Home » トピックス

表示: トピックス健康・医療社会・政治新製品 2020年08月2020年09月2020年10月全て

4450件中1711-1715件

前へ1....338339340341342343344345346347348....890次へ

トピックス タイ仕様新型WRX (2014-06-30)


エンジンは265ps/350Nmを発生するDITの2.0Lターボで、
トランスミッションは6速MTとスポーツリニアトロニックCVTを選択可能。

熱烈なスバルファンなら、このタイ仕様を日本に逆輸入して乗るのもアリかもしれませんね。

参考までに価格もお知らせしておきましょう。
タイでの現地価格は、
MTモデルが264万バーツ、
CVTモデルが274万バーツです。
日本円に換算すると……それぞれ約847万円と879万円。
間違いじゃありません。800万円台後半の超高級車です。

タイでは輸入車に高い関税がかかること、
そして高額車にはこれまた高い付加価値税が追加される
(車両価格に含まれる)のでこんなプライスになっちゃうんです。

さすがにこの値段じゃ、買って日本に持ち込むのは現実的じゃないですね(笑)

社会・政治 「わかりきったことを!」・・・マスコミが公表しないだけ! (2014-06-30)



原発コストは火力より割高に 専門家が試算、発表へ

編集委員・小森敦司

運転を止めている全国の原子力発電所が2015年に再稼働し、稼働40年で廃炉にする場合、原発の発電コストは11・4円(1キロワット時あたり)となり、10円台の火力発電より割高となることが、専門家の分析でわかった。東京電力福島第一原発の事故対策費が膨らんでいるためだ。政府は原発を再稼働する方針だが、「コストが安い」という理屈は崩れつつある。

 電力会社の経営分析で著名な立命館大学の大島堅一教授と、賠償や除染の調査で知られる大阪市立大学の除本理史(よけもとまさふみ)教授が分析した。近く専門誌に発表する。

 両教授が、政府や東電などの最新資料を分析したところ、福島第一原発の事故対策費は約11兆1千億円に達した。政府が昨年12月に示した「11兆円超」という見積もりを裏付けた。

トピックス 「G Watch」・・・未来の時計 (2014-06-29)


G Watchはスリープせずに常時オンの状態なので、
普通の腕時計のようにいつでも時間を確認できる。

また、
そのまま「Ok, Google」と呼びかけるだけでGoogleの各種サービスに音声でコマンドを入力できる。

色はStealth Blackと
Champagne Goldの2色。

Champagne Goldはフレームは金だがベルト部分は白い。防塵防水であることも明らかになった。

社会・政治 「厚生省はやはり、武田薬品よりの解釈か?」 (2014-06-28)

薬事法を見てみよう。

第六十六条(誇大広告等)
1 何人も、医薬品、(略)の(略)効能、効果又は性能に関して、
明示的であると暗示的であるとを問わず、虚偽又は誇大な記事を広告し、記述し、
又は流布してはならない。

第八十五条
次の各号のいずれかに該当する者は、
二年以下の懲役若しくは二百万円以下の罰金に処し、又はこれを併科する。
四 第六十六条第一項又は第三項の規定に違反した者

つまり、
適応症でない疾患に対する効果を記述することは、
虚偽又は誇大な広告にあたり、薬事法はそうした行為に刑事罰をもって臨むこととしているのである。

確かにこの広告は、
相手方に「糖尿病」という名前のカードが置かれているだけで、
けして「ブロプレスは糖尿病に効きます」との文言を記載しているわけではない。
ただ、
すでに検討したように画面全体から受ける印象、カードを使った場面構成からすれば、
この広告を見る人間に
「ブロプレスが糖尿病に対して効果があるように思わせる」ことを意図して作成されたことは明らかだ。

ノバルティス社の降圧剤を念頭に置いた厚労省の見解

もっとも厚生労働省の見解はそうではないらしい。
先述の長妻委員の質問に対して田村大臣は
「効能、効果というふうにはうたっていないんですね。ですから、
これは、これをもってして薬事法上違反だというふうに、
すぐに言えるものではなかなかないのではないかというふうに思います」と答えている。

調査をするのかとの質問に対しても
「事実確認はさせていただきたいというふうに思います」と回答するに止まっている。

さらに気になるのは大臣答弁として出てきた厚生労働省の見解だ、少し長いが以下にそのまま引用する。

〈 効能、効果は、血圧、降圧剤でありますから、それに対してでありますけれども、
今まで言いましたような臨床のデータがあります。
そういうものは開示されているわけでありまして、そのようなものを見て、
医師がどう判断するかというのは、それは医師のそれぞれの裁量の中にあるわけであります。
でありますから、
そのデータ自体がもし何かディオバンのような問題があるとするならば、
それはまた問題が違うところにあるわけでありますけれども、
今そのような状況ではないというふうに我々は認識いたしております。

そのような中において、
それぞれのデータに示されたものというものを医師もそれぞれ理解しているわけでございますので、
そのような意味で、
この資料というものが薬事法に違反するものではないと我々は今思っておりますが、
しかし、委員もおっしゃるとおり、確認はしっかりさせていただきたいというふうに思います。 〉

まず気になるのは
「医師の判断」や「医師の理解」という点だ。
「一般的な医師の能力による判断」は広告の難易度などで問題になるのであって、
意図的に行われた誇大広告に対しては問題とするべきではない。

もし妥当だとなると、
「頭が良くて周到なお医者さんは
『糖尿病』や『CKD』と書いてあっても、効果がないことがわかってる。
辞典で調べれば適応症でないことがわかるんだから誇大広告にはならないよね」という、
わけのわからない論理がまかり通ってしまうことになる。

トピックス 「長友とグアリン」 (2014-06-28)


日本人も、国際的になったものです。

今回一番印象に残ったワールドカップの写真はこの一枚です。

以前、中田が一人立ち上がられず
・・・・でも「誰も歩み寄らなかった。」・・・「孤高という感じでした。」


今回は、インテルで仲の良いコロンビアの選手が、一人ではなく多数
      長友を元気付けにやって来ました。。・・・・・・・・・「これが「ワールドカップ!」

           印象的な一枚です。
           4年後はまた違う代表を見てみたいものです。
           私たちは「ただ観ているだけの観客です。」
              選手は、一生懸命戦いました
                    …実力が出たかどうかは分かりませんが
               順位がつく戦績は、実力でしょう。
               アジア勢全てが「グループリーグ敗退。」
                    何かを変えなければ、追いつきませんン。

4450件中1711-1715件

前へ1....338339340341342343344345346347348....890次へ