Home » トピックス

表示: トピックス健康・医療社会・政治新製品 2020年11月2020年12月2021年01月全て

4474件中2091-2095件

前へ1....414415416417418419420421422423424....895次へ

トピックス 「どこを通過するのでしょう??」 (2013-10-24)


二つの駒が、接近しぶち当たる状況・・・・・「ベイブレード効果」みたいなものでしょう!!
進路予想ができない状態を「藤原効果」と言うようです。

「藤原の効果」…台風27・28号の動向複雑に


台風27号の進路は予想が難しくなっている。もともとスピードが遅く、
数日後の位置を予測しにくかった。
さらに、
27号を追いかけるように進む28号と接近すると、
二つの台風が相互作用する「藤原の効果」により、
動きが複雑になると見込まれ、予報のブレが大きくなる恐れがある。


気象庁によると、
台風27号は、新たに発生した28号が接近する25日以降にかけて、本州に近づく見通しだ。
本州上空に停滞する前線を刺激して、西日本を中心に大雨をもたらす可能性もある。

日本気象協会は「27号はもともと予測が難しい台風だった。
それに加えて、今後は藤原の効果があるため、さらに動きが複雑になるだろう」
と話している。


 ◇藤原の効果

二つの台風の距離が約1000キロ・メートル以内に近づくと、
互いに影響して台風が複雑な動きをすること。
中間点を中心に、二つの台風が反時計回りに互いを追いかけるように回転したり、
小さい台風が大きな台風に吸収されたりする。

戦前に中央気象台(現・気象庁)台長の藤原咲平氏が提唱した。

YOMIURI ONLINE

トピックス なんとこれと一緒!! (2013-10-24)

  この車と同じ機構!!

   ポルシェボクスター!!

トピックス 「なんとミッドシップで発売!」 (2013-10-24)


FFだと思っていたら、なんとミッドシップで発売。
これで、150万円切れば、ヒット間違いないですが??

ホンダは23日、
来月23日から一般公開が始まる東京モーターショーで、
軽自動車規格のスポーツカー「S660」の試作車を出展すると発表した。

2014年の市販化に向けて開発を進めており、
維持費が安い軽自動車の人気が高まるなかで若者層など新たな顧客の獲得を目指す。

トピックス 日本人初の「全米一素晴らしいタレント」に選ばれる[ (2013-10-23)



日本人ダンサーの海老名健一さん、


日本人のダンサー、
海老名健一さんが「America’s Got Talent(全米一素晴らしいタレント)」に選ばれました。
彼には副賞として賞金100万ドルが贈られます。

海老名さんは並み居るライバルに競り勝ち、日本人として初めてこの賞を獲得しました。
「Ebiken」と呼ばれる彼はマジシャンやテノール歌手などの他の出演者ともにシーズンを戦いました。

このテレビ番組は2006年に始まった、アメリカのゴールデンタイムに放送される人気のショーです。
海老名さんはこの中で、映画マトリックスの動きを真似たロボット的なダンス等で観客を沸かしました。

審査は有名人で構成される審査員の他、視聴者が参加する投票システムで行われます。

海老名さんは
歌手やダンサー、マジシャン、コメディアンなど,75,000人ものライバルに打ち負かしたのです。

http://www.japantimes.co.jp/news/2013/09/19/national/japanese-conquers-americas-got-talent/#.UmPdEvkvkf5

社会・政治 「小泉元首相と、読売新聞の言い合い!」 (2013-10-23)


原発擁護最先端新聞の、読売に、かみつきました!
電力会社の、広報誌「読売新聞」には、呆れます。…・個人に意見と社説をごっちゃにしますから。
きっと最後は
原発がなくなったら、「巨人のナイターなくなりますよ!」とか脅しかけますよ!…「きっと」

小泉元首相、読売社説にブチ切れ!「原発ゼロ」批判に異例の反論
…「蓄電技術の開発が進んでいる」「必要は発明の母だ」

「原発ゼロ」を訴える小泉純一郎元首相が、とうとうブチ切れた。
小泉氏は19日付「読売新聞」朝刊に寄稿し、「原発ゼロ」論を批判した
読売社説に対し、事細かに反論を展開したのだ。
首相経験者が個別の社説にかみつくのは異例中の異例。議員引退後は表舞台から
遠ざかっていた小泉氏だが、自身に向けられた批判に“けんか師”の血が騒いだようだ。

 「政治で大切なことは、目標として大きな方向を打ち出すことだ」

小泉氏が19日付読売に掲載したのは、「『原発ゼロ』を目指して」と題する論文。

怒りの矛先は、「小泉元首相発言 『原発ゼロ』掲げる見識を疑う」と題した
8日付読売の社説に向けられた。

論文は、社説での小泉批判を引用し、これに反論するスタイル。
原発の代替電源・火力発電で電気料金が上昇し、経済に悪影響を
及ぼしているという読売社説の指摘には
「蓄電技術の開発が進んでいるではないか」などと強調した。

 「必要は発明の母」

 「過ちては改むるにはばかることなかれ」

 「『やればできる』は、魔法の合言葉」

文中では、印象に残るワンフレーズで説得力を持たせる小泉節も健在。
「挑戦する意欲を持ち、原発ゼロの循環型社会を目指して努力を続けたい」と締めくくった。

政治評論家の小林吉弥氏は
「元首相が新聞社の社説に反論するなんて聞いたことがない。変人の面目躍如だ」と指摘した上で、
こう続ける。

「もう本人は政界復帰することはないだろうし、
世論も勢いだけの政治はいかがなものかと思っている。
現役を引退した小泉氏が旗を掲げても、付いていく人はいないだろう」

小泉氏は16日の講演で
「二度と国会議員に返り咲くつもりはない。
(脱)原発新党は毛頭、考えていない」と述べ、脱原発を主張する
一部野党との連携を否定したばかり。

だが、批判を浴びれば浴びるほど闘争心に火が付く政治姿勢は現役時代のままだ。

相次ぐ批判にますますヒートアップするのか、それともご意見番で終わるのか。
元気に「原発ゼロ」を繰り返す71歳のご隠居は、今後も注目を集めそうだ。

4474件中2091-2095件

前へ1....414415416417418419420421422423424....895次へ