Home » トピックス

表示: トピックス健康・医療社会・政治新製品 2020年06月2020年07月2020年08月全て

4424件中2026-2030件

前へ1....401402403404405406407408409410411....885次へ

トピックス ハロウィンのパレードの一場面 (2013-10-31)

とあるTwitterユーザーが


「今回の衝撃コスプレ。怖いわっw」 とツイートし、

『千と千尋の神隠し』のカオナシや
『もののけ姫』のコダマなどに宮崎駿監督のお面がくっついたキャラたちが
『魔女の宅急便』のキキのコスプレをした女児と一緒に写っている画像をアップしていた。

先日川崎で行われたハロウィンのパレードの一場面のようだ。

トピックス 「2年前のトピック」 (2013-10-31)

  末恐ろしい話は、継続中です。


   就職活動をする前から、人事の人々は、その人のネタを収集しています。

   2年で変わったのは。
   情報ツールだけ。ミクシィが、下火になり。
   いまや、ツイッターと、ライン??かな??


 「個人と、企業の、結びつきで、一番”初め”の、関わりは、何か?」

解答は、「採用基準です。」
    
    「企業」が、人事で、採用する基準に、その人となりを、評価するために、
    今までは、試験や、個人面談を、使用していました。
    が、
    これからは、その人、個人が、どのような、思想や、考え方を、持っているか?
    また、その考え方や、感情が、どのようなものかを、
    インターネットに、アップされた、あなたの、ブログや、ツイッターの、情報から、  
    得て、採否の、指標にしようという考えです。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・「末恐ろしくありませんか?」

     これからは、「お若い方」や、「これから転職しよう」と、思われる方は、
     あまり、ブログや、ツイッターに、感情むき出し、そのままの思いを、
     ぶちまける事や、個人情報の、掲載は、お止めになったほうが良いかもしれません。
     とりわけ、就職情報や、その感想などは、禁忌です。
     「人事課長との面接で!」
     あなたの、履歴書に書いてある、情報以外の、情報を、すでに把握していた場合。
     あなたの、
     ・・・・・・・・「人物評価は、もうすでに、出来上がっている」のかもしれません。
      

社会・政治 「ハローウィン デイ!」 (2013-10-31)


  先週の週末は、街中が、コスプレで大変だったようですね!!


     女性は、良いですが??
     男性は、中途半端が多かったような??


    このイベントが終わりますと!・…「街は、クリスマス一色になるのはお決まりのコース!」
最新情報によりますと、また、街に例のイタリア人技師が集合中で、
    本日から、あの騒々しいだけの「ルミナリエ」の準備が始まるようです。
    新しい市長ならば、やらないでしょうが??

トピックス 「小林彰太郎さん」 (2013-10-30)


ここに謹んでお悔やみ申し上げます。

車好きには、師匠と呼ばれる方がお亡くなりになりました。
どこぞ欧州のクラッシックカー走行会に、
アルヴィスや、ブガッティーにまたがる雄姿が印象的でした。


カーグラフィック名誉編集長の小林彰太郎さん死去

小林彰太郎さん(こばやし・しょうたろう
=カーグラフィック名誉編集長、自動車ジャーナリスト)が28日、

肺性心で死去、83歳。葬儀は近親者のみで執り行う。

後日、「お別れの会」を開く予定。喪主は長男大樹(たいじゅ)さん。
連絡先はカーグラフィック社(03・5759・4186)。

健康・医療 スメルハラスメント (2013-10-30)


セクハラにパワハラ、モラハラ。巷に様々なハラスメントがあふれているが、
最近問題になっているのが「スメルハラスメント」。

通称「スメハラ」――つまり、においによる嫌がらせだ。


「隣の席の男性上司の足がとにかくくさくて…。とくに梅雨時は会社に行くのが憂鬱」
(35歳、女性会社員)
「先輩女性の香水がきつくて。とくに汗と混じると――。本当に、かんべんしてほしいです」
(30歳、男性会社員)
などと、まるで「暴力」におびえるかのようだ。
そして今。新たに勃発したのが、巷で一大ブームを巻き起こしている、
洗濯に使う柔軟剤によるスメハラだ。

「あのにおい。吐き気がしてくるのでやめてほしいです」と
某メーカーに勤務する女性(33)は 涙ながらに訴える。
昨年いまの部署に異動になると、後ろの席の先輩女性の服から漂ってくる
柔軟剤の強烈な香りに悩まされるようになった。

本人は「いいにおい」と思っているようだが、とくに夏場になると、
柔軟剤と汗のにおいが混ざるのか、もはやトイレの芳香剤のにおいに近い。
女性は仕事にも差し障りが出てきたので上司に「何とかしてください」と
泣きついたが、「いや…。人に、『くさい』なんて、君言えないだろう」と逃げ腰。
女性は内勤なので外出もままならない。
仕事に集中できなくなり、気分まで悪くなってくるのだという。

本来、柔軟剤はほのかな香りのはずだった。
それが2000年代半ばごろ、 残香性が強い海外製の柔軟剤がブームを呼ぶと、
香りはどんどん強くなっていった。
いまや、
香りと共にボトルも一緒に派手になり、柔軟剤入り洗剤も発売されるなど、
ニッポン中に柔軟剤のにおいが充満した感すらあるのだ。
職場にあふれる柔軟剤のにおいで迷惑しているという男性(42)は、吐き捨てるように言う。

「そもそも、なぜ本人はあのにおいを『くさい』と思わないのか。
洗濯しないほうがマシでしょう」
この男性の言葉は決して八つ当たりではない。

スメハラが厄介なのは、自分のにおいは自分では気がつきにくいという点だ。
「嗅覚は『順応』といって、
長時間かいでいるとそのにおいになじみ、気がつかないことが多いのです」
と体臭や汗の専門治療を行う「五味クリニック」の五味常明院長は話す。


http://dot.asahi.com/life/lifestyle/2013072400002.html

4424件中2026-2030件

前へ1....401402403404405406407408409410411....885次へ