Home » トピックス

表示: トピックス健康・医療社会・政治新製品 2018年09月2018年10月2018年11月全て

4113件中1291-1295件

前へ1....254255256257258259260261262263264....823次へ

トピックス 「ワールドプレミアは、明日。」 (2014-09-02)



マツダが9月3日、
世界3か所で同時にワールドプレミアする予定の新型『ロードスター』。

同車の予告イメージが公開された。

これは8月10日、
フランスの自動車メディア、『leblogauto』が掲載したもの。

同メディアによると、マツダの欧州部門が配信した新型の公式ティーザーイメージだという。

この予告イメージは、ブルーのカバーで覆われた新型ロードスターを、斜め後方から捉えた画像。

歴代ロードスターのオープン2シーターの基本デザインを受け継ぎながら、
トランクリッドの形状などに、新しい方向性が表現されているように見える。

なお、
新型ロードスターは9月3日、
日本、米国、欧州で同時にワールドプレミアを飾る予定となっている。

健康・医療 「神戸でもいずれ発生するでしょう。」 (2014-09-02)


代々木公園は、外菊人の隠れ有名スポットとして有名でした。
今回、やはり外国人が多く訪れる、スポットで、デング熱が発生するのは至極まともなことです。

今までエイズしかり新型インフルエンザしかり
すべてが、「神戸発祥」という悪い伝統がありましたが??
今回はさすがに、東京の保健関係者も、
東京での発生を封じ込めることはできなかったというところです。

今後神戸でも、発生しますので。注意が必要です。・・・・西日本のほうがあったかいですから。

           ・・・・・・・・・・・・「蚊に刺されるのはやめにしましょう。」


デング熱の主な症状は、
38度以上の高熱や頭痛、関節痛などで、風邪やインフルエンザに似ている。
夏は蚊に刺される機会も多く、風邪をひくこともある。

デング熱を疑って医療機関にかかるべきなのは、どんな症状が出たときだろうか。

デング熱は感染しても半数は発症せず、軽症例も多い。
国立感染症研究所の西條政幸部長は
「海外渡航歴がない人はかからないと思われていたため、
これまでは風邪などと診断されていたかもしれない」とする。

しかし、普通の風邪と異なる症状もある。
風邪やインフルエンザは熱が1、2日で下がることが多いが、
デング熱は4、5日続くことが多く、一度下がった後再び上がることがある。

国立国際医療研究センター国際感染症センター(東京都新宿区)の馬渡桃子医師は
「デング熱では多くの患者が目の裏の痛みを訴える」と話す。
症状としては発疹も知られるが、発疹が出るのは熱が下がった後。
「発熱直後は見分けがつきにくいが、
熱が何日も続いて目の裏が痛い場合はデング熱の恐れがある」
という。

解熱後も倦怠感が続くこともあり、食欲がなく水も飲めないといった場合は受診した方が良い。

ただ、デング熱には特効薬がなく、対応は解熱剤投与など対症療法のみ。
発症者の1~5%に起きるショック症状や出血症状には注意が必要だ。


馬渡医師は
「鼻血や黒い便などの下血症状があったら速やかに医療機関に行ってほしい」と助言している。

トピックス 70シリーズ (2014-09-01)

トヨタ自動車は25日、
2004年まで国内販売していたスポーツ用多目的車(SUV)
ランドクルーザーの「70シリーズ」を、10年ぶりに発売した。

来年6月30日までの期間限定。
販売打ち切り後も国内に根強いファンがいることから、発売30周年を記念して期間限定で復活させた。

70シリーズは1984年に発売。
海外では、
中近東や豪州、
アフリカなどの約100カ国でいまも販売されているが、
国内では、排ガス規制強化や低燃費車人気などで04年に販売を終えた。
直線的なデザインや悪路を得意とする走行性などで人気は根強く、
国内での復活を望む声が寄せられていたという。

期間限定で売り出したのは、
かつて国内で販売していたバンと、荷台が付いたピックアップトラックの2種類。

マニュアル車で排気量4・0リットルの6気筒エンジンを搭載した。
新興国で販売しているモデルとほぼ同じ仕様で、補助ミラーを付けるなど国内向けに一部改良。

30周年記念の専用エンブレムもつく。生産は、トヨタ車体吉原工場

健康・医療 「当然の話ですが!…やっと話す学者もいるようで!」 (2014-08-31)

              http://www.jrias.or.jp/books/cat3/2014/724.html
                                 日本アイソトープ協会
                         Isotope News 〔No.724〕2014年8月号
    巻頭言 福島でがんが増える? 中川 恵一 (東京大学医学部)

         「・・・福島ではがんが増えることになります。国連も
            筆者も間違っていたと、将来、糾弾されることになると、
             覚悟を決めています。」

健康・医療 「もはや薬品会社の体をなしていない!」 (2014-08-30)


さすがにこの件数と副作用発生状況。
死者まで出ている状況!・・・・・・・・・・・・・薬品会社とは言えないでしょう。
                   「どっかの場末の健康食品会社レベルです。」


ノバルティス社:白血病薬など、重篤な副作用2579例 未報告、死亡も

                           毎日新聞 2014年08月30日 東京朝刊


製薬会社ノバルティスファーマは29日、
同社が販売する白血病治療薬など複数の薬に関係する
2579例の未報告の重い副作用情報があったと発表した。

この中には死亡例もあるという。

他にも重篤度などを評価中の6118例を含めた計8697例の未報告例について
厚生労働省は、薬事法違反の疑いがあるとして調査を始めた。

ノ社は白血病治療薬の臨床試験に社員が不適切に関与していた問題を受けて、
4月中旬に全社員約4500人を対象に副作用情報に関する調査を実施。
その結果、
約1万例で社内の安全性評価部署に連絡せずに放置していたことが判明し、
厚労省から8月末までに内容を精査して報告するよう求められていた。

ノ社が重い副作用があったと評価したのは、
白血病治療薬イマチニブ(商品名グリベック)1313例
▽ニロチニブ(同タシグナ)514例
▽抗がん剤のエベロリムス(同アフィニトール)261例
▽がんの骨転移などに使うゾレドロン酸水和物(同ゾメタ)130例−−など。

未報告の原因について、
ノ社は
「営業担当者が副作用を報告するという重要性を十分認識していなかったうえに、
上司の監督も不十分だった」と釈明している。

ノ社を巡っては、
降圧剤バルサルタン(商品名ディオバン)の虚偽広告事件で
東京地検特捜部が同社を薬事法違反の罪で起訴。

また、
別の臨床試験や医療機関へのアンケート調査などで把握した
白血病治療薬の重い副作用16例21件を把握しながら国への報告を怠ったとして、
7月末に厚労省から業務改善命令を受けている。

ノ社は29日、命令に基づいて、社員の研修計画などを盛り込んだ改善計画書を提出した。

厚労省は
「薬との因果関係や国に報告義務のある重篤な副作用だったのか精査し、
薬事法違反に該当すれば行政処分を検討する」としている。
                             【八田浩輔、河内敏康、桐野耕一】

4113件中1291-1295件

前へ1....254255256257258259260261262263264....823次へ