Home » トピックス

表示: トピックス健康・医療社会・政治新製品 2018年09月2018年10月2018年11月全て

4115件中1351-1355件

前へ1....266267268269270271272273274275276....823次へ

トピックス 千葉大元教授の虚偽説明を認定 ディオバン論文不正 (2014-07-16)

          聞いてあきれる…現在・・東大の教授ですよ??

2014年7月15日

製薬大手ノバルティスの高血圧治療薬ディオバンの効果を調べた臨床研究の論文不正問題で、
千葉大の調査委員会は15日、最終報告を公表した。

東京地検特捜部が薬事法違反の罪で起訴した、
元社員の関与について、
研究責任者の小室一成元教授(現東京大教授)が虚偽の説明をしていたと認定。

統計解析で意図的な操作の可能性を否定できないとし、論文の取り下げを勧告するよう求めた。

報告書などによると、
小室氏は6月の調査委による事情聴取まで、研究グループ自らが統計解析し、
元社員からは助言を受けただけだったと虚偽の説明をしていたとした。

小室氏の責任は重く、現在所属する東京大に対して処分の検討を求めるべきだとした。

また、臨床研究に参加した患者の脳卒中などの発症の評価に、
患者の担当医が加わっていたことも新たにわかった。
調査委は、臨床研究のルールから逸脱しているとした。

千葉大は5月、著者らに論文の取り下げを勧告。
しかし、現時点でも勧告に同意しない研究者が複数おり、
調査委は改めて取り下げを勧告すべきだと判断した。

小室氏は代理人を通じて「報告書の中身を検討中で正式なコメントは控える」と回答した。(今直也)

健康・医療 「小室氏の研究グループ紹介文から研究のところを抜粋。」 (2014-07-16)


大学病院の他の病院と大きく異なる点の1つに研究があります。

現在医学は急速に進歩していますが、
未だ十分な診断、治療ができない疾患が多数存在することも事実です。
それを克服するためには研究が必要であり、
研究で得られた成果を、新しい診断法、治療法に応用するのが大学における先進医療です。

幸い当科には、多くの有為な人材がそろっており、
基礎的な研究から、
臨床をふまえたトランスレーショナル研究、さらには先進医療の実施が可能です。

基礎的な研究としては、
心不全の発症機序や動脈硬化の形成機序など、
循環器疾患の中心的な問題について、
分子生物学や細胞生物学など、
最新の学問を駆使して、研究に取り組んでおります。

さらにそのような基礎的研究をふまえ、
心不全や虚血性心疾患に対する再生治療など、新しい治療法の開発も積極的に行っております。

このように当科では、
現在可能な最高の医療を患者に提供すると同時に、
明日の医療を創造していきたいと考えています。

大学院生やレジデント、研究生として、
若い優秀な人材の参加を期待するとともに、患者様のご来院、
ご紹介を心よりお待ちして申しております。



循環器内科 教授
小室 一成

トピックス 「お宝によく出ている人です。」 (2014-07-15)


一体?コレクターっていうのは、ご自分が死んだあと?
そのお宝。どうしているのでしょうか?
お金を使うのは自由ですが。・・・・・なくなって散逸してしまうのは?
ちょっと悲しい。・・・・遺言だけは書いといてね! 

堺の鉄砲鍛冶(かじ)・芝辻が手掛けた作品で、
発射ごとに火ぶたが開閉、
1発分の火薬と
弾丸を装填(そうてん)するなど一般の火縄銃と比べて5倍以上の連射速度を誇る半自動機構を持つ。

澤田さんは2年前、
米国の銃器研究家ロバート・キンブロー氏の著書を頼りに、
元GHQだった所有者が オレゴン州在住であることを突きとめて渡米。

「日本の文化財だけでなく世界の文化財」と熱を込めて
説得を続けた後、ようやく譲り受け“里帰り”の運びとなった。

トピックス 健診結果で数値低いと認知症リスク高まる項目は (2014-07-15)



健康診断の血液検査項目の
赤血球数や
HDL(善玉)コレステロール値、
アルブミン値が低いと、

認知機能の低下が2~3倍起きやすいとの研究結果を、
東京都健康長寿医療センター研究所のグループがまとめた。


栄養が低い状態が将来の認知症のリスクを高めることを示す結果で、
老年医学専門誌に近く発表する。

同研究所の谷口優研究員らは、
群馬県と新潟県に住む70歳以上の1149人の暮らしぶりや健康状態を調べて、
認知症が疑われた人などを除いた873人を追跡調査(平均2・7年)した。

調査開始時の赤血球数、善玉コレステロール値、アルブミン値を、
それぞれ「低い」「普通」「高い」の3群に分け、その後の認知機能の変化との関係を調べた。

 その結果、それぞれの値が低い群は高い群に比べて2~3倍、認知機能が低下しやすかった。

トピックス ■『SKYACTIV-D 1.5』の特長 (2014-07-14)


小排気量ディーゼルエンジンで最も低い圧縮比14.8を採用しながら理想の燃焼効率を追求
高分散噴霧のソレノイドインジェクターと段付エッグシェイプピストンによる火炎の壁面接触低減、過渡燃焼制御技術により冷却損失を抑制
高圧EGR&低圧EGRシステムを採用、これにより均質リーン化領域を拡大し燃費環境性能、パフォーマンスフィールを向上
エンジン冷却システムに冷却水制御バルブ(CCV)やウォータージャケットスペーサーを採用、これにより、燃焼効率改善と機械抵抗低減を実現
低速域から高速域まで十分な過給圧が得られる回転センサー付きの可変ジオメトリーターボチャージャーを採用
吸気管一体式水冷インタークーラーを採用、加速レスポンスおよび過給効率を向上
高価なNOx後処理システム無しで、日本ポスト新長期規制、欧州ステージ6をクリアする高い環境性能を実現

4115件中1351-1355件

前へ1....266267268269270271272273274275276....823次へ