Home » トピックス

表示: トピックス健康・医療社会・政治新製品 2021年10月2021年11月2021年12月全て

4671件中1981-1985件

前へ1....392393394395396397398399400401402....935次へ

新製品 新型ムラーノ (2014-06-01)

新型ムラーノのボディサイズは、初代や2代目とほぼ同等に収まっていますが、新型は先代と比べ、長くて幅広く、少し低くなっています。

それでもクロスオーバーSUVに求められる、高さとスタンスは保ちつつ空力性能を向上させたとのこと。

さらに、グリルシャッターやフェンダーリップの成形、リヤバンパーの表面仕上げやリヤタイヤのディフレクター、一体型リヤスポイラーの形状を改善することで、空力性能は現行モデルに対して17%向上。新型「ムラーノ」のCd値は0.31とSUVとしては優秀です。

室内ではインパネの高さを初代や2代目よりも低くし、マルチタッチコントロール付き8.0インチディスプレイを配置。さらに、「シンプルな美しさ」という考えを継承し、より使い勝手を高めるため、スイッチの数を60%も減らして、25個から10個に変更。

オーディオシステムは、日産が積極的に採用するBOSE製で、11個のスピーカー(デュアルサブウーファーを含む)をはじめ、HD RADIO、SIRIUSXM SATELLITE RADIOも含まれています。また、ナビゲーションやモバイルアプリが使える「ニッサンコネクト」も用意されています。

トピックス 「日本の居酒屋文化 赤提灯の魅力を探る」 (2014-05-31)

最近は、作者が言うところの「居酒屋」より
より進化しているのが!・・・・・・・・・・・「現状だと思います。」

            「安くて・美味しくて・個性がある店」
「”いい居酒屋は〈貫禄〉と〈けじめ〉があるのだ”…ここのフレーズは、好きです。


第一章が「『居酒屋学』の基礎概念」というから構えそうになるが、そんな必要はない。
〈赤提灯〉について
「居酒屋の一種。実際に赤提灯をぶら下げているかどうかは関係ない」としつつ、
共通項として
「値段も敷居も高くない」
「個人経営であり、原則として店主が店にいる」などをあげる。

赤提灯、焼き鳥、立ち飲み、そういうものについて、
著者が「いいなあ」と思うことについて、微に入り細をうがち、書いてある。

名店居酒屋の多くは、
BGMもテレビもない、と観察する。
そして騒ぎすぎる客に、意外に手厳しいとする。

つまり、いい居酒屋は〈貫禄〉と〈けじめ〉があるのだ。著者の居酒屋の趣味ははっきりしている。

「居酒屋の描写」も頃合いがいい
(居酒屋方面でスノッブな文章って、ほんとにゲンナリする)。

良さそうな店が次々に出てきて、その店の酒と食べ物が、ものすごく美味しそうでは「ない」のがいい。
適度である。
居酒屋なんてこんなもんでいいんですよ。

日本の居酒屋文化 赤提灯の魅力を探る

著者:マイク・モラスキー/ 出版社:光文社/ 価格:¥842/ 発売時期: 2014年03月

トピックス Beats Music (2014-05-31)



Beats Musicの利用料金は月額9.99ドル(約1000円)、

年額119.88ドル(約1万2000円)で1アカウントで3デバイスまで利用可能。

また、アメリカの携帯電話キャリア「AT&T」ユーザー限定で、
「ファミリープラン」が月額14.99(約1500円)で5アカウントで10デバイスまで利用できます。

日本ではソニーのMusic Unlimitedが月額税込980円で利用でき、

Spotifyのプレミアム会員は月額9.99ドル(約1000円)で楽曲のダウンロードも可能となっています。

なお、残念ながら日本での提供は今のところ未定です。

トピックス 王様のうたた寝枕 (2014-05-30)

人気のクッション「王様シリーズ」から、
一休みに便利なお昼寝枕が登場!
 
超極小ビーズとポリエステル綿を絶妙なバランスで配合することで、
独特のやわらかさと通気性を実現。頭の乗せ方や体形に合わせて形状が変わり、
頭に負担をかけず首や肩にぴったりフィット!

 腕に通したり顔をうずめたりと使い方も自由自在だ。

健康・医療 [「ハトに注意!」…特に巣作り周辺 (2014-05-30)



           「飼ってなくても「オウム病」注意 川崎の施設で集団感染」

土肥修一

2014年5月30日

鳥から人に感染するオウム病に、
川崎市の社会福祉施設の入所者ら計12人が感染したことを市健康安全研究所が確認した。

鳥を飼っていない場所では珍しいという。

換気扇の外側にハトが巣をつくり、そのフンが原因となったとみられる。患者は全員回復している。

オウム病は、
オウム病クラミジアという微生物に感染することで起こる。
オウムやインコ、ハトなど鳥類のフンを吸い込むほか、
エサを口移しで与えることでも感染する。

高熱やせきが出て、肺炎や髄膜炎を起こすことがある。

抗生剤でほとんど治るが、まれに死亡することもある。

研究所によると、
2月24日から3月10日までに施設の入所者と職員が発熱したり、肺炎になったりした。
施設では昨年の夏ごろから、
換気扇の外側にハトが巣をつくって繁殖していた。

そのハトのフンから患者と同じタイプのオウム病クラミジアが検出された。
換気扇から室内に入ったフンを吸い込んだとみられる。

4671件中1981-1985件

前へ1....392393394395396397398399400401402....935次へ