Home » トピックス

表示: トピックス健康・医療社会・政治新製品 2019年11月2019年12月2020年01月全て

4228件中1266-1270件

前へ1....249250251252253254255256257258259....846次へ

トピックス マツダの新型ロードスター (2015-01-12)





マツダは9日、

スポーツカー「ロードスター」の4代目になる次期モデルの発売時期が、
国内は今年6月ごろになることを明らかにした。

2~3月に横浜や大阪でイベントを実施し
、ファンが次期モデルに触れたり、
開発メンバーと交流したりできる機会を設ける。

先行予約の受け付けも検討している。

トピックス 「CX-3」 (2015-01-11)



マツダは11日まで幕張メッセで開催される

「東京オートサロン 2015 with NAPAC」に、


新型コンパクトクロスオーバーSUV「CX-3」を参考出品している。

トピックス 「原子力発電を回避できる方法。」 (2015-01-10)

各都市が、このような小さな発電所を使用すれば
遠い場所から電気を送る必要はないのです。
自治体や、地区単位で、それこそ政府が法律を作り、制度を設ければ、できる技術です。
ところが、今の政府は既存の企業を守ることばかり。
規制緩和?が笑われます!
車1台に¥200万円補助ですから??・・・・・おかしくないですか?



東京都心で進む再開発のオフィスビルや役所の建物に、小さな「発電所」が増えている。
ガスを燃やして電気を生み出し、
熱も利用する「コージェネレーション」と呼ばれる設備を入れ、
周辺の別のオフィスや病院などにも電気や熱を売る。

遠くの発電所でつくった電気よりも安く、二酸化炭素の排出量も3割減らせるとあって、関心は高い。

明治や昭和初期の建物が残る中央区日本橋。
ここで創業した三井不動産は、
日本橋室町3丁目の敷地1万平方メートルを再開発して2019年までにつくる
26階建ての現代的なオフィスビルに、大型のコージェネ設備を入れる。

発電出力は5万キロワット。
周辺200メートルのオフィスへ電気を売るほか、
熱も温水や冷水に変えて、空調用として販売する計画だ。

燃料からどれだけエネルギーを回収できるかを示すエネルギー効率は、
最大80%。

三井不動産の担当者は
「環境に配慮した新しいまちをアピールしたい。
注目が集まる2020年の東京五輪前には完成させたい」と話す。

トピックス 走行距離が37キロの低燃費 (2015-01-09)

燃費の、基本は徹底した軽量化?
新素材の採用で、一気に電池の車を追い越しました。
レースと同じですね。
居間に、鉄の使用は骨格のみ。………カーボン素材で、一挙に50キロいけますかね??
電池車はいらね~!


2014年12月22日
スズキは22日、
主力の軽自動車「アルト」の新型モデルを発売した。

1979年に発売して以来8代目となる新モデルは、
ガソリン1リットル当たりの走行距離が37キロの低燃費を実現した。
 

ボディー構造の主要な部品の配置を刷新した新プラットホームを採用。
フロントフェンダーへの樹脂採用などにより60キロの軽量化を達成した。

外観はヘッドランプを力強いデザインに変更するといった改良を施し、
「X」モデルのバックドアはツートンカラーを設定できるなど多彩なバリエーションが楽しめる。
 

価格は69万6000~122万9040円で、
月間販売目標は7000台。 【時事ドットコム編集部撮影】

社会・政治 家庭用燃料電池「エネファーム」の電力買い取り (2015-01-09)


大阪ガス、
家庭用燃料電池「エネファーム」の電力買い取り-大型火力1基分の電源創出

大阪ガスは2016年にも始める家庭向け電力販売の一環として、
家庭用燃料電池「エネファーム」のユーザーと電力を売買するサービスを導入する。
電力会社の固定買い取り制度の対象外である
エネファームの余剰電力を独自に買い取り、不足すれば売電する。
売電収入が得られる仕組みを提供してエネファームの販売を増やし、
余剰電気を自社の売電事業の電源に活用する。

2030年にはエネファームの累計販売目標を現状の3万台から100万台に伸ばし、
1台の出力を0・7キロワットとして大型火力発電所並みの電源70万キロワットを創出する。

買い取り価格は今後決めるが、ユーザーに購入の動機付けとなるようにする方針。
国の固定価格買い取り制度と同等または上回る価格設定になると見られる。
 大ガスは16年に自由化される家庭向け電力販売について、
都市ガス契約戸数の10%にあたる約70万戸に
ガスとセットで割安な価格の電力販売を計画している。
さらに、
都市ガスを燃料に給湯と発電ができるコージェネレーション
(熱電併給)のエネファームには 電気を売り買いできるメニューも導入する予定。

同社は自社電源としてLNGの火力発電を主力に国内で約183万キロワット保有する。
しかし家庭向け電力販売を始めるとさらに電源が必要になるため
エネファームの余剰電気も電源の一部に充てる考え。


写真:エネファームから電気を買い取る(大ガスのエネファーム)
http://www.nikkan.co.jp/news/images/nkx20141230aaad.png

4228件中1266-1270件

前へ1....249250251252253254255256257258259....846次へ