Home » トピックス

表示: トピックス健康・医療社会・政治新製品 2018年09月2018年10月2018年11月全て

4113件中1276-1280件

前へ1....251252253254255256257258259260261....823次へ

トピックス ホッチキスで壁掛けSサイズ (2014-09-14)

液晶テレビ壁掛け金具 ホッチキスで壁掛けSサイズ(TI200S)【壁掛け金具 23,24,26,32インチ対応 ホッチキス壁掛け TVセッター 壁美人 テレビ壁掛け】




商品番号 TI200S

価格 14,800円 (税込 15,984 円) 送料込

お買い物の前に2,000ポイントゲット!




▼ 下記商品リストからご希望の商品をお選びください。

新製品 「航続距離は何と1000キロ超え?」 (2014-09-13)

1つ目の「コンパクトカーのクラス概念を打破する」については、
「新型デミオでは、デザイン、走り、機能性など、あらゆる領域でセグメントの常識を超えた
上質さをお届けする。安全かつ疲れにくい、ロングドライブを可能にする理想的な
ドライビングポジションやペダル配置、アクティブ・ドライビング・ディスプレイ
(ヘッドアップ・ディスプレイ)など安全最優先のヒューマン・マシン・インターフェイス(HMI)、
質感が高く精緻なインテリア、コンパクトボディーに凝縮した魂動デザイン、
人馬一体の運動性能などは、
上級セグメントからお乗り換えいただいたお客様にもご満足いただけるものに仕上がっている」と、
その完成度に自信を覗かせる。

クリーンディーゼルエンジンのさらなる普及を目指した2つ目の「SKYACTIV-D 1.5の搭載」では、
「すべてのお客様に走る喜びと、優れた環境・安全性能をお届けするため、
コンパクトカーに搭載可能な小型ディーゼルエンジンであるSKYACTIV-D 1.5を開発し、
国内最量販車種であるデミオに採用する。

おかげさまで、2013年の国内ディーゼル乗用車販売実績の6割がマツダだった

我々がマーケットを開拓してきた国内での先駆者としての責任を果たすために、
クリーンディーゼルの一層の普及を目指していく」と語ったほか、
SKYACTIV-D 1.5はCX-5などに搭載する「SKYACTIV-D 2.2」と同じく低圧縮コンセプトにより、
高価なNOx後処理装置なしで高い環境性能を実現しながら
2.5リッターガソリンエンジン車並みの最大トルク(250Nm)を達成し、
高回転までリニアに加速する優れた運動性能が特徴だとした。

また、SKYACTIV-D 1.5搭載車のJC08モード燃費が30.0km/L(2WD/6速MT)を
達成していることに加え、SKYACTIV-D 1.5エンジンを今後B/Cセグメントの複数車種に搭載し、
ディーゼル車が普及している欧州市場などグローバルに導入することが明らかにされている。

SKYACTIV-D 1.5について。
2013年の国内ディーゼル乗用車販売実績の6割をマツダが占め、
今後クリーンディーゼルの一層の普及を目指すという

3つ目の「グローバル生産体制の進化」については、
「新型デミオ(Mazda2)をいち早く世界中のお客様へお届けするため、
7月に生産を始めた山口県の防府工場に続き、タイとメキシコの海外工場でも同時期に立ち上げる。

まず『オートアライアンス(タイランド)』では近日中に生産を開始し、
オセアニアおよびASEAN諸国へ出荷する。
また、メキシコ新工場『マツダモトールマヌファクトゥリングデメヒコS.A.de C.V.』でも
2014年度中に生産をスタートさせ、中南米、北米、欧州に向けてMazda2を展開していく。
グローバルに3つの工場でほぼ同時期に新型車生産を立ち上げることは、
私たちにとって大きな挑戦であり、マツダの歴史で初めてのこと」と述べるとともに、
「防府工場がマザープラントとしての役割を果たし、新しいモノづくりをグローバルに展開することで、
タイとメキシコでも日本国内と同じ高品質のクルマを生産し、
お客様にお届けすることをお約束する」
「新世代商品の導入に合わせて、マツダは生産・開発のプロセスをモノづくり革新により
根本から刷新してきた。とりわけ新型デミオは国内生産を維持しながら海外生産を加速させ、
為替変動に強いビジネス基盤を作ることにより構造改革をより堅固なものにしていく」と、
同社にとって新たな試みに挑戦しつつ、引き続き改革を実施することを誓った。

新製品 「ディーゼル車の燃費は1リットル当たり30キロ。」 (2014-09-12)

   バカ売れの予感!!・・・・・

    2.5リットル級のトルクで、リッターあたり30キロの燃費??
    スポーツカーです。…・・コンパクトカーですが。

    価格は、1.3リッターガソリンの、35万円アップ?
    それでも売れそう!



デミオの全面改良は7年ぶり。

マツダが最近の新型車に展開している独自の低燃費技術「スカイアクティブ」も採用した。


ディーゼル車の燃費は1リットル当たり30キロ。

発売はガソリン車は9月26日、

ディーゼル車は10月23日、4WD車は12月を予定。

希望小売価格(消費税込み)135万~219万2400円。国内では月5千台の販売をめざす。

健康・医療 寄生虫感染によってアトピー性皮膚炎が改善 - 群馬大が証明 (2014-09-11)


群馬大学、
寄生虫感染によってアトピー性皮膚炎の症状が良くなることを証明し、
そのメカニズムを解明したと発表した。

この成果は群馬大学大学院医学系研究科皮膚科学の石川治 教授、
同 天野博雄 講師、同 岸史子 大学院生、同 国際寄生虫病学の鈴江一友 講師らの
共同研究によるもので、国際雑誌「Allergy」に掲載された。

アトピー性皮膚炎の原因として、
皮膚のバリア機能異常やストレスの関与などさまざまな原因が推測されているが、不明な点が多い。
一方、アトピー性皮膚炎の発症は先進国で多く、発展途上国で少ないことがわかっており、
この違いについては寄生虫感染がその原因の1つと考えられている。

今回の研究では、
湿疹を発症するマウスに寄生虫(マラリア)を感染させ、経過を観察したところ、
マラリアの感染症状が進むにつれ、アトピー性皮膚炎の症状が改善されたことが確認された。

さらに、湿疹のある皮膚と湿疹が良くなった皮膚を比較したところ、
湿疹が良くなった皮膚では
リンパ球の一種であるナチュラルキラー細胞(NK細胞)が増加していることが判明。

次に、NK細胞が増加しないような薬剤を投与した別のマウスにマラリアを感染させても
アトピー症状は改善されず、
湿疹のあるさらに別のマウスにマラリア感染で増加したNK細胞を静脈から移入したところ
アトピー症状が改善した。これらの結果により、
アトピー性皮膚炎の皮膚病変の改善には
マラリア感染した別のマウスから採取したNK細胞が関与していると結論付けられた。

同研究グループは今回の成果について、
「アトピー性皮膚炎の病態解明と新たな治療法に繋がる可能性があり、
将来的にアトピー性皮膚炎治療における医薬品の開発を含めた臨床応用に貢献できることが期待される」
とコメントしている。

今後はマラリア感染によりナチュラルキラー細胞が増加する原因を解明することで、
感染以外の方法でもナチュラルキラー細胞を増やすことができるかを探求していくという。

新製品 「用途は多種類!」 (2014-09-10)

ニューメディア
クリーンルーム吸汗材(汗取りバンド)、高速シート乾燥材
家庭用除湿材
押入れタンスシート、洋服ダンス用除湿材、ベットシート、帽子、マスク
寝具
布団乾燥マット(快眠ドライシリーズ)、寝具中材
衛生材料
紙オムツ、失禁パッド、生理用品、母乳パッド
食品包装材料
トレーライナー、除湿材料、輸送用コンテナー内張、保冷梱包材
防災材料
土のう代替、消防服、消火用資材
フィルター材料
油水分離フィルター、半導体等洗浄液分離フィルター
医療用材料
手術用試布、血液吸収体、薬品吸収体、創傷治療用品、手術用シーツ
農業・園芸材料
保水シート、結露防止シート、法面緑化シート
木材・建築材料
コンクリート養生シート、結露防止シート、壁材、住宅材料(防湿・調湿)、
止水シート、法面止水シート、ケーブル用止水材

4113件中1276-1280件

前へ1....251252253254255256257258259260261....823次へ