Home » トピックス

表示: トピックス健康・医療社会・政治新製品 2018年11月2018年12月2019年01月全て

4162件中1231-1235件

前へ1....242243244245246247248249250251252....833次へ

新製品 新型軽自動車『ウェイク』がダイハツから発表 (2014-12-13)

2014年11月10日、

軽自動車ファンや車内の広さを気にする車好きが待ち続けていた
新型軽自動車『ウェイク』がダイハツから発表されたぞ!

以前は東京モーターショーなどで『デカデカ』という名前で登場していた車の製品版だが、
やはり軽自動車をメインとするダイハツの新型車だけあって、
一目見ただけで「コレは売れるぞ……」と思うぐらいの完成度であった。

・ミラクルラゲージ

ウェイクのどこがスゴいのか簡単に説明すると、まず一発で分かるのが「大容量の収納」。
ダイハツのタントやスズキのワゴンRなど、荷物をたくさん積める軽自動車はすでに多数存在するが、
このウェイクは……それを圧倒する広さなのだーッ!

“ミラクルラゲージ” としてカタログに掲載されている後方部の収納は、
荷室高1140mmという圧倒的な広さ。
さらにその下には320mmの大容量のトランクも配置されており、
キャンプ道具から着替えまでメッチャ積み込んでも余裕のヨっちゃん。

また、アクセサリで12Vの電源も付けられるため、
携帯電話などの充電はもちろん、
寒いときの車中泊に便利な電気毛布などの簡単な電化製品であれば、そこから使用することができる。

・ウルトラスペース

次にスゴいのが “ウルトラスペース” と名付けられたシート広さやアレンジだ。
フルフラットにすれば成人男性でも余裕で寝られるほどの広さになるため、
マットレスを敷けばシングルベッドよりも広い空間で寝ることが可能!

シートをアレンジすれば自転車も積むことができるので、
一人で乗るのであればドライブだけでなくサイクリングも楽しむことができそうだ。

また、撥水シートなので掃除についても楽チンだろう。車内で着替えることだって余裕だ。

さらに後部座席の足元空間もかなり広いので、一人旅だけでなく、
家族4人で乗るときでも、きっと快適に過ごすことができると思う。
車高がかなり高いことを活かした収納やシートアレンジは、
まさに……まさに軽自動車最強と言っても過言ではないだろう!

・視界については良好

だが、収納やシートアレンジがスゴくても運転しづらくては意味が無い。
しかしウェイクはミニバン並みのアイポイントが運転席から確保でき、
サイドアンダーミラーやリヤアンダーミラーが付いているため、運転や駐車時の視界については良好。

走行時の安定性は乗ってみないと分からないが、
軽自動車では一部しか搭載されていない、滑りやすい路面での車両安定性を確保する「VSC」や、
発進や加速時のタイヤの空転を抑える「TRC」は搭載されているので、その点は安心できそうだ。

・燃費もいい感じ

最後に気になる燃費だが、Gターボパッケージで23.8km(JC08モード測定)。
これだけ広い車としては素晴らしい燃費なので、
一人でウェイクに乗りながら日本一周なんて旅もムリなくできそうである。

家族での使用だけでなく、愛車と一緒にアウトドアや車中泊などをガッツリと楽むための
“遊びの前線基地” としてもウェイクは大活躍しそう。走りさえ良好なら、
最高の一台間マチガイナシな車になりそうなので、ぜひ試乗もしてみたいものだ。

トピックス 女性は何歳からおばさんに入ると思うか (2014-12-12)

 

1位 「26歳~30歳」 38%©2ch.net

大学生に聞いた! ずばり、「何歳からおばさん?」 なんと約4割が26~30歳と回答。


「最近の流行りについていけない」
「若い子に会うと親の年齢が気になる」......など、
ふとした瞬間に「私って、おばさんかも?!」と
思うことはありませんか?
そこで、今回は、ちょっと怖いけど、大学生300人に、
どんな人が「おばさん」だと思うのか、聞いてみました! まずは年齢から......

Q.女性は何歳から「おばさん」に入ると思いますか?

・~25歳......7.0%
・26歳~30歳......38.0%
・31歳~35歳......22.6%
・36歳~40歳......25.3%
・41歳~45歳......2.3%
・46歳~50歳......3.7%
・51歳以上......1.1%

トピックス 朝日系ドラマ『ドクターX~外科医・大門未知子~』の最終話 (2014-12-11)


18日午後9時より90分スペシャルで放送されることが10日、わかった。

「最終話の台本を読んだ時、たまらず泣いてしまいました」と明かす米倉。
最終話で大門未知子(米倉)が挑むのは、
最愛の師匠・神原晶(岸部一徳)のオペ。
米倉は「他界した実の父以上に慕っているかもしれないと思うほど」の信頼を寄せる
岸部との共演に万感の思いを込めた。

11日放送の第10話では元気にカラオケをしています

一匹狼のフリーランス外科医が、
日本医学界の頂点「国立高度医療センター」の覇権争いに巻き込まれながらも、
患者の命を救うことを第一優先に突き進む姿を描く同ドラマ。
初回から9話(12月4日放送)までの期間平均視聴率が22.0%と、
今年の民放ドラマトップの人気を獲得している。

最終話は、
突然病に倒れた晶と、かつての敵である蛭間重勝(西田敏行)の手術。
“一番やりたい手術”と“一番やりたくない手術”の狭間で、
未知子はもがき苦しみながら、戦い続ける。

シリーズ3作目にして、
「未知子にとって、晶さんは特別な存在なのですが、
実は私自身にとっての一徳さんの存在とすごく重なる」と語っていた米倉。
晶の手術シーンでは、米倉から自然と湧き上がる心の揺れや覚悟の表情を絶対に逃すまいと、
通常行われるテストを飛ばして、本番へ突入。
なりふり構わず処置をする未知子の切羽詰まった表情、
そしてあふれ出た涙…、米倉の渾身の演技に監督からも一発で力強い「OK」の声が飛んだという。

米倉は「晶さんが手術台に寝ている姿を見ただけで、もう心が痛くて。本番が始まった後は、
一連のシーンを途中で止めずに最後まで演じたこともあり、
なおさら胸にこみあげてくるものがありました。
とにかく必死で、涙が流れ落ちたことも自覚していなかった」と振り返った。

未知子は最後まで失敗することなく、
晶の命を救うことができるのか。
医学界の頂点に立つ最大の敵・天堂(北大路欣也)とはどう向き合うのか。
そして、
未知子が初めて見せる涙…。
見どころ満載の最終話。米倉も「私自身も本編を見るのが今から楽しみです」と話している。

社会・政治 海遊館や、中の島のほうがまし? (2014-12-10)

神戸に観光で訪れたとしたら。。。。がっかりしますよ!
わずか270メートルですよ??
それも、
メモリアルとか言って?
初回のデザイン使い回しの、今はやりの省エネLEDも使用せず電球??・・・・「そのほうが温かみがあるとか理由つけて??・・・・「やることせこい!」
どっか、テーマパークや、どこぞ東京の商店街が催す地元のイルミネーションの方が最もまし。
いまどき「270メートルの商店街」などどこにでもあります。

もうやめましょうよ!
もしくは、今までの、装備すべて、破棄していないのが発覚したわけですから?
神戸の通り中。すべて、今までの装飾電気通しましょう!
20本あれば、三宮から元町の南の通り中。一面電飾で覆えます。
警備員なしで、町中闊歩できますよ!


約270m「光の回廊」

同イベントは、
阪神・淡路大震災の犠牲者への鎮魂と都市の復興・再生への夢と希望を込め、
大震災の記憶を永く後世に語り継ぐ行事として開催されているもの。

2014年は「神戸 夢と光」をテーマに、
今岡寛和氏、ヴァレリオ・フェスティ氏、パオロ・マイモーネ氏の3氏による作品
「光の回廊」が約270mにわたり展開される。

また、
イタリアをテーマとしたフードゾーンと一般の飲食店舗の出店も予定。
20回目の開催となる今年は
「20 th メモリアルプラーク」と「20 th ピンバッジセット」も販売するとのこと。
メモリアルプラークは1個1万円(限定1,000個)、
ピンバッジセットは1セット1,000円(限定3,000セット)となる。

なお、会場では神戸ルミナリエ継続のため、募金(100円)の協力を募っているとのこと。

トピックス 彼らが命と引き換えに撮った写真とは  (2014-12-09)

御嶽山噴火、被害者の半数はスマホを握り締めていた…

日本の御嶽山で起きた大規模な噴火は50名以上の命を奪いました。

犠牲者の半数はスマートフォンを握り締めたまま命を落としており、
彼らが命と引き換えに撮影した「最後の写真」がメディアに公開されています。
またそのほとんどが噴煙を撮影していたとのこと。

http://i.dailymail.co.uk/i/pix/2014/11/12/1415791292058_wps_1_mount_ontake.jpg
http://i.dailymail.co.uk/i/pix/2014/11/12/1415791378611_wps_10_mount_ontake.jpg

御嶽山の噴火で57名が死亡、今もなお6名が行方不明であり、日本では戦後最大の火山災害となりました。

4162件中1231-1235件

前へ1....242243244245246247248249250251252....833次へ