Home » トピックス

表示: トピックス健康・医療社会・政治新製品 2020年11月2020年12月2021年01月全て

4472件中1781-1785件

前へ1....352353354355356357358359360361362....895次へ

健康・医療 バルサルタン:通報の医師、捏造を直感 ありえない値 (2014-06-02)

事件の経緯に関しての、一報!

毎日新聞 2014年06月02日 07時00分(最終更新 06月02日 08時09分)

降圧剤バルサルタン(商品名ディオバン)の臨床試験疑惑で、
医学的に測定されないはずの血液に関するデータが論文にあることに一人の医師が気付き、
日本循環器学会にメールで通報したことが、疑惑表面化へのきっかけになっていたことが分かった。

この通報を受けた学会が研究責任者に問題があると認めさせ、その後の各大学の調査につながっていた。

「死んでいる患者を相手に臨床試験をしたのか」。
データのつじつまが合わないことに気付いた興梠(こうろ)貴英医師
「この論文は捏造(ねつぞう)かもしれない」と直感した。

2012年9月、東京大病院の研究室。
目の前には「コメントをもらえないか」と論文を持ってきた
販売元の製薬会社ノバルティスファーマ(東京)の営業担当の男性社員がいた。

京都府立医大チームによるその論文は、
「バルサルタンは糖尿病の高血圧患者の脳卒中などを予防する効果が大きかった」と結論付けていた。
循環器内科が専門の興梠医師には興味深い論文だった。

だが、読み進めるうちにあるデータが目に留まる。
「糖尿病でないはずのグループに、
糖尿病患者が何人も交じっている」。
血中の電解質の値が低すぎたり高すぎたりする患者らも目に付いた。
データが真実であれば「死んでいる」患者を調べたことになる。それほどでたらめに思えた。

府立医大チームはバルサルタンの臨床試験を経て最初の論文を09年に発表。
試験には3000人以上の患者が協力しており、
膨大なデータが残る。

その後もどんな効果があるかを発表し続けた。
ノ社はこれらを医師に宣伝し、バルサルタンを累計売り上げ1兆円の大ヒット薬に育てていた。

興梠医師は論文を読んだ翌月の12年10月、
不正を疑う電子メールを、論文を載せた日本循環器学会誌の編集部に送った。

学会は12月、
まずノ社に試験への関与をただしている。
ノ社幹部は「一切関与していない」と強く主張したという。

学会は続いて試験責任者の松原弘明教授(当時)に説明を求めた。
松原氏は「データ集計の間違いに過ぎない」と反論したが、学会幹部は納得せず、
その場で撤回が決まった。

年が明けると、
欧州心臓病学会誌が詳しい理由を明かさぬまま、
府立医大チームの関連論文を撤回した。 【河内敏康、八田浩輔】

新製品 新型ムラーノ (2014-06-01)

新型ムラーノのボディサイズは、初代や2代目とほぼ同等に収まっていますが、新型は先代と比べ、長くて幅広く、少し低くなっています。

それでもクロスオーバーSUVに求められる、高さとスタンスは保ちつつ空力性能を向上させたとのこと。

さらに、グリルシャッターやフェンダーリップの成形、リヤバンパーの表面仕上げやリヤタイヤのディフレクター、一体型リヤスポイラーの形状を改善することで、空力性能は現行モデルに対して17%向上。新型「ムラーノ」のCd値は0.31とSUVとしては優秀です。

室内ではインパネの高さを初代や2代目よりも低くし、マルチタッチコントロール付き8.0インチディスプレイを配置。さらに、「シンプルな美しさ」という考えを継承し、より使い勝手を高めるため、スイッチの数を60%も減らして、25個から10個に変更。

オーディオシステムは、日産が積極的に採用するBOSE製で、11個のスピーカー(デュアルサブウーファーを含む)をはじめ、HD RADIO、SIRIUSXM SATELLITE RADIOも含まれています。また、ナビゲーションやモバイルアプリが使える「ニッサンコネクト」も用意されています。

トピックス 「日本の居酒屋文化 赤提灯の魅力を探る」 (2014-05-31)

最近は、作者が言うところの「居酒屋」より
より進化しているのが!・・・・・・・・・・・「現状だと思います。」

            「安くて・美味しくて・個性がある店」
「”いい居酒屋は〈貫禄〉と〈けじめ〉があるのだ”…ここのフレーズは、好きです。


第一章が「『居酒屋学』の基礎概念」というから構えそうになるが、そんな必要はない。
〈赤提灯〉について
「居酒屋の一種。実際に赤提灯をぶら下げているかどうかは関係ない」としつつ、
共通項として
「値段も敷居も高くない」
「個人経営であり、原則として店主が店にいる」などをあげる。

赤提灯、焼き鳥、立ち飲み、そういうものについて、
著者が「いいなあ」と思うことについて、微に入り細をうがち、書いてある。

名店居酒屋の多くは、
BGMもテレビもない、と観察する。
そして騒ぎすぎる客に、意外に手厳しいとする。

つまり、いい居酒屋は〈貫禄〉と〈けじめ〉があるのだ。著者の居酒屋の趣味ははっきりしている。

「居酒屋の描写」も頃合いがいい
(居酒屋方面でスノッブな文章って、ほんとにゲンナリする)。

良さそうな店が次々に出てきて、その店の酒と食べ物が、ものすごく美味しそうでは「ない」のがいい。
適度である。
居酒屋なんてこんなもんでいいんですよ。

日本の居酒屋文化 赤提灯の魅力を探る

著者:マイク・モラスキー/ 出版社:光文社/ 価格:¥842/ 発売時期: 2014年03月

トピックス Beats Music (2014-05-31)



Beats Musicの利用料金は月額9.99ドル(約1000円)、

年額119.88ドル(約1万2000円)で1アカウントで3デバイスまで利用可能。

また、アメリカの携帯電話キャリア「AT&T」ユーザー限定で、
「ファミリープラン」が月額14.99(約1500円)で5アカウントで10デバイスまで利用できます。

日本ではソニーのMusic Unlimitedが月額税込980円で利用でき、

Spotifyのプレミアム会員は月額9.99ドル(約1000円)で楽曲のダウンロードも可能となっています。

なお、残念ながら日本での提供は今のところ未定です。

トピックス 王様のうたた寝枕 (2014-05-30)

人気のクッション「王様シリーズ」から、
一休みに便利なお昼寝枕が登場!
 
超極小ビーズとポリエステル綿を絶妙なバランスで配合することで、
独特のやわらかさと通気性を実現。頭の乗せ方や体形に合わせて形状が変わり、
頭に負担をかけず首や肩にぴったりフィット!

 腕に通したり顔をうずめたりと使い方も自由自在だ。

4472件中1781-1785件

前へ1....352353354355356357358359360361362....895次へ