Home » トピックス

表示: トピックス健康・医療社会・政治新製品 2020年08月2020年09月2020年10月全て

4450件中2086-2090件

前へ1....413414415416417418419420421422423....890次へ

トピックス 「アンパンマン!」 (2013-10-16)



  親御さんは、どこかで、お世話になっていることと思います。

  ここに
  謹んでお悔やみ申し上げます。

健康・医療 「新たな研究者…ひも付きで、現在助教員??」 (2013-10-16)



筆頭研究者が、滋賀医大の副学長で、病院院長!
データー解析が白橋氏と、新たな研究委員・…現在解析専門で、助教官??

現在大学の関係者出てきました?・…不正操作が15%??

製薬会社「ノバルティスファーマ」の降圧剤「ディオバン」
(一般名・バルサルタン)を使った臨床研究で論文のデータが不正操作されていた問題で、
滋賀医科大の論文でも記載されたデータと
基の資料となるカルテの数値が一致しない部分が複数あることが13日、
学内調査委員会の調査で分かった。

滋賀医大関係者は「不一致は事実。ずさんだ」として、
改竄(かいざん)や捏造(ねつぞう)の可能性を示唆した。同委員会は今月中に検討結果を公表する。

一連の研究には同社の元社員2人が関わったとされ、
1人は滋賀医大の研究員としてデータ管理や統計解析などを手がけていた。

臨床研究の責任者を務めたのは同大学病院長の副学長で、
産経新聞の取材に対し、
調査では
「データの不一致は入力ミスなどによるもので、人為的な操作ではない。
論文の結論に間違いはない」との趣旨の回答をしたと話している。

滋賀医大での臨床研究は平成15~18年に実施され、
糖尿病を伴う高血圧患者の150症例について、ディオバンの効果を他の薬と比較し、
「腎臓を保護する効果がある」と評価。

論文は米国の糖尿病専門誌に掲載された。
この時期に、大学側は同社から研究奨励金として総額6千万円以上の寄付を受けていた。

滋賀医大は今年5月下旬、
学外の有識者を交えた調査委を設け、論文の信頼度や元社員の関与の度合いなどの検討を進めていた。

トピックス 「日本酒で乾杯条例」制定へ 姫路でも! (2013-10-15)


宴会は日本酒で乾杯だー 「日本酒で乾杯条例」制定へ 姫路市議会



 「日本酒振興条例」制定へ 姫路市議会が議員提案

兵庫県姫路市議会は20日開いた総務委員会で、
日本酒による乾杯の普及や日本酒の振興などで地域の活性化を図る
「日本酒振興条例」案を議員提案することを承認した。

定例会本会議最終日の10月3日に採決があり、可決される見通し。
可決後、同日から施行される。
同市など12市9町でつくる「播磨広域連携協議会」は“播磨は日本酒のふるさと”として
酒文化の振興活動を活発に行っており、地酒のPRにもつながりそうだ。

市などによると、同様の“日本酒で乾杯条例”は国内10自治体が制定し、
県内では酒米「山田錦」の産地である加東市や三木市で施行。
西宮市や明石市、新温泉町も今年中の制定・施行を目指しているという。
主に宴会で日本酒による乾杯を促す内容などが盛り込まれている。

姫路酒造組合(田中康博理事長)が今月2日、条例制定を求める請願を市議会に提出。
条例案には日本酒を「播磨の地域資源」と明記し、
市民には市や事業者が取り組む日本酒の振興活動に協力するよう努めることを求めている。

市側は条例案に「広域連携協議会が進める酒文化ツーリズムの趣旨に即したもの。
制定されれば振興に弾みが付く」 と前向きな姿勢を見せる。

トピックス 『ロードスター』:::2015年デビュー予定!! (2013-10-15)

マツダを代表するスポーツカー、
『ロードスター』。同車の次期モデルの開発テスト車両が、
海外の自動車メディアによって捉えられた。

これは、オーストラリアの自動車メディア、『carsguide.com.au』が伝えたもの。
同メディアの契約カメラマンが、
米国でテストを行う次期ロードスターの開発車両の撮影に成功。その写真を読者に公開している。

この開発車両、現行ロードスターをベースにしているが、
後付け感たっぷりのヘッドライトが、いかにも開発プロトタイプ車といった印象。

よく観察すると、サイドシル部分に溶接の跡があり、中身は現行ロードスターとは別物と推測できる。

健康・医療 「平均年齢36歳!」・・・費用1年間18万円 (2013-10-15)

「卵子凍結はできますか? 結婚や出産の予定はないんですが…」。

不妊治療専門の蔵本ウイメンズクリニック(福岡市博多区)は9月に入り、
卵活への女性の問い合わせ電話が10件続いた。

卵子凍結は2004年から取り組んでいるが、
日本産科婦人科学会などの指針に従い、対象者は治療で卵巣機能が失われる恐れがあるがん患者か、
不妊治療中の夫婦に限ってきた。

料金は採卵と1年の凍結保管で約18万円(がん患者は約15万円)、
2年目以降は年約5万円の保管料がかかる。

「健康な未婚女性の卵子凍結を行うには課題が多い」と蔵本武志院長は指摘。
同クリニックで卵子を凍結保存している女性は18人。
うち凍結卵子を使って出産した人は1人だけだ。連絡が途絶えた人もいる。

「若いうちに凍結保存しても、結婚して自然妊娠すると忘れる人がいたり、
転居した地域に保管施設がなかったりと、さまざまな問題が生じる可能性がある」

 蔵本院長は同学会の指針などを見極めて、卵活を受け入れるかどうかを検討するという。

    東京には、業者と結託し。¥100万円で凍結をしている石間あり。…「保険か?」

4450件中2086-2090件

前へ1....413414415416417418419420421422423....890次へ