Home » トピックス

表示: トピックス健康・医療社会・政治新製品 2020年08月2020年09月2020年10月全て

4450件中2101-2105件

前へ1....416417418419420421422423424425426....890次へ

社会・政治 「アメリカの記事!!」 (2013-10-10)





   米国版 International Business Times の記事を日本向けに抄訳したものです。

健康・医療 「どんだけ顔大きいねん!!」 (2013-10-10)

   「大きすぎるやろ!!」・・・・誰が電話するねん!?

KDDIは10月2日、2013年冬春モデルを10月下旬以降に発売すると発表した。
スマートフォン6機種、
タブレット1機種、フィーチャーフォン2機種、Wi-Fiルーター1機種、
フォトフレーム1機種、GPS端末1機種の全12機種となる。
さらに、
サムスンが9月4日に発表した腕時計型のウェアラブル端末
「GALAXY Gear」を10月下旬から「au +1 collection」で販売する。

スマートフォンは、
LG製「isai」、
ソニーモバイルコミュニケーションズ製「Xperia Z1」、
サムスン製「GALAXY Note3」、
シャープ製「AQUOS PHONE SERIE」、
富士通モバイルコミュニケーションズ製「ARROWS Z」、
京セラ製「DIGNO M」の6機種をラインアップ。

全機種が5インチ前後の大画面ディスプレイを採用したほか、2500mAh以上のバッテリを搭載した。

トピックス 「倍返しなるか??」 (2013-10-10)


反骨精神あふれる孤高の天才フリーランス外科医・大門未知子を演じる米倉は、
赤いミニのワンピースの上に白衣をまとって登場すると


「1年ぶりに帰ってきました。」

「最強のドクターを作っていきたいと思いますので、よろくお願いします」と意気込んだ。


この日の会見に
藤木直人、内田有紀、遠藤憲一、笛木優子、水沢エレナ、笹野高史、岸部一徳、三田佳子も出席。

終盤には未知子と同じ
「フリーランス」のゆるキャラ・ふなっしーも応援に駆け付け、
会見は大盛り上がりのうちに幕を閉じた。(取材・文:壬生智裕)

      「ドクターX ~外科医・大門未知子~」は10月17日テレビ朝日系にてスタート

                            毎週木曜午後9時放送

健康・医療 日経BPでテルミサルタン(ミカルディス)を宣伝する日本高血圧学会理事ら  (2013-10-09)


この方たちが、数年前まで、「ディオパンを、売り込んでいた方たち」です。・・・・・・写真(小室氏)

三位一体の、セールスマン!…売る側・宣伝部門・…いまだに「違う薬」でやってます!
顔を覚えておきましょう!・…今後も、学会や研究会で、発言・発表するつもりみたいです。
学会側で、除名してもらわないとこちらが、困ります。


小室一成氏(日本高血圧学会理事)
http://medical.nikkeibp.co.jp/all/special/micardis/ontarget/001.html

島田和幸、堀内正嗣氏(日本高血圧学会理事)
http://medical.nikkeibp.co.jp/all/special/micardis/ontarget/003.html

森下竜一氏(日本高血圧学会理事)
http://medical.nikkeibp.co.jp/all/special/micardis/ontarget/004.html

松原弘明(元)教授 (日本高血圧学会(元)理事)(基礎研究の14論文で捏造、臨床研究のKyoto Heart Studyでもデータ操作疑惑)
http://medical.nikkeibp.co.jp/all/special/micardis/ontarget/005.html

檜垣實男氏(日本高血圧学会理事)、Nagoya Heart Studyの室原豊明氏
http://medical.nikkeibp.co.jp/all/special/micardis/ontarget/007.html

健康・医療 白橋伸雄・・・ノバ社・・元社員統計学の専門家 (2013-10-09)


三位一体の、「宣伝材料創作のキーパーソン!」…・統計学専門で、名前を各論文の、
統計資料の分析をされていた人物

臨床試験データ改ざん実行犯?
・・・・・・・・・・・ノバルティスファーマ社「白橋伸雄」の罪と罰と恥?



ノバルティス社は金を使って白橋伸雄を試験チームに送り込んで
データ改ざんを指示したのだろう。
契約社員だから悪事がばれても責任は免れるとでも思ったのか。

倫理観ゼロだね。こんな会社は出入り禁止だ。

白橋伸雄は元部長?。日本の医薬界の国際的信用を失墜させた責任もある。


◎家族も「連絡がとれない」とシラ
 ここで誰しも疑うのは、これが1人のノバルティスファーマ社員の不正であろうか、というものだ。

同社は、組織的不正はないとしつつ、社員はすでに5月に退職し、
したがって調査できないという態度だ。
とても親会社がグローバル展開するエクセレントカンパニーとは思えない姿勢である。
 
この問題を取り上げた先月31日のNHK「クローズアップ現代」では、
取材記者はその元社員の自宅を訪ねるが、インターホンに出た家族は、
「本人とは連絡がとれない」の一点張りだった。
家族であれば、まさか自殺したりしないだろうか、と本人の身を心配するのが真っ当だろうが、
平然と「連絡がとれない」と答えていることから、居所は把握しているのだろう。

◎1個人ではできない「犯罪」、ノバ社は真相を明らかにする社会的責任
かなり不本意に感じたのは、
NHKはノバルティスファーマ社そのものを取材していないようなことだ。
取材要請しても拒否されたのかもしれないが、それならそう報道するだろう。
同社を取材していないとすれば、画竜点睛を欠く。

元社員(もう実名を明らかにしてもよいだろう。白橋伸雄という)の退職した5月は、
大学が調査を始めるなど、不正が公になる直前だったから、
たぶん同社上層部が白橋に因果を含め、どこかに潜ませているのだろう。

それともハリウッド映画ではないが、どこかで密かに抹殺されているのか。
ただ論文捏造でも、ディオバンの高血圧治療薬としての効能は揺るがない。
しかし、プラスアルファの効能で高い薬価を得ていたとすれば、
患者と医療保健を払った我々国民全体が「詐欺」の被害者だ。
 
ノバルティスファーマ社は、放置すれば日本医療界での信用を失うし、
ひいては親会社のスイスのノバルティス社にも累が及ぶ。

4450件中2101-2105件

前へ1....416417418419420421422423424425426....890次へ