限りです。・・・・・「日本のモータぜーション!!のオチぼれ方。」

東京モーターショー、米ビッグ3不参加 車種展開乏しく日本市場軽視[13/04/10]


11月に開催する第43回東京モーターショー(隔年開催)に
「ビッグスリー」と呼ばれる米自動車大手3社が参加しないことが9日、分かった。

一方、
スウェーデンのボルボは2007年の第40回以来の参加を決めたことも判明。
欧州勢は、フォルクスワーゲン(VW)、アウディなども軒並み参加する見通し。
欧州勢と米国勢で異なる対応となった。

東京モーターショーの参加を見送るのは、
ゼネラル・モーターズ(GM)、
フォード・モーター、
クライスラーで、

不参加は09年以来、3回連続となる。
米国勢は、低燃費車や小型車が少なく、日本市場に合わせた車種展開に乏しい。
米自動車業界は環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)の事前交渉で、
「日本での米国車販売の不振は市場が閉鎖的なため」と批判しているが、
自動車業界関係者は「販売増につなげる商品力、アピールが足りない」と反論。
モーターショーに出るべきだとの声は多い。

一方、
欧州勢は09年は前年秋のリーマン・ショックを受け、参加を辞退したが、
11年から復帰している。
欧州勢は、排気量を小さくし、燃費効率を上げるなど日本市場に合わせた新車を投入。
12年度の輸入車モデル別の新車販売台数では、VW「ゴルフ」(1万9464台)を
筆頭に、上位20車種すべてを欧州勢が占め、日本市場を重視している。

ソースは
http://www.sankeibiz.jp/business/news/130410/bsa1304100501000-n1.htm
http://www.sankeibiz.jp/business/news/130410/bsa1304100501000-n2.htm
関連スレは
【自動車】日本での外国車シェア7.6%と過去最高 首位は7年連続で「ゴルフ」[13/04/04]
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1365043067/l50

社会・政治 「地下水は、漏出するし、今度は、直接原子炉から!!」 (2013-07-24)


線量は562ミリシーベルト=湯気確認の3号機5階で-東電福島第1


東京電力福島第1原発3号機の原子炉建屋5階付近で
湯気のようなものが確認されたことを受け、東電は23日、
湯気が上がった箇所の放射線量を測定したところ、
1時間当たり562ミリシーベルトだったと発表した。

 


東電によると、湯気が確認された5階周辺の25カ所を測定。

最大値が同2170ミリシーベルト、最小値は同137ミリシーベルトだった。
 
報告を受けた原子力規制庁は線量が高いとして、さらに詳細な調査を行うよう東電に指示した。
 
湯気は18日に確認された後、23日にも5階中央部付近で上がったという。

東電は格納容器内の温度や圧力に大きな変化はないとして、雨水の蒸発との見解を示している。(2013/07/23-22:25)

また適当な理由つけるんでしょうね!!・・・・封じ込め失敗とは、選挙後絶対に言えませんよね!
再稼働申請の中??・・・・・経済産業省・自民党幹部連中・東電で密室会談と調整です。

健康・医療 不正のシナリオが、少しづつ判明しました。 (2013-07-23)

府立医大に2年先行する慈恵医大の”研究”こそ、明らかに怪しい。

 嘘はつけないしペテンも不可能:JIKEI Study
Mochizuki S et al for the Jikei Hearty Study group: Valsartan in a Japanese population with hypertension and other cardiovascular disease (Jikei Heart Study):
a randomised, open-label, blinded endpoint morbidity-mortality study. Lancet. 2007; 369: 1431-9.

高血圧,心不全,虚血性心疾患などの心疾患を有する症例に対して,
現行治療にバルサルタンを上乗せした場合の心血管イベント予防効果を
バルサルタン以外の降圧薬と比較したところ,
一次エンドポイントである心血管疾患による入院および死亡の複合の発症は
バルサルタン上乗せ群の方が有意に少なかったと主張している.

しかし,
それはペテンである.なぜか?
まず,最も大切な主要評価指標 (Primary Endpoint)の評価が盲検ではなく,
PROBE(Prospective randomised opnlabeled blinded stuty)法である.
PROBE法では,自分がどの薬を飲んでいるか,患者も医者も知っている.
その結果,どんなことが起こるかは,みなさんよくご存知の通り.
バルサルタン群の患者は,
自分は,あの素晴らしいお薬を飲んでいるから大丈夫と思い,
非バルサルタン群の患者はあの素晴らしいお薬を飲めない
自分はどんな怖い病気になるかもしれないと恐怖におののき,救急外来を受診する.

非バルサルタン群患者A ”先生,どうも昨日から,だるくて”
治験医師X ”大丈夫,ただの風邪ですよ”
患者A”でも先生,熱もないんですよ.なのにだるいっていうのは,
あのお薬を飲んでいないんで,心臓が悪くなったんじゃないかって,心配なんです”
医師X”大丈夫,心電図とっても異状ないし”
患者A”でも先生,だるいのは,脳の血管が詰まってるなんてこと,ないでしょうね.
昨年,母親がくも膜下出血で倒れた時も,はじめは風邪の頭痛だって言われていたんですよ”
医師X(参ったなあ.脳卒中見逃したら訴えられるし,でもいますぐMRI撮れないし・・・)
”そんなに心配なら,どうします.1-2日入院して検査してみますか?”
患者A”ええ,先生,是非お願いします”

こんなもんが”臨床試験”とは片腹痛い.
それとも,この会話にみられるような”実地臨床”を反映しているからこそ,
PROBE法が有効とでも言うのだろうか?
だったら,PROBE法なんて無理してかっこつけないで,
まるきりのオープン試験の法がずっといいだろう.

PROBEでは,医者の介入ではない,
検査値のような客観的指標をエンドポイントに採用しなくてはならない
(それでも患者側の受診行動に対するバイアスは排除できないのだが,とりあえず)
のに,このJIKEI Studyの悪質なところは,
入院という,医者の判断そのものをエンドポイントにしてしまっている点にある.
それだけでも,このJIKEI Studyは,
臨床試験として三流の価値しかないと考えられるのに,
さらに,Primary Endpointの変更という,常軌を逸したプロトコール修正が途中で行なわれている.

つまり,当初の試験計画(Cardiovasc Drugs Ther 2004; 18: 305\309 ttp://www.springerlink.com/content/x31w001250741631/fulltext.pdf)では,
primary endpointを”心血管疾患の発症”としていたのに,
いつのまにか(!!),”心血管疾患による入院”にすりかえられていたのである.
さすがに後ろめたいと見えて,その変更理由の説明はどこにも書いてない.


主要評価指標を試験開始後に変更すること自体、詐欺を通り越して喜劇である。
なぜか?それは、小学生さえだませないから,詐欺として成り立たないのである.


2007年プロ野球日本選手権,
第一戦のスコアボード ttp://square.umin.ac.jp/massie-tmd/07jbl1.jpgを
ご覧いただきたい。そう,3-1でファイターズの勝ちだ。
どんなにドラゴンズを愛している小学生でも、
ドラゴンズが4安打でファイターズが2安打だから、4-2でドラゴンズの勝ちとは絶対に言わない。

だから、
どんなにバルサルタンを愛していても、
「一体、この薬は何に効くのか?」という、検証仮説の根幹を成すエンドポイントを、
試験の途中で変えてはいけないことは、小学生にだってわかる。

だから,試験の途中でのprimary endpoint変更は,小学生にも理解できる喜劇なのだ.
しかも,
変更の方向が盲検性を保つ方向ではなく,
逆に破れる方向となっている点に至っては,尻を拭かずにトイレから出てくるような行為で,
ギャグネタにさえもならない.

この論文の最大の功績は,primary endpointを試験の途中ですり替えるという,
前代未聞の裏技をランセットが見逃してくれることを証明した点にある.

ttp://square.umin.ac.jp/massie-tmd/clnjc.html#peten3

4473件中2296-2300件

前へ1....455456457458459460461462463464465....895次へ