Home » トピックス

表示: トピックス健康・医療社会・政治新製品 2020年11月2020年12月2021年01月全て

4473件中2036-2040件

前へ1....403404405406407408409410411412413....895次へ

トピックス 「『さしすせそ』は嘘です」 (2013-11-21)

そう話すのはジャパンローカルフード協会会長の松田正明さん。

「砂糖を入れると浸透圧の影響で素材にお出汁の味が染み込まなくなりますので、
最初に入れた方がいいというのは嘘です。入れるとしたら最後です」
浸透圧とか科学的なことを言われると説得されてしまいそう。
でも昔から言われている「さしすせそ」にもそれなりの合理性があるのでは?

「いえ、そもそも本来日本料理に砂糖はほとんど使われないんです。
料亭で砂糖を使うところはほとんどないのではないでしょうか」
しかしそれは十分に甘みのある高級食材を使う料亭ならではじゃないんですか?

「昔は砂糖は高級なもので、庶民が使えないものでした。
たとえば私が育った香川県の地方では野菜の切れ端を煮出して甘みをとっていました。
砂糖は甘味の濃淡を画一的に出すだけですが、
この方法だとグルタミン酸も一緒にでるので旨味もでるんです。
砂糖を使わないで料理をした方が料理上手になりますよ」

ほう。
納得。それでは家庭で美味しい料理を作ろうとしたら、
どういうことに気を付ければいいのでしょうか。

「素材に調理液を染み込ませることが大事です。
そのためには浸透圧作用が大事になります。
砂糖を入れると浸透圧が高くなって、
表面だけに味が乗ってどの素材も均一的な甘みしかでなくなります。
ニンジンもジャガイモも浸透圧が0.8w/v%ですので、
調理液はそれより低くないと味が染み込みません」

新製品 容量5キロワット時で、工事費を除いた希望小売価格は90万円 (2013-11-21)



パナソニックが発売する蓄電システム。従来より大幅に安いのが売りという=18日、大阪市北区

Click Here!


【北川慧一】パナソニックは18日、
容量あたりの単価が他社製より半分近く安い蓄電システムの新製品を発表した。

住宅やオフィスの節電や停電対策に使う。
これから海外も含めて積極的な販売攻勢に出て、
5年後の蓄電システム事業の売上高を現状の10倍の年1千億円にする方針だ。

12月20日発売の新製品は容量5キロワット時で、
工事費を除いた希望小売価格は90万円(税別)。

1キロワット時あたりの単価18万円は他社製(同30万円前後)より大幅に安い。

低価格は、リチウムイオン電池の中国生産を増やしたり、
現地での部品調達率を高めたりしたことで実現した。
今後、電気料金の高い欧州や、電気が足りずによく停電する新興国にも売り込む考えだ。

新製品 「私は、こちらです。」 (2013-11-20)

  ニューヨークでも正式タクシーとして採用される!

  独占を嫌った市が。独占契約を破棄したようですが??
  相当数のタクシーが、子の日産車に変わります。


  ということは??ハリウッドのパニック映画では、この車が、
  あちらこちらで、爆発炎上することになるでしょう!!

タクシーで、何も家庭用で一番使用されているツーボックスに乗りたいですか?ね??

トピックス 「どちらに乗りたいですか?」 (2013-11-20)


トヨタ自動車によると

『みんなが乗りたくなる、誰もが笑顔になれる日本ならではの
「お・も・て・な・し」を感じさせる次世代タクシー』としています。

題して「JPN TAXI Concept」。

トヨタの説明によると、


取り回しの良いボディサイズに優れた乗降性とゆとりある室内空間を
実現した次世代タクシーパッケージ。大開口電動スライドドアに
低いフロア地上高と段差のないフラットなフロアが相まって優れた
乗降性を実現。子供や高齢者も楽に乗り降りできるよう配慮したほか、
日常での使いやすさを追求した開放的な室内空間も確保。

健康・医療 [カフェインの効用] (2013-11-19)




仕事や家事の疲れをいやすティータイム。
そしてこのティータイムに欠かせないのが、
コーヒー、紅茶、緑茶といったカフェインの入った飲み物です。

カフェインというと
、一時期、胃を荒らす、中毒性がある、などと言われ、
よくないイメージを持たれている方も多いようです。
しかしそれは間違った摂取方法の場合にのみ起きることで、
健康体の人が正しいとり方をすれば、カフェインは身体にとって有効に働きます。

■カフェインとは?

 コーヒー豆、茶葉、カカオ豆などの植物に含まれる苦みを持った天然成分のこと。
現在では、その味や効能が評価され、数多くの食品や飲料に添加されて います。

■カフェインの代表的な働き
▼ 中枢神経刺激作用
 中枢神経が興奮することによって、脳を目覚めさせ疲労を回復させる働きがあります。このため作業効率がアップしたり、気分転換や頭痛にも効果を発揮します。

▼強心作用
 心臓に刺激を与え、機能をよくします。持久力もつきます。

▼ 利尿作用
 摂取後3~5時間は、腎臓を刺激し尿の排泄を促します。

▼消化促進作用
 胃酸の分泌をよくし胃内での食物の消化を助けます。

▼血圧上昇作用
 中枢神経を活性化する影響で血圧が上昇します。低血圧の人は、朝一杯のカフェイン飲料を飲むと血圧が上がり、目もしっかり覚めてきます。

■身近な飲料のカフェイン量



▼カフェイン含有量(各飲料100cc当たり)▼

玉 露 150mg
紅茶 50mg
コーヒー 40mg
煎茶 30mg
ウーロン茶 20mg
番茶 10mg
コーラ 10mg


 
■カフェインの害

 成人の場合、
1日300mg程度の摂取であれば、何ら身体に有害な影響を及ぼしませんが、
500mg以上とると人によっては急性中毒症
(神経過敏、興奮、睡眠障害、顔面紅潮、嘔吐などの胃腸症状等)を起こすこともあります。
しかし、中毒症状は一過性で通常半日以内で回復します。

中毒症状が出るか否かは、個人差が大きいですが、
一般に30分以内にカフェインを500mg以上摂取すると、中毒症状が出やすいようです。
500mg以上というと、
コーヒーや紅茶なら10杯以上、緑茶なら15杯以上の摂取という計算になります。

また、たとえ中毒が出るほどの量まで飲まない場合でも、
妊娠中や授乳中の人は、小さな身体の胎児や赤ちゃんに高濃度のカフェインが流れ込むため、
カフェイン飲料は控えめにしましょう。

また、
カフェインには胃酸の分泌を促進する働きがあるため、胃酸過多の人は、空腹時の摂取は控えましょう。

カフェイン飲料の代表ともいえるコーヒー。
このコーヒーは、とてもデリケートで酸化されやすい(劣化しやすい)という特徴があります。
酸化したコーヒーは、胃にもたれやすいので、ご注意ください。

---2001.8.11 (c) 2001 by Mari Wakasugi

4473件中2036-2040件

前へ1....403404405406407408409410411412413....895次へ