Home » トピックス

表示: トピックス健康・医療社会・政治新製品 2020年06月2020年07月2020年08月全て

4426件中1931-1935件

前へ1....382383384385386387388389390391392....886次へ

トピックス 漫画の中でしか起こらなかったことを5月のミラノで目にすることができる (2013-12-30)


イタリアの記者までもが期待する
日本人2名の今後の活躍!

ACミランとインテルミラノが何か新しい物を必要としていることは間違いない。

それも、可能な限り早急に。

いずれにしても、
今回のダービーで確かな勝者となった者がいる。それは日本のサッカー界だ。

長友はピッチ上において左サイドを支配し、
今でも世界のサッカー界で最大の試合の一つである
ミラノダービーで重要な存在感を発揮した上に、
キャプテンのアームバンドまで腕に巻くことになった。

大きな偉業であり、
日本のプロサッカーの成長を追い続けてきたすべての人々に喜びと誇りを感じさせてくれる出来事だ。

ミラノの反対側に目を向けてみれば、
日本にとってさらなる朗報が得られた。

現在のACミランにおいて、
本田圭佑が先発の座を確保できる可能性は非常に高いという確信である。
サッカーを愛する者であれば誰でも、
ACミランの早急な復活を心待ちにしているが、
その過程の中でプラスの力となれる可能性は十分にある。

メアッツァ・スタジアムの照明が消え、
カルチョが冬季中断を迎える中で、
日本のサッカーファンは良い気分でクリスマスを祝うことができる。

かつて「キャプテン翼」の漫画の中でしか起こらなかったようなことを、
5月のミラノで実際に目にすることができそうだ。

トピックス あまちゃんスペシャルビッグバンドメンバー (2013-12-29)


12月31日(火)放送のNHK「第64回NHK紅白歌合戦」に出演する
「あまちゃんスペシャルビッグバンド」の出演メンバーが
大友良英のブログ「大友良英のJAMJAM日記」で発表された。

「あまちゃんスペシャルビッグバンド」は
NHK連続テレビ小説「あまちゃん」劇伴曲の演奏メンバーで構成されるグループ。

紅白でバンドはオープニングと番組内の「あまちゃん」コーナーで演奏を行う。
この日の演奏はバンマス・天野アキ(能年玲奈)がパーカッションを担当し、
「あまちゃん」の劇中歌「潮騒のメモリー」のレコーディングに参加した
「サンズリバーズ」がコーラスを務める。
またオープニングテーマの演奏には金原千恵子ストリングスも加わり、
メンバーは30名以上の大所帯となる予定だ。

また大友はオープニングテーマの内容についても言及。
楽曲はサイン波やノイズギターといったアバンギャルドな要素を取り入れ、
かつ「手作りの感触のある音楽」になるとブログに綴っている。

どんな楽曲で紅白が始まるのか、大晦日を楽しみに待とう。



あまちゃんスペシャルビッグバンドメンバー


天野アキ(バンマス):パーカッション
大友良英:ギター / バンジョー
江藤直子:ピアノ
近藤達郎:オルガン
齋藤寛:フルート
井上梨江:クラリネット
鈴木広志:サックス
江川良子:サックス
東涼太:サックス
佐藤秀徳:トランペット
今込治:トロンボーン
木村仁哉:チューバ
大口俊輔:アコーディオン
かわいしのぶ:ベース
芳垣安洋:ドラム
小林武文:パーカッション
相川瞳:パーカッション
上原なな江:パーカッション
Sachiko M:サイン波
サンズリバーズ(高瀬 ”Makoring” 麻里子 / 飯田希和 / 加藤圭子):コーラス
金原千恵子ストリングス:弦楽器

社会・政治 「魔女狩りか??」 (2013-12-29)


最近の安部首相…「暴走してますよね!!」
     数で押し切る・・・・それが国民の意思か?のように!
     国民は、安部さん押しではなく!・・・・・残ったカードがこれしかなかった!
     「ダケなことを!・・・・勘違いしている!!」

     そして・・・・この支配力に追随する輩・・・・「圧力団体の横暴!!」
     まるで「私たちにまかしておけば良い・・・・風な?医師会長たち??」

 【清水謙司】

広島県医師会の政治団体、
県医師連盟(委員長=平松恵一・県医師会長)が、
自民党への入党を要請する文書を会員の医師らに送っていたことが分かった。

業界団体の「自民回帰」が相次ぐ中、県医師連盟の場合、
返信しなければ自動的に「入党」となる仕組みで、
そのやり方に一部会員からは否定的な意見が出ている。

連盟関係者らによると、文書は12日付。平松委員長名で、
「自由民主党への入党について(お願い)」と題し
医療政策を実現するために、設置を検討中の自民党県連の職域支部への入会を促す内容。

党費の年額4千円は県医師連盟からの寄付金で支出し、新たな負担はない、としている。

また、入党に同意しない場合のみ、
別紙に医療機関名や名前などを記入し、事務局に連絡するよう求めている。

この要請について、ある会員は、「思想信条の自由を損なう恐れがある」と指摘する。

健康・医療 「東大論文ねつ造の首謀者」 (2013-12-28)


加藤東大教授は、監督責任で、
筆頭発表者はこの人……論文撤回を拒否しているそうです。
          うそのデーター張って、いまだに反省せずぬくぬくと教授をしている
          ということです。・・・・世も末!!

教授 北川 浩史 Hirochika KITAGAWA

学歴及び職歴

1994.6 東京大学付属病院第4内科研修医
1994.12 東京大学付属病院第2内科研修医
1995.6 公立昭和病院救命救急センターレジデント
1995.12 東京大学付属病院放射線科研修医
1996.6 茨城県立中央病院内分泌代謝内科 常勤医師
1997.6 徳島大学第一内科医員
2001.4 東大分生研核内情報協力研究員
2002.4 東大分生研核内情報助手(助教)
2003.4 アメリカメルク研究所Visiting Scientist
2005.3 東大分生研核内情報助教
2008.1 東大分生研若手研究者自立促進プログラム特任講師
2009.11 現職

 さて、証拠の方ですが、2ちゃんねるでリンクがあったセル(Cell)のオフィシャルサイトです。

Retraction

Retraction Notice to: The Chromatin-Remodeling Complex WINAC Targets a Nuclear Receptor to Promoters and Is Impaired in Williams Syndrome

Hirochika Kitagawa, Ryoji Fujiki, Kimihiro Yoshimura, Yoshihiro Mezaki, Yoshikatsu Uematsu, Daisuke Matsui, Satoko Ogawa, Kiyoe Unno, Mataichi Okubo, Akifumi Tokita, Takeya Nakagawa, Takashi Ito, Yukio Ishimi, Hiromichi Nagasawa, Toshio Matsumoto, Junn Yanagisawa and Shigeaki Kato

Corresponding author


(Cell 113, 905–917; June 27, 2003)

Our paper reported that a chromatin-remodeling complex, WINAC, recruited the unliganded vitamin D receptor to promoters in cooperation with the transcription factor implicated in Williams syndrome, WSTF. The findings provided insights into the coordination between chromatin remodelers and sequence-specific transcription factors and pointed to a role of chromatin-remodeling defects in Williams syndrome. We recently identified errors affecting several figure panels in which original data were processed inappropriately such that the figure panels do not accurately report the original data. We believe that the most responsible course of action is to retract the paper. We sincerely apologize to the scientific community for any inconvenience that this might cause. The first author, H.K., declined to sign the retraction notice.

 なお、一番最後の文章だけ重要なので和訳します。

The first author, H.K., declined to sign the retraction notice.

筆頭筆者の北川浩史は、撤回通知書へのサインを拒否しました。

トピックス 「神戸も先週1.00超えで、流行期に入りました。」 (2013-12-27)



インフルエンザ、関東で流行期に 高齢者の集団感染警戒

【土肥修一】
インフルエンザが関東で流行期に入った。

定点医療機関を対象にした調査では、
最新の1週間(16~22日)で1医療機関あたりの患者数が、
6都県で流行開始の目安となる1・00人を超えた。

年末年始に面会者が増える高齢者施設では、集団感染の予防に警戒を強めている。

流行期入りしているのは、
埼玉2・28、
栃木1・43、
千葉1・35、
東京1・11、
茨城1・04、
神奈川1・03。
群馬は0・91。           神戸12月16から22日で1.00超え!!

4426件中1931-1935件

前へ1....382383384385386387388389390391392....886次へ