Home » トピックス

表示: トピックス健康・医療社会・政治新製品 2020年11月2020年12月2021年01月全て

4472件中2086-2090件

前へ1....413414415416417418419420421422423....895次へ

社会・政治 「それが何か?10%で、3から4キロの燃費アップ・・・??」 (2013-10-26)


エンジンの進歩をあきらめている節がある「トヨタ?」
ディーゼルは、bmwにお任せみたいですし?

もうエンジンは、「発電用の800cc程度の発電機」に簡略化し、
すべて車種に搭載し、モーターの大きさで、車種編成すればよいのに。
エンジン音など、スピーカーで、「バーチャルすればよい!」

次世代プリウスも燃費10%改善へ トヨタが米国でHV戦略説明会


【ワシントン=柿内公輔】
トヨタ自動車は、
ハイブリッド車(HV)「プリウス」の次世代モデルについて、
1割の燃費改善を目指す方針を明らかにした。
米ミシガン州デトロイト近郊で開いたHVの説明会で、
次世代プリウスの開発責任者である小木曽聡常務役員が表明した。

トヨタは次世代プリウスについて
軽量化やエンジン効率の改善で燃費性能が向上するとしており、
小木曽氏は
「世代ごとに燃費の10%改善を達成してきた。
難しいが、(現行モデルの)記録の突破に向け奮起する」と意気込みを示した。

さらに、
小木曽氏はプリウスの次世代のプラグインハイブリッド車(PHV)について、
ワイヤレス充電を使用できるかどうかの検証実験を日本や欧米で来年実施するとした。

トヨタによると、
米国でのHVのシェアは6割を超えるが、開発競争が激化する中、
燃費性能のさらなる改善で上積みを目指す。

またロイター通信によると、
米ゼネラル・モーターズ(GM)元副社長でトヨタ社外取締役のマーク・ホーガン氏は、
ブラジルとメキシコでシェアを拡大するため生産を増強する必要があるとの考えを示した。

トピックス 「これなら作れるかも!!」 (2013-10-25)


【設計と施工のキーポイント(オリジナルのホビットハウス)】


・視覚的に目立たない避難所になりそうな山腹を掘り進める。
・採掘のときにでた泥や石は壁や土台を強化するために使用する。
・周囲を取り囲む森林から、オークの間伐材を確保し、骨組みを作る。
・垂木を組んで作った屋根は構造的にも見た目にもとても素晴らしく、簡単に作ることができる。
・断熱材の機能を持つわらを使い、建物の床、壁や屋根を覆う。
・屋根をプラスチックのシートで覆ったあとに、土を敷き詰めて芝生を乗せる。
・通気性の高いしっくい(セメントに比べ低エネルギーで製造されている)で壁を覆う。
・ごみの山から廃棄された窓や、ガス台、配管や配線などを確保できればそれらを設置する。
・再生可能で豊富にある材木を燃やすための暖炉を設置し、壁を掘削して煙道を作る。
・食物の冷蔵は土台を通して伝わってくる冷気を利用。
・屋根に天窓を設置して、自然な光が入ってくるようにする。
・照明、音楽、コンピューターのための電気はソーラーパネルから確保する。
・水は近くの泉から調達。
・コンポストトイレを設置する。
・屋根から流れてくる水は池に集めて利用する。

トピックス 『2シリーズ』。 (2013-10-25)



BMWが『1シリーズ』と『3シリーズ』の間を埋める車種として開発していると
噂の『2シリーズ』。 そのデビュー時期が近づいてきた。

これは10月19日、
BMWが公式サイトで明らかにしたもの。
「10月25日、『2シリーズクーペ』を発表する」とアナウンスしている。

2シリーズクーペは、現行『1シリーズクーペ』の後継モデル。
すでに、
新型『3シリーズ』のクーペ&カブリオレが、『4シリーズ』として独立。
これと同様に、
次期1シリーズクーペと『1シリーズカブリオレ』は、2シリーズを名乗ることになった。

BMWは公式サイトで,2シリーズクーペの予告イメージを配信。

小型の2ドアクーペのシルエットが、一瞬映し出されている。

トピックス 「どこを通過するのでしょう??」 (2013-10-24)


二つの駒が、接近しぶち当たる状況・・・・・「ベイブレード効果」みたいなものでしょう!!
進路予想ができない状態を「藤原効果」と言うようです。

「藤原の効果」…台風27・28号の動向複雑に


台風27号の進路は予想が難しくなっている。もともとスピードが遅く、
数日後の位置を予測しにくかった。
さらに、
27号を追いかけるように進む28号と接近すると、
二つの台風が相互作用する「藤原の効果」により、
動きが複雑になると見込まれ、予報のブレが大きくなる恐れがある。


気象庁によると、
台風27号は、新たに発生した28号が接近する25日以降にかけて、本州に近づく見通しだ。
本州上空に停滞する前線を刺激して、西日本を中心に大雨をもたらす可能性もある。

日本気象協会は「27号はもともと予測が難しい台風だった。
それに加えて、今後は藤原の効果があるため、さらに動きが複雑になるだろう」
と話している。


 ◇藤原の効果

二つの台風の距離が約1000キロ・メートル以内に近づくと、
互いに影響して台風が複雑な動きをすること。
中間点を中心に、二つの台風が反時計回りに互いを追いかけるように回転したり、
小さい台風が大きな台風に吸収されたりする。

戦前に中央気象台(現・気象庁)台長の藤原咲平氏が提唱した。

YOMIURI ONLINE

トピックス なんとこれと一緒!! (2013-10-24)

  この車と同じ機構!!

   ポルシェボクスター!!

4472件中2086-2090件

前へ1....413414415416417418419420421422423....895次へ