Home » トピックス

表示: トピックス健康・医療社会・政治新製品 2020年06月2020年07月2020年08月全て

4424件中1891-1895件

前へ1....374375376377378379380381382383384....885次へ

健康・医療 「関西の花粉情報」 (2014-02-01)


今年も、この季節がやってまいりました。

患者さんの中には、すでにその感覚がある方もおられます。

当方では、
予防薬を、1月27日より内服するように勧めております。
今春は、
去年の6割程度という情報もありますが??
花粉に敏感な方には
そんなことは、お構いなし。・・・・・・・・・・数百倍の感度でくしゃみ鼻水の、オンパレードです。

トピックス 浜焼きBBQ「超世界(チョーワールド)」 (2014-01-31)



「クリニックから目と鼻の先に面白い店が誕生」・・・・・「超!・・ワールド!」

ワールド・ワンは2月4日に、
全国の新鮮な魚介を手ぶらで楽しめるオールスタンディングスタイルの
浜焼きBBQ「超世界(チョーワールド)」を、神戸市にオープンする。

手ぶらで海鮮バーベキューを楽しめる

同店は新鮮魚介を気軽に数多く、
お得にバーベキューで楽しめる立ち飲み形式の居酒屋。

提供する魚介は、同社が全国から仕入れる新鮮なもので、
エビやサザエ、ハマグリ、イカ、ホタテ、アワビなど数多く取りそろえる。

そのほか、干物やキングサーモン、マグロなども用意。

魚介類だけではなく、Tボーンステーキやスペアリブといった肉類も提供する。

料金は、
60分の飲み放題込みを「入場料」とし、
一般1,000円・会員800円(共に税別)で提供する。

バーベキューなどの食材の料金は別途必要。
同店は、
ニューワールド元町店2階(兵庫県神戸市中央区元町通1-8-14 2F)にオープン。

営業時間は16時~23時。不定休。

トピックス 「柿の種!」 (2014-01-31)



「初めてのお使い」ならぬ「初めての通販」


   30センチ×25センチ程度の箱詰めで、指示通りに来ました。
   一安心です。

  この話をした、すでに柿の種の虜になっている方が、
  このトピックを観て、ご自分も購入と思ったようです。・・・・が、

  読み返しますと、どこにも、商品の名前すら書いていません。・・・・「なんでや!」

  というおしかりを受けました。

        ということで再度登場・・・・・「とよすあられ…柿の種」

             www.toyosu.co.jp/‎
      

   こういうことで、口コミという商品販売がねずみ講のように増殖しモノは売れるのですね!

トピックス 論文一時は却下…かっぽう着の「リケジョ」快挙 (2014-01-30)


万能細胞を作り出したのが??…「女性のみのスタッフの研究室!!」
これ、もしかしたら、「ノーベル賞ものです。
            ・・・・女性が生み出した!というところが「まさに生物学的に素晴らしい!」


この記事で
快挙がわかりますので、このまま載せます!・・・・「読売新聞です」


生物学の常識を覆す発見を世界に先駆けて公表したのは、
30歳の日本人女性が率いる国際研究チームだった。

理化学研究所発生・再生科学総合研究センター(神戸市)の
小保方(おぼかた)晴子さんが研究を着想してから6年。
意表を突く簡単な手法で様々な組織に変化できる「STAP細胞」を作ったとの論文は当初、
一流科学誌から「信じられない」と掲載を拒否されたが、
日本のベテラン研究陣の後押しが成功に導いた。

小保方さんは早稲田大理工学部を2006年に卒業後、
高校時代から憧れていた再生医学の研究を開始。
この年、iPS細胞(人工多能性幹細胞)を作製したと発表した山中伸弥・京都大教授の講演を聞き、
研究に打ち込む決意を強めた。
刺激で細胞を変化させるという今回の成果につながるアイデアが浮かんだのは
08年に留学していた米ハーバード大でのことだった。

実験で極細のガラス管にマウスの細胞を通すと、予想より多い幹細胞ができた。
「狭い場所を通る刺激がきっかけになったのではないか」と発想を転換して研究を続けた。

しかし、
米国の専門家にも共同研究を持ちかけても、実績のない若手は相手にされない。
救いの手を差し伸べたのは10年、センターで研究中の若山照彦・現山梨大教授(46)だった。
世界初のクローンマウスを作った若山さんは、
突然訪ねてきた小保方さんの協力依頼に
「最初は信じられなかったが、僕が証明できれば米国に勝てると思った」と応じた。

毒素を使ったり、細胞に栄養を与えず飢餓状態にしたり……。
11年にセンター客員研究員になった小保方さんは実験を続け、
その年の冬、若山さんと、STAP細胞からできた細胞を持つマウスを誕生させた。

権威ある科学誌ネイチャーに論文を投稿したが、掲載は却下され、
審査した研究者からは「細胞生物学の歴史を愚弄している」という趣旨のメールも届いた。
肩を落とす小保方さんを、
幹細胞研究の第一人者である笹井芳樹・副センター長(51)らが支援。
データを解析し直し昨年3月、論文を再投稿。掲載が決まった。

研究室のスタッフ5人は全員女性。
研究室の壁はピンクや黄色で、好きなムーミンのキャラクターシールも貼っている。
仕事着は白衣ではなく、大学院時代に祖母からもらったかっぽう着。
「これを着ると家族に応援してもらっているように感じる」という。

理系の女子学生や女性研究者を指す
「リケジョ」が注目される中で飛び出した成果。

日本分子生物学会理事長の大隅典子・東北大教授(53)は
「発生生物学は多くの女性研究者が活躍してきた分野。
若手が見つけた小さな芽を、周囲のサポートで結実させた点もすばらしい」と喜んだ。

これから世界で激しい競争が予想される。
「プレッシャーを感じるが、10年後、100年後の人類社会への貢献を意識して、
一歩一歩進みたい」と決意を話した。

(2014年1月30日 読売新聞)

トピックス 「興行成績?」 (2014-01-30)


日本で流行る映画??
オタクの世界が、一番金を出すということでしょうか??
これは、
まさに、売れるCDとも、共通の、話です。

邦画も洋画も1番は、アニメーション!!……これでは、俳優陣が、仕事なくなります。


 ■2013年の興行収入ベスト5

【邦画】

①風立ちぬ(120.2)
②ONE PIECE FILM Z(68.7)
③映画ドラえもん のび太のひみつ道具博物館(39.8)
④名探偵コナン 絶海の探偵(36.3)
⑤真夏の方程式(33.1)

【洋画】

①モンスターズ・ユニバーシティ(89.6)
②レ・ミゼラブル(58.9)
③テッド(42.3)
④シュガー・ラッシュ(30.0)
⑤007 スカイフォール(27.5)

4424件中1891-1895件

前へ1....374375376377378379380381382383384....885次へ