Home » トピックス

表示: トピックス健康・医療社会・政治新製品 2020年06月2020年07月2020年08月全て

4425件中2071-2075件

前へ1....410411412413414415416417418419420....885次へ

トピックス 「私には!」 (2013-10-12)


     民族衣装のかわいいお姉さんの事しか、浮かびませんが??

トピックス 「ドイツのオクトーバーフェス!」 (2013-10-12)

 
「ドイツのミュウヘンで開催された、オクトーバーフェス」に参加した友人がいます。

     なんとプール2杯分のビールが飲まれたそうです。


  そして、その人の感想が、すごかった。

  酔っぱらった巨大なドイツの人々が、割れたジョッキで、喧嘩している迫力が
  すごくてビビってしまった。・・・・という話です。

                 「相当に恐い!」・・・・日本人には考えられない「乱闘!」

   
   結果・・・・急性アルコール中毒が650名余り。・…日本でなら、次回開催は困難!

健康・医療 日本の臨床研究は危機的 論文不正で日本医学会 (2013-10-12)



製薬会社ノバルティスファーマの降圧剤ディオバン(一般名・バルサルタン)の
臨床研究データ操作問題で、日本医学会(高久史麿会長)は、

「一連の問題が国際的な信頼性を著しく低下させ、日本の臨床研究は危機的な状況にある」
との見解を公表した。

見解は、
京都府立医大や慈恵医大での研究に不正な操作があったことに言及した。

ノ社の社員=退職=が研究に関わった利益相反の問題に触れつつ
「論文の主任研究者の責任が最も重いと考える」と厳しく批判した。

その上で

「学会に属する者は、再び論文不正事件を起こさないとの決意を新たにすべきである」としている。

健康・医療 三位一体の、売り方トップのお二人 (2013-10-11)

検討委は中間報告で
「今回の事案に関する広告は結果的に誇大広告に該当するおそれがある」と指摘。
「何人も医薬品の誇大広告等をしてはならない」
と規定する薬事法66条の適用を検討するなど厳しい対応を求めた。
これはデータ不正操作が行われた論文を基にディオバンの宣伝を大量に繰り返したことが大きい。

この流れを受け、当初は立件に懐疑的だった捜査当局の姿勢も変化。

過去の類似事案の情報収集を始めるなど関心を寄せている。
ただ、法人の責任を問う行政処分と異なり、
刑事責任を問うには個人の役割解明が不可欠。捜査当局による全容解明も容易ではない。

原田 寿瑞 (はらだ としみつ)

新 医薬品事業本部 マーケティング本部循環器領域マーケティング部長
旧 医薬品事業本部 循環器事業部マーケティング部 ディオバングループグループマネージャー

とある。2006年4月1日以前まで原田は藤井の部下で藤井の後任が原田。

原田は2011.11.19頃ノ社眼科領域ビジネスフランチャイズ部長(兼)眼科領域営業部長で、

『米国系大手医薬品メーカーにて学術業務を経験後、
米国、カナダにてマーケティング研修を経て眼科用剤および循環器用剤の国内プロマネ。
その後、
米国本社にて米国内市場のための循環器用剤プロマネを担当。

その後国内でのプロマネ、営業を経験。
2002年より、ノバルティスファーマ株式会社にて、
高脂血症治療薬、高血圧治療薬のマーケティングマネージャーを担当ののち、現職。』
(このサイトより、写し、2011.11当時) とある。


藤井幸子

経歴として

『元 ノバルティスファーマ(株) ディオバン ブランドdirector
サンド薬品時代に業界初の女性プロダクトマネージャーとしてテルネリンを上市、
3年で年商100億を達成。カラーブランディングを取り入れた。
ノバルティスになってから、
営業推進担当として新薬上市における営業部門とのコミュニケーションの課題を認識した。

ディオバンのマーケティング責任者として、
上市準備から、ブロックバスターとして1000億円の売り上げ達成まで担当した。
その後ダイバーシティ推進室を立ち上げ、
マーケティング的発想で企業風土改革に取り組んだ。
ノバルティスを退職し、NPO GEWEL (ジュエル) で、
ダイバーシティ&インクルージョンを広める活動を行っている。』(このサイトより、写し、)

と紹介されている。

フライデーの記事と類似する。このサイトを参考にして記事を書いたのかもしれない。



論文捏造&研究不正 のツイート (2013.6.14)
(注) 日付は著者が都合により削

健康・医療 「ダイエット食品で急性肝炎 米で29人発症、死亡例も」 (2013-10-11)


厚生労働省は9日、
米国で販売されているダイエット目的の健康食品で急性肝炎による死亡例が出ているとして、
都道府県などを通じ注意を呼びかけた。

カプセル型の「OxyELITE Pro」(オキシエリートプロ)という商品で、
米国で29人が発症、うち2人が肝移植をし、1人が死亡したという。

厚労省によると、国内での被害は確認されていないが、
インターネットの日本語サイトから買え、個人輸入している人がいる可能性がある。


熱や吐き気などの症状が出れば、近くの保健所に相談してほしいと呼びかけている。

4425件中2071-2075件

前へ1....410411412413414415416417418419420....885次へ