Home » トピックス

表示: トピックス健康・医療社会・政治新製品 2019年11月2019年12月2020年01月全て

4228件中226-230件

前へ1....4142434445464748495051....846次へ

社会・政治 監督と、部員の意識のかい離?がもんだいになってますが。 (2018-05-19)


 それにしても、日大の対応。

 部員がさらし首状態で、何の保護もしていず、部員が勝手にしたみたいな。

 「スポーツハラスメント状態。・・・・・相撲も、レスリングも、」

 立場の強い指導者が、「ミニ独裁国家を作り、大様になる感じ」

 オット、政府もそうでした。

 今回の事件は、早く司法にゆだねるのが懸命。

 このままでは、事件を犯した日大部員の生死にかかわると思います。

 早く「保護してあげなくては。」

17日に開いたミーティングの中で、
コーチが部員らに意図的な反則を否定した回答書と同様の説明を行ったという。

これに対し、現役部員が産経新聞の取材に
「僕らは本当のことを分かっているので、コーチの説明に納得できない。
怒っている部員はいっぱいいる」と明かした。

同部は18日も全体練習を行わず、
東京都世田谷区の練習場で一部の選手が自主練習で汗を流した。
チーム内には反則をした選手を心配する声もあるといい、
部員の一人は「このままではチームが崩壊してしまう」と悲痛な面持ちで心境を語った。

日大は18日午後に理事会を開いたが、
広報担当者によると、今回の反則問題は話し合わなかった。

社会・政治 これがすべて。 (2018-05-18)



   無表情、低いトーンで

「現場で責任者は監督です。
 その中であのプレーが起きたのは監督の責任。
 指導者は学生たちを守るのが基本で、ちょっと受け入れられない」

 と厳しく非難した。

6日の定期戦では関学大の2年生QBがパスを投じた約2秒後、
日大DLに意図的に見えるタックルを背後から受けた。
教え子は全治3週間のケガを負い、
10日付で日大に抗議文を送付。

15日夜に回答を受け取った。

日大DLは周囲に

「『(反則を)やるなら(試合に)出してやる』と監督から言われた」と話しているが、

回答書には「意図的な乱暴行為を行うこと等を選手へ教えることは全くございません」とあった。

健康・医療 どちらが正しいか?わからない。 (2018-05-17)

論文側は、方法論を。
雑誌側は、過剰投与をおかしい。 

過剰取入れが、脳関門で、起こるシステムを証明しないと。
結果の判定はできませんね。

英科学誌サイエンティフィック・リポーツは11日、
子宮頸(けい)がんの原因ウイルスの感染を防ぐ
「ヒトパピローマウイルス(HPV)ワクチン」に関する、
東京医科大などのチームの論文を撤回した。

論文は2016年11月に掲載された。
HPVワクチン接種後に脳や神経に異常が起きるかを解明するため、
ワクチンと百日ぜき毒素を注射したマウスと
対照群を比較する試験を実施。
脳の異常などを確認したとする結果をまとめた。

試験では、
脳に入る物質を選別する血液脳関門を薬物が通りやすくするため、
百日ぜき毒素を使用。
ワクチンは0・1ミリリットルを5回の計0・5ミリリットルを注射した。
これは人に接種する3回のうちの1回分の量にあたる。

同誌は撤回の理由を
「HPVワクチンだけで起こる神経系の損傷を明らかにするため、
多量のHPVワクチンと百日ぜき毒素を使うのは不適切な方法」とする。
これに対し論文の責任著者、
東京医科大の中島利博教授は「撤回は一方的」とコメント。
撤回された理由について中島さんは
「ワクチンの投与量は薬の安全性の試験の基準に基づいている。
百日ぜき毒素も血液脳関門を一過性で開くために使っているだけ。残念だ」と話している。

社会・政治 「傷害の教唆です。」 (2018-05-16)

監督指示のもと、部員が忠実にプレーした。
本人はもちろん、監督は傷害罪で逮捕です。・・・・追放ですね。

内田監督は
試合前に関学大QBを負傷させる趣旨の命令を選手にしていたともいう。
実際に関学大戦後には

「うちは力がないから、厳しくプレッシャーをかけている。
あれぐらいやっていかないと勝てない。やらせている私の責任」と、
指示を思わせるような発言もしていた。

社会・政治 身の危険を回避するのは、当たり前の処置です。 (2018-05-15)

 
アメリカンフットボールでラフプレーによる処分を受けた日大が、相次いで対戦を拒否された。
関東学生連盟は14日、
日大が予定していた20日の法大、
6月9日の東大、
10日の立大とのオープン戦3試合を中止すると発表。

3校は連名で、正式処分や再発防止策を講じていないことから、
安全を優先して中止を申し入れた。
連盟は6日の関学大戦で3度のラフプレーで退場した
日大DLの対外試合出場禁止などの暫定処分を10日に発表。

また、日大に見解と謝罪を求めている関学大は16日を回答期限とする抗議文を送付している。

日大のラフプレー問題は収まることなく広がる一方だ。
ライバルが対戦を拒否する事態に。
関東大学1部TOP8で秋のリーグ戦で対戦予定の法大と立大、BIG8の東大も中止を申し入れた。
法大は長年日大と優勝争いを演じ、一時中断していた対戦を今春復活させる予定だった。

法大は16年、東大も昨年体制が代わり、改革を打ち出し、友好的に活動している。
両校はチーム方針で特に安全第一を打ち出し、立大も同調して今回のラフプレーを重大視。
昨年就任した東大の森ヘッドコーチ(HC)は
「連盟処分は暫定で、正式に見解も出されていない。
十分な安全性が担保されていない中で、試合はできない」と中止申し入れの理由を説明した。

森HCは未経験から京大で2度日本一になり、88年からコーチを務めた。
5チーム中3チームを日本一に導き、
11年からは日本代表HCも務めた。
日大DLの最初の反則には
「30年以上指導してきて初めて。
経験者でも極めてまれと分かる」と危険性を感じていた。
反則はパスを投げ終えた約2秒後、無防備の関学大QBの背後からタックル。
QBは右膝軟骨損傷などで全治3週間と診断された。

東大は狭き門の国立校で、大半が未経験から入部。
森HCは「スポーツ経験のない学生もいる。
迷っている新入生や保護者も不安な状態で試合はできない」とも話した。
他校で来年入学の勧誘で「大学は怖いので競技はやめる」という高校生も出てきたという。
競技人口減少や存続を危ぶむ声すら上がりだした。

4228件中226-230件

前へ1....4142434445464748495051....846次へ