Home » トピックス

表示: トピックス健康・医療社会・政治新製品 2019年01月2019年02月2019年03月全て

4180件中176-180件

前へ1....3132333435363738394041....836次へ

社会・政治 最もなご意見! (2018-05-21)


              ・・・・・・ 内田さん。これで終わらせるつもりです。

スポーツ庁の鈴木大地長官は20日、

「(日大の内田正人監督の)辞意というより、
あの危険なタックルがなぜ起きたのか、関心はそこにある」と話し、
改めて関係者に原因究明を求めた。

ボツワナで行われた国際女性スポーツ会議からの帰国後、羽田空港で報道陣の取材に応じた。

内田監督からの指示の有無など問題の経緯や事実について、
日大は「文書で回答する」とし、まだ説明に至っていない。

これについて、鈴木長官は
「なぜ答えられないのかよくわからない。
これだけ騒がせてしまっているのだから、
できるだけ速やかに事実関係をお話しいただきたい」と苦言を呈した。

また、日大の所属する関東学生連盟が設置した規律委員会が調査しているが、
鈴木長官は
「大学スポーツ全体の問題と捉えている。
子どもたちが安全にスポーツに取り組めるよう、
公平公正、そして客観的に、しっかりと検証していただきたい」と話した。

健康・医療 ブルセラといっても、コスプレの類9ではありません。 (2018-05-20)


長野県在住の男性(64)が、
人獣感染症「ブルセラ症」に感染し、
腎機能不全になる重い症状になっていたことが15日、
国立感染症研究所への取材で分かった。

感染研が調べたところ、国内外に存在しない新種の菌であることが判明。
家畜によるブルセラ症の菌は海外から持ち込まれるが、
男性に渡航歴はなく、感染研などは感染源や経路などを調べている。

感染研などによると、男性はかつてトラック運送業に従事し、
現在は無職。
自宅は長野県内の山奥にあり、海外へ行ったことはなく、猫や鶏を飼育しているという。

男性は昨年4月上旬ごろ食欲不振に陥り、
39度を超える高熱が1週間続いた。2カ月後には腎機能が急速に悪化し、
急性腎障害による尿毒症の診断で入院し、血液透析などを行った。
治療後も腎機能は回復せず、現在も透析治療を受けているという。

感染研は、病院から男性の検体の送付を受けて診断。
これまでに報告されていないブルセラ症の新しい菌種であることが分かった。
感染経路を特定するため、男性への聞き取りのほか、
自宅周辺の土壌や鶏糞などを採取して調べたが、ブルセラ菌は検出されなかった。

 ただ、菌の遺伝子解析で、宿主がネズミなどの齧歯(げっし)目に近いことも判明。
感染したネズミなどと男性が接触した可能性もあるという。

感染研の担当者は「特異な事例であり、一般の人が心配するような感染例ではない」と説明した。

社会・政治 監督と、部員の意識のかい離?がもんだいになってますが。 (2018-05-19)


 それにしても、日大の対応。

 部員がさらし首状態で、何の保護もしていず、部員が勝手にしたみたいな。

 「スポーツハラスメント状態。・・・・・相撲も、レスリングも、」

 立場の強い指導者が、「ミニ独裁国家を作り、大様になる感じ」

 オット、政府もそうでした。

 今回の事件は、早く司法にゆだねるのが懸命。

 このままでは、事件を犯した日大部員の生死にかかわると思います。

 早く「保護してあげなくては。」

17日に開いたミーティングの中で、
コーチが部員らに意図的な反則を否定した回答書と同様の説明を行ったという。

これに対し、現役部員が産経新聞の取材に
「僕らは本当のことを分かっているので、コーチの説明に納得できない。
怒っている部員はいっぱいいる」と明かした。

同部は18日も全体練習を行わず、
東京都世田谷区の練習場で一部の選手が自主練習で汗を流した。
チーム内には反則をした選手を心配する声もあるといい、
部員の一人は「このままではチームが崩壊してしまう」と悲痛な面持ちで心境を語った。

日大は18日午後に理事会を開いたが、
広報担当者によると、今回の反則問題は話し合わなかった。

社会・政治 これがすべて。 (2018-05-18)



   無表情、低いトーンで

「現場で責任者は監督です。
 その中であのプレーが起きたのは監督の責任。
 指導者は学生たちを守るのが基本で、ちょっと受け入れられない」

 と厳しく非難した。

6日の定期戦では関学大の2年生QBがパスを投じた約2秒後、
日大DLに意図的に見えるタックルを背後から受けた。
教え子は全治3週間のケガを負い、
10日付で日大に抗議文を送付。

15日夜に回答を受け取った。

日大DLは周囲に

「『(反則を)やるなら(試合に)出してやる』と監督から言われた」と話しているが、

回答書には「意図的な乱暴行為を行うこと等を選手へ教えることは全くございません」とあった。

健康・医療 どちらが正しいか?わからない。 (2018-05-17)

論文側は、方法論を。
雑誌側は、過剰投与をおかしい。 

過剰取入れが、脳関門で、起こるシステムを証明しないと。
結果の判定はできませんね。

英科学誌サイエンティフィック・リポーツは11日、
子宮頸(けい)がんの原因ウイルスの感染を防ぐ
「ヒトパピローマウイルス(HPV)ワクチン」に関する、
東京医科大などのチームの論文を撤回した。

論文は2016年11月に掲載された。
HPVワクチン接種後に脳や神経に異常が起きるかを解明するため、
ワクチンと百日ぜき毒素を注射したマウスと
対照群を比較する試験を実施。
脳の異常などを確認したとする結果をまとめた。

試験では、
脳に入る物質を選別する血液脳関門を薬物が通りやすくするため、
百日ぜき毒素を使用。
ワクチンは0・1ミリリットルを5回の計0・5ミリリットルを注射した。
これは人に接種する3回のうちの1回分の量にあたる。

同誌は撤回の理由を
「HPVワクチンだけで起こる神経系の損傷を明らかにするため、
多量のHPVワクチンと百日ぜき毒素を使うのは不適切な方法」とする。
これに対し論文の責任著者、
東京医科大の中島利博教授は「撤回は一方的」とコメント。
撤回された理由について中島さんは
「ワクチンの投与量は薬の安全性の試験の基準に基づいている。
百日ぜき毒素も血液脳関門を一過性で開くために使っているだけ。残念だ」と話している。

4180件中176-180件

前へ1....3132333435363738394041....836次へ