Home » トピックス

表示: トピックス健康・医療社会・政治新製品 2021年10月2021年11月2021年12月全て

4671件中2296-2300件

前へ1....455456457458459460461462463464465....935次へ

社会・政治 「汚染水を『コントロールできている』と嘘をついて五輪開催を決めたのは問題」… (2013-10-21)


          ・・・・・・・・・・・東京新聞の記事ですが?…半分は当たっています。

東京五輪より復興が先!青山通りで開催返上デモ



二〇二〇年五輪の開催地決定返上を訴えるデモが二十日、
青山通りであり、市民有志百人近くが「五輪はおことわり」とシュプレヒコールを上げた。

市民有志でつくる「反五輪の会」が呼び掛けた。

渋谷区勤労福祉会館から、五輪のメーンスタジアムとなる新国立競技場
(新宿区)の建設予定地まで、青山通りなど約三キロを歩いた。

「税金を使うな」「(東日本大震災からの)復興が先だ」
「(新国立競技場の建設で都営)団地をつぶすな」と声を上げた。

首藤久美子代表(42)は
「安倍晋三首相が福島第一原発の汚染水を
『コントロールできている』とうそをついて五輪開催を決めたのは問題。

五輪によるひずみにまだ気づいていない人に訴えたい」と話した。

ソース(東京新聞) http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokyo/20131021/CK2013102102000101.html
写真 http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokyo/20131021/images/PK2013102102100057_size0.jpg

デモしたい人の気持ちはわかります。…が?新聞は世論操作の道具です。半分だけ信用しましょう。

健康・医療 「まきビシで、トコジラミを駆逐する方法」 (2013-10-21)


駆除が困難なことで知られる吸血性の昆虫
「トコジラミ(ナンキンムシ)」の画期的な駆除方法が、
バルカン半島に古くから伝わる慣習をナノスケールで研究することで
開発されるかもしれない──。

 

ブルガリアやセルビアなどバルカン諸国の一部農村地域では、
寝る前にインゲンマメの葉をベッド周辺にまき、
翌朝、
トコジラミが付いた葉を燃やして害虫を駆除する習慣がある。

米カリフォルニア大学アーバイン校
(University of California at Irvine、UCI)の研究者らは、
インゲンマメ(学名:Phaseolus vulgaris)の葉の表面に生える
微細な毛が虫の寄生を防いでいるとし、
その構造を人工的に再現する取り組みについての報告を、
9日の英国王立協会(British Royal Society)の専門誌で発表した。

インゲンマメの「防衛」の仕組みについて解明に乗り出した研究チームは、
高速撮影機器と走査型電子顕微鏡(SEM)を使い、葉の上のトコジラミを観察した。
その結果、
インゲンマメの葉には「トライコーム(毛状突起)」と呼ばれる
非常に鋭い突起物があり、
これがトコジラミの脚に突き刺さることで身動きをとれなくしていることが分かった。

この構造に着目した研究チームは、
大きさも形もそっくりな試作品を開発し、
トコジラミの動きを「一時的」に止めることに成功した。
今後は、
どんな場所でも長期間にわたって使用可能な
「トコジラミトラップ」の開発を目指しているという。(c)AFP
_____________

▽記事引用元 AFPBBNews 2013年04月11日 13:09配信記事
http://www.afpbb.com/article/environment-science-it/science-technology/2938189/10565158

トピックス ウルトラセブン超兵器大研究 ~本当に飛ぶ!ウルトラホーク1号付き~ (2013-10-20)

・著者:中村宏治 監修:円谷プロダクション ・定価:1,355円(税込)
・発売日:2013年04月09日

■内容紹介
円谷プロダクション50周年を記念し発行する本書では、
不朽の名作『ウルトラセブン』に登場したウルトラ警備隊のオールメカニックを、
ファンが渇望する撮影用ミニチュアや未発表メイキング写真など
今まで公開の機会がなかった貴重なスチールとともに徹底解説。

さらに、実際に飛ばして遊べるPP製
「本当に飛ぶ! ウルトラホーク1号」を付属。
α号、β号、γ号の3機に分離・合体可能で、専用スタンドも付属する。
(c)円谷プロ

【著者略歴】
中村宏治(なかむらこうじ)

1965年生まれ。横浜育ち。
映画専門学校卒業後、ホビー業界で働きつつ、フリーの編集ライターとして活躍。
キャラクター関連の仕事に追われながらも、
特撮関連では[TDF PO-1]の研究者としての活動をおこなっている。

主な仕事にホビー関連では『究極精密造形ポインター号』(ユニファイブ)、
出版関連では『僕たちの好きなウルトラセブン』(宝島社)などがある。






トピックス 918売れ残っています。 (2013-10-20)

    
    ¥8450万円

   同じハイブリッドのライバルに比べて重すぎるんだよ


ポルシェ918スパイダー 市販スペック
最高出力887PS  車両重量 約1,640 kg

マクラーレンP1
最高出力916PS  車両重量 約1,395kg

ラ・フェラーリ
最高出力963PS  車両重量 約1,255kg


健康・医療 「人の、意思を伝えようとするときの時間は、10秒の、アイコンタクト!」 (2013-10-19)



サンフランシスコに本拠を置く企業研修・コンサルティング会社
デッカー・コミュニケーションズのベン・デッカーCEOによると、

1対1のコミュニケーションでは1回につき7~10秒、
グループでは3~5秒のアイコンタクトが最も効果的だという。

同CEOによれば、
視線をあまりにも早くにそらしたり、
全くアイコンタクトを取らなかったりする人は

「信用できない、知識が足りない、神経質な人」だと見られることが多い。

グループを相手に話す場合は、多くの聴衆を見るようにし、
誰も自分がのけ者にされたと思わせないようにする必要がある。

4671件中2296-2300件

前へ1....455456457458459460461462463464465....935次へ