Home » トピックス

表示: トピックス健康・医療社会・政治新製品 2021年04月2021年05月2021年06月全て

4579件中221-225件

前へ1....4041424344454647484950....916次へ

トピックス アルパカの抗体…公開される。 (2020-05-12)


琉球大学発スタートアップのRePHAGEN
リファージェン、沖縄県うるま市)は
、同社が取得した新型コロナウイルスに対する抗体(VHH抗体)を、
希望する研究者に対して無償提供する方針を明らかにした。

ウイルスの表面にある突起状のスパイク(S)
タンパク質の受容体結合ドメイン(RBD)に結合するVHH抗体で、
同社が保有するライブラリーから有効な化合物を選択するスクリーニングをして得られたVHH抗体を、
試験管内で進化させて結合しやすくした。
研究用の試薬として広く活用してもらいたい考え。

RePHAGENとしても、企業などと共同研究を進めて検査薬や治療薬への応用を進める方針だ。


■SARSの経験生かし作製

VHH抗体は、アルパカなどが持つ重鎖抗体という
特徴的な抗体の可変領域部分を切り出したもので、
通常の「IgG」型抗体とは異なり単鎖のみで抗原に結合する。
そのため大腸菌などでの作製が容易で、
遺伝子情報さえあれば簡単にVHH抗体を取得でき、
酵素免疫測定法(ELISA)やウエスタンブロット法による
タンパク質の検出実験などに活用できる。

代表の村上明一氏は2003年に重症急性呼吸器症候群(SARS)が発生した際、
留学先の米ダナ・ファーバー癌研究所でいち早く
SARSのコロナウイルスに対する中和抗体を作製した実績を持つ。

その際に得られた抗体もRBDへの(病原体を見分けられる)特異性が高いものだった。
村上氏は
「SARSはすぐに終息したが、
今回その経験が役に立てないかということで試したところ、提供できる性能の抗体が取れた」と話す。

RePHAGENは、
公共データベース「Genbank(ジェンバンク)」にアップされている
新型コロナウイルスの塩基配列を基に、
Sタンパク質のS1サブユニットを自社で作製し、
これを抗原として自社のVHH抗体ライブラリーから
RBDに対する特異性の高いVHH抗体を選びだした。

さらに相補性決定領域(CDR)の一部をシャッフルするなどして結合能をより高めている。

S1サブユニットはウイルスがヒト細胞に侵入する際に、
ヒト細胞の「ACE2(アンジオテンシン変換酵素2)」に結合するため、
得られる抗体はウイルス本来の作用を失う中和活性を持つ可能性が高い。

まずは、VHH抗体の遺伝子情報と
大腸菌によるVHH抗体の発現・精製方法をデータで提供する方針。
また、希望があればVHH抗体の遺伝子を
「プラスミドベクター」と呼ぶDNAに封入した形で郵送したり、
VHH抗体そのものを送付したりすることも対応可能だという。
のウェブサイトで、近く受け付けを開始する。


■PCR検査に活用できる可能性

このVHH抗体については、
新型コロナウイルス検査薬の開発を目的として、
複数社から共同研究の打診があるという。

抗原抗体反応以外に、
新型コロナウイルスの有無を調べるPCR検査前のウイルス濃縮にも活用できる可能性がある。


健康・医療 神戸で、また院内感染。 (2020-05-11)


 神戸で、また院内感染発生の緊急病院が出ました。

 中央市民病院がやっと一部外来再開になったばかり。

 また緊急指定病院が、ロックダウンです。

 大阪よりも、医療危機状態強いです。

抗原抗体キット保険適応になるようですが、入荷はいつになるでしょう。
クリニックレベルでは、抗原キットより、
抗体キットが必要です。

抗原プラスとなれば…り患状態まさに感染中です。他人にうつします。
抗体なら、社会的貢献ができるかどうかがわかります。…すでにかかっているかどうか>。

新型コロナウイルスに感染しているかどうかを短時間で調べられる
「抗原検査」について、厚生労働省は確定診断に使う方針を固めた。

PCR検査と併用する考えで、検査件数の増加につながる可能性がある。

13日にも、検査キットが薬事承認される見通し。

 抗原検査は、ウイルスを形づくるたんぱく質を直接検出する方法で、インフルエンザウイルスの検査などに広く使われている。鼻やのどの奥をぬぐってその場で検査し、10~30分程度で結果が出る。

 承認される見通しなのは、国内メーカー「富士レビオ」が4月27日に申請した抗原検査キット。同社の製品は、インフルエンザやB型肝炎などのウイルスで実績がある

トピックス 13日、承認!抗原検査。 (2020-05-10)


 政府は九日、
新型コロナウイルスを患者の検体から十五~三十分で検出する
「抗原検査」のキットを十三日に薬事承認する方針を固めた。

PCRによる検査が数時間かかるのに対し、
医療現場で短時間で判定が可能になるため、
検査態勢の強化に貢献しそうだ。

当面、週二十万件分が供給可能だ。
ただ精度はやや劣るため、陰性が出た場合は、念のためPCRによる検査を実施する見通しだ。


 承認と同時に保険適用とすることも決めた。


 開発した「富士レビオ」(東京)が四月に申請していた。
加藤勝信厚生労働相は今月八日の衆院厚労委員会で
「来週中に判断する。医療現場で使えるようになる。メーカーによると、
かなりの数が提供され得る」と述べた。

同社広報は需要状況に応じて生産規模の拡大を検討するとしている。


 
抗原検査はインフルエンザ検査でも広く使われる。
ウイルス特有のタンパク質(抗原)を狙ってくっつく物質を使い、
患者の検体に含まれるウイルスを発見する。
病院で鼻の奥の粘液を取れば、その場で調べられる。
現状のPCRでは、
装置のある地方衛生研究所などに送って調べるため、
患者が結果を知るのに一週間かかるケースもあるという。

ただウイルス量の少ない患者は陰性となる可能性もある。
加藤厚労相は
「見落としもあるのでPCRで補っていく。
一番いい組み合わせで活用を考えていく」と述べた。

その上で、救急医療や手術前など、
直ちに判断する必要のある医療現場ではツールとして価値があるとの考えを示した。

健康・医療 37,5度・4日間が、目安だそうで。 (2020-05-09)


もう2ヶ月ぐらいたってます。
厚生労働省からの受診の目安。目安ではなく、「拒むための理由でしたよね!」

これが独り歩きして保健所が理由にしていたこの文言を、
誤解だと言ってします。
挙句の果て
世界39位のPCR検査数で、国際的に無能呼ばわりされ、
手遅れの死者を作り、
今になって、増やします??・・・・増えるでしょうか?
民間使うとか言ってますが、山中さんは、国中の使用すれば10万も大丈夫と言ってますが。

これからは、
発生時は、PCR検査・抗原検査
不明・健常者は、抗原抗体検査。
それにより、自粛率の制限・個人の活動範囲の解除など、
機動的に使用し自粛制限の開放に重点を置く治療検査方針が必要です。
神戸で、3%。慶応で1%。大阪市大1.7%。
積極的疫学検査が必要です。
献血の抗体陽性率の結果はどうだったのでしょう?

加藤勝信厚労相は8日の会見で
「目安ということが、
相談とか、
あるいは受診の一つの基準のように(とらえられた)。
我々から見れば誤解でありますけれど…」
「これについては幾度となく、
通知を出させていただいたり、
『そうではないんだ』ということを申し上げて、
相談や受診に弾力的に対応していただいた」などと述べていた。

 辛坊氏は「いすから転げ落ちそうになりました。何を言ってんだ!?」と語った。

健康・医療 アメリカでは、無能呼ばわり。される現状。 (2020-05-08)

 PCR検査に対する批判は以前から根強かった。4月23日に外務省が海外メディア向けに開いた記者会見では、「もっと多くの市中感染があるのではないか」「緊急事態宣言をもっと早く出さなかったことを反省しているか」などとPCR検査も含め、厳しい質問が20問以上、約1時間続いた。

 日本の立場が危うい。ポストコロナでの発言・立場無くなる。

これは首相の責任。
専門者会議も、政府と、調整して国民にまともな情報を発信できず。
韓国の相変わらずの上から目線も気になりますが。
日本だけこれでよいのでしょうか?
首相の、「目詰まり??」している路線・・世界に出て説明できますか?
真剣さがないのです。やる・気力・守りたい気持ちがない。
ご自分の維持。周りの維持で精いっぱい。
すべて完了にお任せ。・…あんたが守らなくて誰が守るのでしょう…国民!

英BBC(電子版)は4月30日、
PCR検査について「日本の検査数の少なさは疑問だ」と題する記事を掲載。

日本の感染者数は28万~70万人におよぶという試算を紹介しながら
「日本は検査数を増やさないと、パンデミックの終結はかなり困難」
という専門家の厳しい見方を取り上げた。

PCR検査に積極的に取り組んだ韓国のハンギョレ新聞(電子版)も
4月30日に社説で
「安倍首相は韓国の防疫の成功を無視し、軽んじていた。
日本政府とマスコミは当初、
自国の対応を自画自賛した」と批判した。

「新型コロナの対応に失敗し、
国民を苦痛に陥れた安倍政権は今からでも隣国の成果を謙虚に認め、
支援を要請する勇気を見せなければならない」と訴えた。

4579件中221-225件

前へ1....4041424344454647484950....916次へ