Home » トピックス

表示: トピックス健康・医療社会・政治新製品 2020年08月2020年09月2020年10月全て

4450件中1871-1875件

前へ1....370371372373374375376377378379380....890次へ

健康・医療 このままでは日本の薬品会社なくなります。 (2014-03-22)

日本の医薬品市場で、外資系企業の勢いが強まっている。

世界最大手米ファイザーの日本法人の2011年売上高は前年比19・3%増に拡大し、日本法人設立以来初めて5000億円の大台を突破。「ファイザー全体の中でも日本法人の存在感は拡大している」と、3月12日の事業説明会見で梅田一郎社長は胸を張った。円高も寄与し英グラクソ・スミスクライン(GSK)では、11年の日本事業売上高が同28%増と、世界各地域で最も高い伸び率を記録した。日本イーライリリーも19%を超す増収となった。

調査会社IMSジャパンの調べによる販促会社ランキング(表)でも、外資系の伸びが目立つ。ファイザーが5年ぶりに首位を奪回したほか、米MSDやGSK、仏サノフィ・アベンティスなども2ケタ成長を遂げている。

健康・医療 「誇大広告に対するお金の話!」 (2014-03-21)

製薬企業からの巨額の寄付金

これら、筆頭薬品会社から、事件が発生しています。

臨床試験の実施は時間も人手もかかる地道な作業で、簡単にできるものではない。
当然、多額の費用もかかる。

日本の公的な科学研究費は決して潤沢とは言えず、
2012年度で国からの資金は2566億円だが、
その約1.9倍となる4830億円が製薬企業から大学などへ提供されていることが報道されている。

内訳を見ると、
武田薬品からは400億円、
第一三共ヘルスケア社366億円、
ファイザー社239億円、
ノバルティス社236億円、
MSD社203億円と続き、

研究開発費のトップは武田薬品、情報提供費のトップはノバルティス社だったという。

実際、
CASE-J試験に関しても、
武田薬品から10年間にわたって37億5000万円に上る巨額の寄付金が送られている。
試験データの集計・解析を中心に担った京都大学EBMセンターに合計25億5000万円、
公益財団法人成人血管病研究振興財団に6億円、
日本ワックスマン財団に4億円、
京都大学寄付講座に2億円という具合だ。

さらに、
2007年3月に武田薬品を退職した元社員が、
CASE-J関連の研究に深く関わっていたことも報道されているが、
「利益相反に相当するものはない」と会見で述べられている。

トピックス 「掃除機の、選択!」 (2014-03-20)


掃除機ほど、選択に困る電化製品は、ないですね??

買ったと思うと杉性能が落ちたり、
うんともすんとも吸引しなくなったり。
それで、買い替えるわけですが。・・・・・今は、安いニトリのハンドクリーナーです。

ダイソンとか7万以上
そして、今度は、例のルンバが、5倍の吸引力??

次回買うのは。自動化?最大吸引力か?・・・・・もしくはハンドの神様!

新幹線のおばさん方の神器!・…「マキタ!」です。


構造が単純なのでたまの手入れも簡単だ。
声(動作音)がでかいのはもう慣れたし、
とにかく「ガンガン働くぜ」という気合は 買えるし、実に頼もしい。


マキタ充電式クリーナー4093DW。購入当時の販売価格は
 バッテリー、充電器込みで1万3000円前後。現在は生産終了品だが、
 同価格帯でパワーアップしたラインアップが登場している
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/column/20140310/1055797/01_px400.jpg

◎マキタ(6586) http://www.makita.co.jp/

◎http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/column/20140310/1055797/?n_cid=nbptrn_top_osusume

トピックス 次期「デミオ」を想定した「跳(HAZUMI)」 (2014-03-19)


マツダは次期「デミオ」を想定した「跳(HAZUMI)」をワールドプレミア

トピックス 老舗喫茶『珈琲の青山」』、全店舗閉店 (2014-03-18)


「お酒の飲めない年頃。」
喫茶店にたむろし、時間をつぶすのが、浪人中の楽しみでした。
店主と仲良くなり、家族付き合いしたり、かわいい定員さんとの会話を、チョピッと期待したり。
青春の1ページですね。

いまや、若年層はそういう時間をどのように過ごしているのでしょう?


老舗関西でお馴染みの老舗喫茶『珈琲の青山」』、
全店舗閉店--〝現代喫茶店事情〟 フルサービス店が生き残るには

関西でおなじみの喫茶店「珈琲(コーヒー)の青山」が2月末で全11店舗を閉店し、
喫茶店事業から撤退した。
大手コーヒーチェーンの進出や安価なコンビニエンスストアの入れ立てコーヒーに押され、
業績が悪化したのが大きな原因だ。
価格やサービスが多様化し、「勝ち組」と「負け組」がくっきりと分かれ始めた喫茶店市場。
昔ながらの喫茶店は苦境に立たされている。

■待ち合わせに重宝

「珈琲の青山」は、
青山珈琲(兵庫県尼崎市)が兵庫、大阪、奈良、広島の各府県で計11店を運営していた。

同社は昭和23年に創業。
店は大阪・梅田や神戸・三宮の繁華街などに立地し、ガラス張り
の外観や豪華なインテリアなど高級感のある落ち着いた雰囲気が特徴で、
待ち合わせなどに重宝されてきた。

コーヒーも売り物のブルーマウンテンが1杯550円と、
1杯200~300円台で 提供するチェーン店などより高めだった。

帝国データバンク神戸支店によると、
ピーク時は36店舗まで拡大し、平成10年には約41億円 の売り上げがあったが、
24年は約5億円に落ち込んでいた。

同社は喫茶店事業からの撤退について
「創業者である社長が高齢になり、自分が生きている うちに店を閉めたいとの意向があった。
業績面で他店に押され低迷し、4月から消費税率が上がることもあり、
このタイミングで撤退を決めた。今後は不動産業に絞る」と説明。
大人 向けの高級志向が、安価なコーヒー店が浸透した今の時代に合わなくなったとの見方もある。

■減り続ける喫茶店

外食産業総合調査研究センターの推計では、平成24年の喫茶店の市場規模は1兆197億円。
ピークだった昭和57年(1兆7396億円)の約6割に縮小。
喫茶店の事業所数も総務省の統計によると、自家焙煎などの「珈琲専門店」ブームだった
昭和56年の15万4630店をピークに減少し続け、
24年には4万9298店と3分の1以下にまで落ち込んでいる。

背景について、
兵庫県喫茶飲食生活衛生同業組合の理事長で、
神戸市垂水区で喫茶店「リア珈琲」を経営する林靖二さん(61)は
「若者はファッション性の高い『スターバックス』や安いコンビニのコーヒーに流れる。
ビジネスマンも『ドトールコーヒー』などセルフサービス の店に行く。

個人経営店には後継者が不足しており、時代の変化に対応できていなかった」とみる。

4450件中1871-1875件

前へ1....370371372373374375376377378379380....890次へ