Home » トピックス

表示: トピックス健康・医療社会・政治新製品 2019年07月2019年08月2019年09月全て

4196件中1286-1290件

前へ1....253254255256257258259260261262263....840次へ

社会・政治 「東京に対する反対勢力は必要です。」 (2014-11-23)

橋下氏出馬に安倍真っ青 
大阪で「自民党全滅」も維新の党が18日、橋下徹共同代表を衆院大阪3区の支部長とする

選挙区支部の設立届を大阪府選管に提出した。

大阪16区についても松井一郎幹事長を支部長として提出。

大阪市長と府知事のダブル出馬がいよいよ濃厚になってきた。

積み残している問題は「ない」と断言。

都構想実現に向けるとの認識も示した。地方で動かせないなら、国政に出て動かしてみせる、
という意欲にもとれる。


「当初は、都構想への協力で寝返った公明党に対する脅しのカードとみられていました。
しかし、
もはや公明党はガチンコで戦う態勢です。橋下さんも引くに引けなくなってきました」(地元記者)

■全国とは異なる独特の雰囲気

橋下氏が衆院選に出れば、維新が勢いづくのは間違いない。
世論調査で維新の支持率が 1ケタ前半のジリ貧にあるため、
永田町では「前回ほど議席を取れない」とタカをくくっているが、大阪の独特の空気は全国とは異なる。

「維新は支持率が低いといわれますが、大阪では20%台後半です。
自民党にダブルスコアの差をつけていますよ」(前出の地元記者)

橋下氏出馬で盛り上がる維新vs景気後退にもかかわらず身勝手な論理で解散する安倍自民――。
そんな構図になれば、自公が大苦戦する可能性は高い。

「橋下さんが出馬し、自公との全面対決ムードになればなるほど、維新は力を発揮する。
橋下さんや維新の人気は落ちたといいますが、一方で他に代わる人がいないのも事実。
消去法でも強い。
 今年3月の大阪市長選で他党がどこも対立候補すら立てられなかったのがいい証拠です。
大阪には大阪の力学がある。
  自民党が議席を奪うのは、そう簡単ではないと思います」(政治ジャーナリスト・鈴木哲夫氏)

 表は現時点での各党の立候補予定者。
  前回は候補者乱立の中で、維新が19選挙区中、
 12で勝利した。
  今回も自民は、1区大西、7区の渡嘉敷、9区の原田、11区佐藤、13区宗清、
14区長尾、15区竹本、17区岡下、18区神谷が劣勢。

 維新と民主の選挙区調整が進めば、さらに厳しくなる。まさかの全敗だってあり得ない話ではない。

http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/155099/1
橋下氏出馬に安倍首相真っ青…大阪で「自民党全滅」の可能性

トピックス 新型コンパクトクロスオーバーSUV「CX-3」 (2014-11-22)


マツダ、LAオートショーで新型コンパクトクロスオーバーSUV「CX-3」を世界初公開

マツダ、LAオートショーで新型コンパクトクロスオーバーSUV「CX-3」を世界初公開
【Impress Watch】 (2014/11/19 13:00)

マツダは11月19日、
米国ロサンゼルスで開催中のロサンゼルスオートショー(11月18日~20日プレスデー、
21日~30日一般公開)で新型コンパクトクロスオーバーSUV「CX-3」を世界初公開し、
2015年春から日本を始めグローバル市場で順次発売すると発表した。

http://car.watch.impress.co.jp/img/car/docs/676/484/02.jpg
http://car.watch.impress.co.jp/img/car/docs/676/484/03.jpg
CX-3

CX-3は、マツダの新世代技術「SKYACTIV技術」と
デザインテーマ「魂動(こどう)-Soul of Motion」を全面採用して開発された第5弾モデル。

この会場で参考出展された車両の主要諸元では、
ボディーサイズが
4275×1765×1550mm(全長×全幅×全高)となっており、
同社のクロスオーバーSUVである「CX-5」の
4540×1840×1705mm(全長×全幅×全高)からひとまわりコンパクトなサイズで構成されている。

パワートレーンには市場のニーズに合わせて
1.5リッタークリーンディーゼルの「SKYACTIV-D1.5」と
2.0リッターガソリンエンジンの「SKYACTIV-G2.0」を用意し、
参考出展車ではSKYACTIV-D1.5に6速MTSKYACTIV-G2.0に6速ATが組み合わされている。

また、駆動方式ではCX-5から導入された新世代AWDシステムを採用し、
センサー信号によってドライバーの意図と変化し続ける走行状況を正確に検知して制御を行う世界初の
技術「前輪スリップ予兆検知システム」を導入すると発表している。

このほか、デミオに搭載した新開発の 小型・軽量の「パワーテイクオフ」
「リアディファレンシャルユニット」も採用する。

インテリアでは「Heads-up Cockpit」をコンセプトに、ドライバーを中心としたレイアウトで
操作・視認系アイテムを配置。
アイポイント高を1250mmに設定し、すっきりと見晴らしのよい運転が楽しめ、
気持ちよく安心できる着座位置を実現している。
また、フロントタイヤの前方配置とペダルの形状や レイアウトの最適化により、
ドライバーが足を伸ばした位置にペダルを用意するドライビングポジションを設定。

アクセルペダルにはオルガン式を採用する。

フロントシートにはショルダールームやレッグルーム、カップルディスタンスに余裕を持たせ、
乗員の体格に差があっても快適に過ごせるよう設定。

リアシートはフロントシートと比べて内側に着座位置を配置しヒップポイントも高めとして
前方の視界を広げたほか、車内で対角線の位置に座る乗員同士が会話しやすいよう工夫している。

シート自体の構造面では、シートバックや座面の形状、ボルスターの形状と硬さの最適化を図り、
衝撃吸収ウレタンを採用。
また、リアシートではシートバックを長めにしてゆったり感のある座り心地を表現している。

また、運転中の各種操作をアシストするヒューマン・マシン・インターフェイスとして
カーコネクティビティ・システムの「MAZDA CONNECT(マツダコネクト)」、
ヘッドアップディスプレイの「アクティブ・ドライビング・ディスプレイ」などを採用している。
(以下略)

ソース: http://car.watch.impress.co.jp/docs/news/20141119_676484.html

トピックス 「この3連休!神戸は忙しくなりそうです。」 (2014-11-21)


11月はなんと2回も3連休だそうで?
今回は気候も良いようで、神戸マラソンもあり
神戸は忙しくなりそうな気配です。
当クリニックは、通常どうり、22日の午後の診察もありますので、
風邪をひいた方はいつでもどうぞ。
インフルエンザの接種もしております。受験生は特に今の時期は良いと思われます。

神戸マラソン、出走2万人にゼッケン配布 受け付け開始

23日開催の第4回神戸マラソン
(兵庫県、神戸市など主催、朝日新聞社など共催)
に出場するランナーの受け付けが21日午前、神戸市中央区の神戸国際展示場で始まった。

受け付けは22日まで。

来年1月に阪神大震災の発生から20年を迎える節目の大会として新設された
「初出場枠」の約5千人を含む計約2万人がゼッケンなどを受け取る。

トピックス 「日本車で、これは欲しいと思う車です。」 (2014-11-20)


・・・・・初めてディーゼル乗りになるか??
はじめて、「ゴルフを見たときの感覚。マツダのファミリアの、再来!」
とでもいいましょうか?

SKYACTIV-D 1.5は2000rpm前後で25.5kgf・mという。

たとえば走りのイメージを持つインテグラの最終型が
7000rpmも回して、やっと21.0kgf·m
あのハチロクが6500rpm前後で20.9kgf·m

最高速度に関わる最大出力に比べると
燃料費が高いご時世に
低回転で力強く加速できるSKYACTIV-D 1.5は
非常に魅力的なエンジンじゃないだろうか?
質感が半端じゃない。


10万台ディーゼルをすでに売っています。
時代は、燃料電池ではなく、軽油で走るディーゼルです。
燃料電池で走る未来な車は、電池関係のみ新品ですが
後の電装とモーターは、なんとプリウスと同じ共用部品です。
それで720万円・・・・ユーザーに負担させる??



社会・政治  「ばらまきか?」…自民党の選挙政策? (2014-11-19)

  以前の子供手当と同じですか?・…あれは民主党でしたっけ?
  国民ばかにしてますよね。
  使うのは使うが?・・・・・「だから何??」って感じです。
  税金が返ってきただけでしょ。・・…首相は、なんでもできる??


安倍首相、商品券配布で消費支援指示


首相、商品券配布で消費支援指示 低所得や省エネ住宅新築時

安倍晋三首相は、
7~9月期の国内総生産(GDP)がマイナス成長となったことを受け
経済対策の策定を関係省庁に18日指示する。

所得が低い人や省エネ住宅を新築した 人に商品券などを配り、個人消費を直接支援する考え。
円安によるエネルギー価格上昇の影響緩和策も盛り込む。

首相は18日に衆院解散を表明する方針で、経済対策は衆院選での与党公約の骨格となる見通しだ。

消費刺激や地域経済の活性化を柱とし、
地方自治体が自由に使える交付金を創設。所得の低い人に自治体が商品券を配布する。

 

省エネ住宅の新築や改築にポイントを付与する「住宅エコポイント」を復活させる方針。

http://www.47news.jp/CN/201411/CN2014111701001995.html

4196件中1286-1290件

前へ1....253254255256257258259260261262263....840次へ