Home » トピックス

表示: トピックス健康・医療社会・政治新製品 2020年06月2020年07月2020年08月全て

4426件中2036-2040件

前へ1....403404405406407408409410411412413....886次へ

健康・医療 牛肉や豚肉を多く食べる男性 (2013-10-28)

牛肉や豚肉を多く食べる男性は、あまり食べない男性と比べ、
糖尿病を発症する危険が4割高くなるとの調査結果を、
国立がん研究センターなどの研究チームがまとめた。

女性では違いが見られなかった。
牛肉や豚肉に含まれる鉄分などが、血糖値を下げるインスリンの分泌に悪影響を与えているらしい。

研究チームは、
健康な45~75歳の日本人男女6万4千人のうち5年後までに
糖尿病を発症した1178人について、
食べた肉の量や種類別に発症との関係を分析。運動や飲酒など別の発症リスクを除いて調べた。

男女それぞれ、
肉の摂取量順に4グループに等分して糖尿病の発症率を調べたところ、

男性では、最も多いグループが、最も少なかったグループに比べ、1・36倍高かった。

健康・医療 「市販の風邪薬は"治す薬"ではない?!」 (2013-10-28)


市販の風邪薬は症状を抑える薬であって、決して治す薬ではありません。


微妙にニュアンスが違うんですね・・・。

市販の風邪薬の役目は「症状の緩和」(説明書にも書いてあると思います)。
症状を和らげて辛さを和らげる対症療法なので、飲めば治るわけではないのです。

風邪を早く治すポイントとは?
確かに、飲めば効く!とは言ってても、飲めば治る!・・・とはCMでもうたってませんね。

むしろ風邪を長引かせてしまうことも?!
下手に熱などの症状を緩和してしまうと、
体が風邪菌を排除するのに必要な症状が緩和されてしまうので、風邪が長引きます。

同じ薬ばかり飲んでると効かなくなるっていうのもホントだった!

「一般的な市販薬は体にとって異物だと認識されます。
そのため体は防御反応を示し、肝臓などで解毒しようとします。
こうした代謝のサイクルは、一度行われると体が覚えてしまいます。

そのため同じ薬を飲み続けると、
薬が本来の効果を発揮する前に早々に分解されてしまい、効きにくくなります」
つまり、こうした“慣れ”は、いろいろな市販薬で起こりうる。

トピックス 「誰が買うのでしょうか?」 (2013-10-27)


    やっぱりオイルマネーの、ドバイ??

アヴェンタドールLP700-4の6.5リットルV型12気筒ガソリンエンジンを、
最大出力700psから750psへパワーアップ。
0-100km/h加速は2.9秒、最高速は355km/hと公表された。
0-100km/h加速はクーペに対して0.1秒劣るが、355km/hの最高速は肩を並べる。

世界屈指のパフォーマンスは、ロードスターでも健在。

クーペ同様、ヴェネーノ ロードスターもカーボンファイバーやCFRPを多用。
この結果、車両重量はV12エンジン搭載車としては、異例に軽い1490kgとした。
パワーウェイトレシオは、1.99kg/psと驚異的な数値。

ヴェネーノ ロードスターは、
世界限定9台が生産され、価格は330万ユーロ(約4億4000万円)。

ランボルギーニは、「世界で最も希少かつ高価なスーパーカーのひとつ」と説明している。

健康・医療 「使用には、十分注意しましょう!」 (2013-10-27)


「ご自分で買った、商品(医薬品)で、出る副作用は、すべて自己責任です!」
効果も強いですが、万が一副作用が生じる時も、きついですよ!。
その間に、「医師が介在しますと早期発見」ができますので、ダメージコントロールができます。
無論、副作用に対して、保証はできませんが、早期の対応はできます。
患者さん側からいえば、「医者に文句も言えます!」

薬、ネットで値下がり、ロキソニンS店頭より2割安も、参入相次ぎ、競争激しく
一般用医薬品(大衆薬)のインターネット販売の価格が下がっている。
実質解禁となった 1月の最高裁判決を受け、中小の薬局や大手小売りなどが参入。

売れ筋の解熱鎮痛薬「ロキソニンS」はネットの最安値がドラッグストア店頭より2割強安い。
政府の調整が 難航するなか、大衆薬のネット販売は消費者に浸透しつつある。

下げ幅が大きいのは副作用リスクの高い第1類医薬品。
価格比較サイト「価格・com」の 最安値は
21日時点でロキソニンS(12錠)が520円(ドラッグストア店頭680円)、
胃腸薬 「ガスター10(12錠)」が1131円(同1659円)だった。

店頭の値引き販売が常態化している 第2類もネットの最安値が1~2割安い商品が多い。

ネットの価格引き下げをけん引しているのは家電量販大手のビックカメラだ。
すでに第2類 などは店頭より1~3割安く設定。近く第1類の取り扱いも始める。

アマゾンジャパン(東京・目黒)やアスクルなどネット通販大手の参入も拍車をかける。
「当日配送」などサービスで優位に立つアマゾンなどに対抗するため、
中小薬局が値下げに動く公算は大きい。

政府内では医療用医薬品(処方薬)から転用して4年以内のロキソニンSなど23品目と
成人向けの劇薬5品目に関する調整が難航。結論は先送りになっている。

23品目は対面での 発売から3~4年間、
劇薬5品目は全面的に禁止する方向で最終調整する厚生労働省に対し、
安全な販売ルールを作った上で全面解禁すべきだとの意見は根強い。

ネットでの大衆薬の販売量は市場全体の1%未満にとどまり、
現状は製薬会社の取引価格に影響を与えるほどではない。
ただ、
「ネットで買う消費者は値段しか見ていない」(中小製薬会社)といった指摘もあり、
ネット販売を販路の拡大よりも価格下落のリスクとみる製薬会社は多い。

政府の調整が規制緩和の方向で決着すれば、店頭価格もネットにつられる形で下がる可能性はある。
http://www.nikkei.com/article/DGXNASDC2100E_R21C13A0EA2000/

社会・政治 「それが何か?10%で、3から4キロの燃費アップ・・・??」 (2013-10-26)


エンジンの進歩をあきらめている節がある「トヨタ?」
ディーゼルは、bmwにお任せみたいですし?

もうエンジンは、「発電用の800cc程度の発電機」に簡略化し、
すべて車種に搭載し、モーターの大きさで、車種編成すればよいのに。
エンジン音など、スピーカーで、「バーチャルすればよい!」

次世代プリウスも燃費10%改善へ トヨタが米国でHV戦略説明会


【ワシントン=柿内公輔】
トヨタ自動車は、
ハイブリッド車(HV)「プリウス」の次世代モデルについて、
1割の燃費改善を目指す方針を明らかにした。
米ミシガン州デトロイト近郊で開いたHVの説明会で、
次世代プリウスの開発責任者である小木曽聡常務役員が表明した。

トヨタは次世代プリウスについて
軽量化やエンジン効率の改善で燃費性能が向上するとしており、
小木曽氏は
「世代ごとに燃費の10%改善を達成してきた。
難しいが、(現行モデルの)記録の突破に向け奮起する」と意気込みを示した。

さらに、
小木曽氏はプリウスの次世代のプラグインハイブリッド車(PHV)について、
ワイヤレス充電を使用できるかどうかの検証実験を日本や欧米で来年実施するとした。

トヨタによると、
米国でのHVのシェアは6割を超えるが、開発競争が激化する中、
燃費性能のさらなる改善で上積みを目指す。

またロイター通信によると、
米ゼネラル・モーターズ(GM)元副社長でトヨタ社外取締役のマーク・ホーガン氏は、
ブラジルとメキシコでシェアを拡大するため生産を増強する必要があるとの考えを示した。

4426件中2036-2040件

前へ1....403404405406407408409410411412413....886次へ