Home » トピックス

表示: トピックス健康・医療社会・政治新製品 2019年06月2019年07月2019年08月全て

4196件中1376-1380件

前へ1....271272273274275276277278279280281....840次へ

トピックス 70シリーズ (2014-09-01)

トヨタ自動車は25日、
2004年まで国内販売していたスポーツ用多目的車(SUV)
ランドクルーザーの「70シリーズ」を、10年ぶりに発売した。

来年6月30日までの期間限定。
販売打ち切り後も国内に根強いファンがいることから、発売30周年を記念して期間限定で復活させた。

70シリーズは1984年に発売。
海外では、
中近東や豪州、
アフリカなどの約100カ国でいまも販売されているが、
国内では、排ガス規制強化や低燃費車人気などで04年に販売を終えた。
直線的なデザインや悪路を得意とする走行性などで人気は根強く、
国内での復活を望む声が寄せられていたという。

期間限定で売り出したのは、
かつて国内で販売していたバンと、荷台が付いたピックアップトラックの2種類。

マニュアル車で排気量4・0リットルの6気筒エンジンを搭載した。
新興国で販売しているモデルとほぼ同じ仕様で、補助ミラーを付けるなど国内向けに一部改良。

30周年記念の専用エンブレムもつく。生産は、トヨタ車体吉原工場

健康・医療 「当然の話ですが!…やっと話す学者もいるようで!」 (2014-08-31)

              http://www.jrias.or.jp/books/cat3/2014/724.html
                                 日本アイソトープ協会
                         Isotope News 〔No.724〕2014年8月号
    巻頭言 福島でがんが増える? 中川 恵一 (東京大学医学部)

         「・・・福島ではがんが増えることになります。国連も
            筆者も間違っていたと、将来、糾弾されることになると、
             覚悟を決めています。」

健康・医療 「もはや薬品会社の体をなしていない!」 (2014-08-30)


さすがにこの件数と副作用発生状況。
死者まで出ている状況!・・・・・・・・・・・・・薬品会社とは言えないでしょう。
                   「どっかの場末の健康食品会社レベルです。」


ノバルティス社:白血病薬など、重篤な副作用2579例 未報告、死亡も

                           毎日新聞 2014年08月30日 東京朝刊


製薬会社ノバルティスファーマは29日、
同社が販売する白血病治療薬など複数の薬に関係する
2579例の未報告の重い副作用情報があったと発表した。

この中には死亡例もあるという。

他にも重篤度などを評価中の6118例を含めた計8697例の未報告例について
厚生労働省は、薬事法違反の疑いがあるとして調査を始めた。

ノ社は白血病治療薬の臨床試験に社員が不適切に関与していた問題を受けて、
4月中旬に全社員約4500人を対象に副作用情報に関する調査を実施。
その結果、
約1万例で社内の安全性評価部署に連絡せずに放置していたことが判明し、
厚労省から8月末までに内容を精査して報告するよう求められていた。

ノ社が重い副作用があったと評価したのは、
白血病治療薬イマチニブ(商品名グリベック)1313例
▽ニロチニブ(同タシグナ)514例
▽抗がん剤のエベロリムス(同アフィニトール)261例
▽がんの骨転移などに使うゾレドロン酸水和物(同ゾメタ)130例−−など。

未報告の原因について、
ノ社は
「営業担当者が副作用を報告するという重要性を十分認識していなかったうえに、
上司の監督も不十分だった」と釈明している。

ノ社を巡っては、
降圧剤バルサルタン(商品名ディオバン)の虚偽広告事件で
東京地検特捜部が同社を薬事法違反の罪で起訴。

また、
別の臨床試験や医療機関へのアンケート調査などで把握した
白血病治療薬の重い副作用16例21件を把握しながら国への報告を怠ったとして、
7月末に厚労省から業務改善命令を受けている。

ノ社は29日、命令に基づいて、社員の研修計画などを盛り込んだ改善計画書を提出した。

厚労省は
「薬との因果関係や国に報告義務のある重篤な副作用だったのか精査し、
薬事法違反に該当すれば行政処分を検討する」としている。
                             【八田浩輔、河内敏康、桐野耕一】

社会・政治 音楽配信スポティファイ、55カ国に拡大 日本上陸は… (2014-08-29)



変わる音楽の楽しみ方

世界的に普及が進むストリーミング型音楽配信サービス。
日本にも世界最大手の企業が参入間近とうわさされるなど、大きな波が押し寄せている。

ただ日本は音楽大国とはいえ、まだCD売り上げへの依存が強い。
新サービスへの業界の警戒感は根強く、普及に向けた歩みは遅い。


「スポティファイはいつサービスを始めるのか」。
今年に入り、日本の音楽関係者の間で、期待と不安が入り交じったそんな言葉が飛び交っている。

スポティファイは、全世界で4千万人が利用する世界最大手のストリーミング企業だ。
レコード会社などに使用料を支払って配信許諾を得た約2千万以上の楽曲を、
ネット経由で聴き放題できるサービスを提供している。

2008年にスウェーデンで始まり、現在は世界55カ国で展開する。

健康・医療 「失墜!」…医学部生からは当然の意見! (2014-08-28)



東大医学部、臨床研究不正疑惑で医学部生に説明会

東京大学がかかわる臨床研究で不正疑惑が相次いでいる問題をめぐり、
東大医学部が25日、医学部生を対象に説明会を開いた。

医学部6年の岡﨑幸治さん(24)らが
「東大が社会から信頼を失っている」として疑惑の当事者の教授らに説明を求めたことなどから開かれた。

岡﨑さんらによると、説明会には医学部生約40人が参加。
門脇孝・東大病院長らが
アルツハイマー病研究J―ADNI(アドニ)の不正疑惑などの調査結果を説明した。

参加者からは
「企業のカネが研究資金に入り込んでいることが問題の本質ではないか」などの意見が出た。
医学部が説明会を非公開としたことについて
「情報公開しないと社会の信頼を回復できない」との批判も出た。

4196件中1376-1380件

前へ1....271272273274275276277278279280281....840次へ