Home » トピックス

表示: トピックス健康・医療社会・政治新製品 2018年09月2018年10月2018年11月全て

4111件中156-160件

前へ1....2728293031323334353637....823次へ

健康・医療 インフルエンザ予防接種は、終了しています。 (2018-01-29)


 当方での予防接種は、1月第一週で、終了いたしました。

 他の医療機関でも、在庫はほとんどないはずです。

 毎年10月15日から接種可能ですので、

 お早目の接種を、お願いいたします。

 ワクチンを使用された患者さんは、感染を起こしても、軽い感じ(1度程度熱が下がる!)

 傾向があります。

                    よろしくお願いいたします。

無し インフル大流行です。 (2018-01-26)


 明日の午後。

 急病センターの担当です。

 いったいどれくらいの人数が来るか?
 見当つきませんが。
 患者さんに並んでもらって、片っぱしから検査していくしかありません。

 患者さん・家族が溜まりますと、その介護者が、次の日に罹患する悪循環です。

 できるだけ早々に帰宅してもらえるよう。処置の時間を短縮するしかありません。

 皆様には、できるだけ診療所の時間内に受診してもらうよう願うだけです。

健康・医療 今年のインフルエンザ! (2018-01-23)


 寒さも、終盤に入りました。

 インフルエンザ流行しております。


 今年は、A型とB型が、半々の割合で。
 学生は2回かかることもあるようです。

 また、B型でも結構熱が出ます。
 そして、ワクチン接種済みでも、発生した症例では、
 若干、熱が低く、ご本人は、楽です。

 後、2カ月程度は流行しますので、くれぐれも、「手洗い15回!」
 これを、生活習慣にしてください。     罹りにくいです。!

トピックス ソロソロ流行か? (2018-01-09)


結構、仕事がありまして、休みがありませんでした。
1月2月は、検診がんばります。

年末年始は、移動が多いほか、初詣など混雑した場所に行く機会も増える。
普段は子どもに接触しない高齢者も孫と会うなど、
インフルエンザ罹患リスクがより高まる懸念がある。

いつも以上に手洗い等の予防や、マスク着用等による感染予防に努める必要があるだろう。

■今年は2009年当時の「新型インフルエンザ」が多い

今年もインフルエンザが流行する季節となった。
インフルエンザは、流行する型が亜種を含めて20種類以上ある。

国立感染症研究所のインフルエンザウイルス分離・検出速報(*1)によると、
12月7日までの検出報告数は、
AH1pdm09型が48%で最も多く、
次いで、A(H3)型29%、
B型22%となっている。

AH1pdm09型とは、2009年に
「新型インフルエンザ」として大流行した型である
その後、流行が沈静化したことや、
国民の一定数が免疫を獲得したと考えられることから、
2011年に「季節性インフルエンザ」に分類され(*2)、2013-14年以降、隔年で流行している。

一方、半年前に南半球でA(H3)型が大流行したことから、
今年は日本でもA(H3)型が流行する可能性もある。


■今年のインフルエンザの特徴

今年のインフルエンザの特徴は、
(1)ワクチンの製造が遅れたことと、
(2)流行が、例年より早めの可能性があることだと言われている。
それぞれの影響として以下が懸念される。

(1)ワクチン製造の遅れ

インフルエンザの型は変化しやすく、毎年抗原を細かく変えるので、
以前の免疫が今後も役立つとは限らない。
また、前年に接種したワクチンの効果は5か月程度しか持続しないため、
毎年、予防接種を受ける必要が出てくる。

メーカーも、
他の定期接種のワクチンのように同じワクチンを作り続けていれば良いわけではない。
毎年、国の指示に基づいて国立感染症研究所が製造する型を選定し、
指定されたワクチンの基となる株からワクチンを製造する。

ところが、今年は、A(H3)型で予定していた株の生産効率が低かったため、
異なる株で製造しなおすことになった。

その結果、ワクチンの製造が遅れ、
10月には厚労省が、13歳以上は1回のみの接種とするよう呼びかけた。
さらに、ワクチンを接種したとしても、
A(H3)型については、
最適な株で製造していないため、
十分な効果が見込めない可能性があると言う。

ただし、現行のワクチンは4種類のウイルスに対応させており、
現在もっとも患者の多いAH1pdm09型を含む残り3種類については例年どおりの効果が見込める。

社会・政治 本当にヤバかったらしい。 (2017-12-20)



電車関係者にとっては、本当にヤバい状況だったようです。

昨日もアメリカで、大事故がありましたが、

「異常を感じたのに走行し続けたことを重く受け止めている」--。
東海道・山陽新幹線「のぞみ」の台車に亀裂が入った新幹線初の重大インシデント。

19日、
大阪市の本社で記者会見に臨んだJR西日本の吉江則彦副社長らは対応の非を認め謝罪した。
しかし亀裂は約44センチにまで広がり、台車枠は破断寸前だった。

専門家から「『首の皮一枚』で走らせていたようなもの」と厳しく批判する声が上がった。

吉江副社長らは会見の冒頭、
「極めて重大なインシデントを起こしてしまった」と、深々と頭を下げた。
「近年の新幹線では台車に亀裂が入ったことはない」と、
想定外だったと釈明する一方、
今月11日に博多から東京に向かう途中で繰り返し異常が報告されながら、
名古屋まで運行したことについては、「点検をしなかったのは大きな課題」などと反省の弁が続いた。
報道陣から「なぜ止められなかったのか」と問われると
「運転に支障があるほどの状況ではなかった、との認識だった」と答えるのが精いっぱい。
車内で異変を確認した車掌や岡山駅で乗り込んだ車両保守担当者と指令とのやりとり、
新大阪でJR東海の乗員と交代する際の引き継ぎなどについて、
慎重に調べていると説明した。

2005年に乗客106人が死亡、
562人が負傷した福知山線脱線事故を受け、
JR西は安全管理体制の見直しを図ってきた。

新幹線も、異常があった場合は独自のマニュアルに沿って対応する。
危険と感じられる音なら運転士や車掌が直ちに停車させ、
すぐに危険が感じられない場合は指令が判断する。

今回もこれに従ったが、亀裂は生じていた。
会見では「今のルールで、列車を止められなかった」と悔いるように振り返り、
マニュアルを見直す方針を示した。

金沢工業大の永瀬和彦・客員教授(鉄道システム工学)は亀裂について
「典型的な金属疲労で今回の運行で初めて発生したものではない。
最後は首の皮一枚がかろうじてつながった状態で発見された」と話した。

運輸安全委員会の中橋和博委員長は19日の定例記者会見で
少なくとも異音、異臭がした段階で止めたほうがよかった」とJR西の判断に疑問を呈した。

【山口知、根本毅、酒井祥宏】

4111件中156-160件

前へ1....2728293031323334353637....823次へ