Home » トピックス

表示: トピックス健康・医療社会・政治新製品 2020年11月2020年12月2021年01月全て

4473件中136-140件

前へ1....2324252627282930313233....895次へ

トピックス こんなマスクもあるのに? (2020-04-21)

マスクは、光エネルギーによる化学反応の光触媒を活用。

同県長岡市のスポーツアパレル会社「オンヨネ」と協力し、
酸化チタンなどの小さな金属片を繊維に練り込んだ生地を使った。

榛沢教授によると、繊維に赤外線などが当たりイオンが発生。
酸素と反応することでウイルスの感染力を弱める活性酸素「OHラジカル」を作り出すという。
この生地と、ほこりなどを通さない生地の二重構造になっている。

 光触媒の生地を使い、使い捨てマスクや布マスクの下に装着できる「インナーマスク」も作った。

 新型コロナウイルスの感染拡大でマスクが不足。

榛沢教授は
「特に高齢者など重症化リスクが高い人たちが高機能マスクを使うことで、予防につながる」と話した。

 マスクは2200円(税別)、
インナーマスクは1200円(税別)。

県内のスポーツ用品店など5カ所で5月16日から、県外でも23日から販売予定。(杉山歩)

名古屋の雨がっぱメーカーが医療用防護ガウンの生産に乗り出した。業界仲間に支援を仰ぎ、愛知県内で1日1万枚の生産をめざす。

 名古屋市中村区の老舗雨がっぱメーカー「船橋」は、防護服不足に悩む病院から相談を受け、医療用の防護ガウンの生産を今月から始めた。

 防護ガウンは使い捨てで、厚さわずか0・02ミリのポリエチレン製。医師や看護師が使うときは首からかぶり、腕と体の前面を覆う。

 病院の現場の意見を採用し、感染防止のため首回りは狭く、着丈は大人の足首ぐらいまで長く、腕も長めにし、まくり上がらないよう親指を通せるようにするといった工夫がされている。使用後は、引きちぎって脱ぐことができる。

 さらに、ティッシュペーパーのように1枚ずつ引っ張り出せるたたみ方で箱詰めし、使用のときに取り出しやすくした。

新製品 安倍のマスク、大阪泉大津製! (2020-04-21)


 もうすこしお安くできないですかね/?

実はこのマスク、2枚3300円が定価だ。
「繊維の街」として知られる大阪府泉大津市の南出賢一市長と
泉大津商工会議所がマスク不足の解消を目指し、
3月6日に市内の繊維メーカーに呼びかけて、
市内と近隣の計6社(後に7社)が
それぞれに手作りで製造・販売したうちの一つだった。

市や商議所のホームページには
「必要な人にマスクが届かない状況を改善するため、
泉大津ならではの良さが詰まったマスクを揃(そろ)えました」
「地元事業者が一つひとつ手作りでつくりました。
“泉大津産マスク”は洗ってもまた使えるマスクで、経済的、環境にも優しいマスクです」とある。

健康・医療 フランスのノーベル賞科学者(2008年)が発表 (2020-04-20)


 武漢ウイルスの真実を発表…2月ごろから参考にしていた情報を、フランスが証明しました。

 ① 人工ウイルスである。
 ② 武漢のウイルス研究所から事故で、漏えい。
 ③ 同じ研究をしていたインドの研究者に圧力かける。中国を含めすべての研究結果を削除。
 
 以上の発表を、
 エイズウイルスを発見しノーベル生理科学省賞を受けた、
 87歳のウイルス研究者が発表・・・・(パスツール研究所)出身。
 中国の武漢研究所(p4)を作るにあたり、研究共同開発した関係者の意見も取り入れ、
 また数学学者の数学的根拠を参考に、自然発生でない証拠を示し。
 発表しました。

 アメリカ・ヨーロッパの、意見です。

トピックス 先週までのコロナ感染情報からの、今後の予想。 (2020-04-20)

本日、高齢の方のほうが、ウイルス排出量が多い・感染力が強いという
報告が出ています。
免疫力が弱く、ウイルスの活性のほうが強いのか?
院内感染が病院各地で起こっていますが、
これは院内の医療関係者が感染の初発ではなく、
ウイルス陽性者が、違う目的で、病院に治療面会などに行くことで、感染しているわけで、
医療従事者が悪い分けでではありません。
ご注意を。
すべての院内来院者を検査することは今は無理です。
今後抗体検査ができるようになるまで、病院には行かないことです。
病気にならないことです。・・・・・今の現状と矛盾していますが、
当クリニックも、患者来院数約半分以下で、あと2カ月しかもちませんが。


最大の武器:ワクチン
 大阪のワクチンは、秋ごろから、大阪医療関係者に接種予定。
 その後他の近隣施設に今年中に接種可能か?
 本当のワクチンは来年の春完成。

 全国での実施は、おそらく、来年6月中。
 世界的には流行あり、オリンピックは、全世界でなく、流行が収まった国の、
 選抜大会並みの開催に。
 全世界の一番ではなく、参加国で、実施されるワールドカップ的な開催となる。

 オンライン売買や、オンライン会議で、
 首都中心の・大都市中心の社会が消滅。
 首都から離脱される人が増え、初めて、首都の人口が減る。

 抗体検査
 抗体検査キットは日本を含め各国で、発売されているが、
 市内で、使用できる時期は、早くて、秋。遅くて来年。

 神戸市内でも、医療崩壊は始まり、
 緊急外来のたらいまわし。出てきている。
 今現状では、PCR検査できていない。
 来週あたりから、医師の推薦で、PCR検査予約できるか?

 感染者数は、総数で、厚労省が、さもシナリオがあるように、調整しているが、
 15日・各所で、PCR検査解禁したため、
 来週から倍増するでしょう。
 推定東京で、桁一つ。40000人。神戸大阪でも、桁一つ。上がります。
 日本全国で。10万以下であればましかも。

 各自・自治体の医師会急病センターがが、PCR検査の窓口になる可能性があり。
 しかし現状は不可能。
 神戸では、ガウンなし。フェイスガード人数分前後、消毒使い回し。
 マスク・手袋あり。

 軽症者にアビガン投与開始が、冬。前後。
 今は三五〇人臨床試験中。それが一番効果あると感じます・
 抗体検査も秋口から。
 抗体あっても、かかる患者もあるかも。
 それまでに、二回程度山がある感じ。
 消失はしない。
 冬にもう一度大きな波があると感じます。

             ・・・・・そんな感じの未来が考えられます。

トピックス 生存確率を上げるには? (2020-04-13)


 神戸市内で、

 ・・・・・・・・・・・・・医療崩壊が始まりました。・・・・・・

 今できること、

 自宅からでない。
 じーっとしておくしかありません。

 交通事故もだめ。急病もだめ。風邪もだめ。
 病気・事故にあうとどこか病院にかからなきゃいけない。
 そこで、2重に感染する可能性があるということ。
                          もう、外に出るな!

 政府には、お金を支給することが必要です。お金を刷って配りまくるしかありません。
 早く決断を。
 アベノマスクより、各家庭に人数かけ10万円毎月仕送り?配布するしかありません。

4473件中136-140件

前へ1....2324252627282930313233....895次へ